FC2ブログ

    疲れたからこの話題はこれで最後。

    ここでは、「疲れたからこの話題はこれで最後。」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    産業ロボットみたいな機械で模倣しろ、なんて一切語っていない。
    補助的な用途なら機械が介在しても職人の魂が消えるわけではないだろう。

    職人が己の意思で機械を取りいれ使いこなす事、それを認める自由が必要。
    欧米の伝統産業じゃ大昔からその流れだ。もちろん最初から最後まで機械
    でという流れでないし、手仕事にこだわる高齢職人を否定するものでもない。
    旧来の手仕事が重要なところには手間を惜しまず、これまで以上に凝って
    価値を更に高める。 単純で反復的な工程は機械に任せる。
     
    小学校でてすぐ見習い修行に入る時代なら昔のやり方のままでもよい業界
    なのかもしれないが、常にその時代の人間に合わせて仕組みを変えないと
    自滅するのは当たり前だろう。大事なのは資材よりも人材だろうが。
    もちろん、以前からそれを当たり前に対策している伝統工房も日本には多い。
    しかし、例えばいまだに「大卒をハンデ」と決めつけているような呆れた体質の
    明らかな“絶滅種”も確かに存在する。そういうトコに限って「後継者がいない、
    今の若者は根性がない」「欧米化が悪い」等と笑えることを言うのだ。

    自国の素晴らしい文化に関心をもち高く評価はしても、それをつくるひとを直視
    せず「別種」扱いし「ああいうトコだから苦労(ほかに体罰とか)は当然だろ」とか
    「機械を使ったものなんか本物じゃない」という事に いつまでもしておきたい
    素人も問題だろう。ちなみに俺はまったくの素人ではない。短い期間だが、昔、
    ある種の工房に居た。素質を見込まれ、抜けるとき何度も強く引き止められた。
    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    この話題まだやってたの?
    アンタがバカにしてる職人が払ってる税金だって
    在日朝鮮人の生活費なんだってこと忘れんなよ

    いい加減祖国にお帰り在日の管理人
    2009/11/26(木) 23:51 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/994-c47d0fe3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック