FC2ブログ

    日本の職人は奴隷的

    ここでは、「日本の職人は奴隷的」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    投稿した者です。記事ではまったく触れてはいませんが、例で挙げた
    手間のかかる染物細工そのものについては、高く評価しております。
    (目を見張るモノでしたので、久々にTVに見入ったわけですし。)

    しかし、「高付加価値の少量生産」と「機械化」は必ずしも肯反するもの
    ではないはずです。工程や作業環境に関しての新しいアイデアを産ん
    だり、それを認めない封建体質、旧態然とした「辛く苦しい」手仕事偏重
    によって新しい世代の参入を遠ざけた結果、素晴らしい伝統が廃れて
    ゆくというのはじつに馬鹿げているという事を言いたかっただけです。


    それとね。

    誤解される方が居ないよう付け加えますが、工程短縮の為の機械の導入や、
    古来からの職能的道具の電動ツール化を行っても、
    職人技ってのは本当に特別なものであり、その価値は揺らぐことは無いはず。
    常人には絶対真似できない高度な水準の仕上がりとその為の途方もない努力
    の積み重ねの姿勢にはこれまでとなんら変わりないと考えます。
    太字の文機械や電動ツールの使用が即ち、ラク・かんたん、誰でも、大量生産、
    を意味するものでは断じてありませんし、太字の文
    最終的には旧来の手仕事であり、古くからの感性や様式が重要となります。
    (私は以上の事をあらかじめアタマにとめて今回の記事を投稿しています。)

     
    マイセンの例を挙げた方、 絵付け師のは椅子に座り、ルーペを備え、
    体にも眼にも負担の少ない環境で仕事されております。一方、記事で
    あげたような和の職人の場合は長時間正座で、もちろんルーペもあり
    ません。 日本は欧米とちがい、ものをつくっているひとを大事にしない
    ので当然、伝統工芸は廃れるだけなのです。悲しいことですが。

    Re:お馬鹿さん

    ご教示いただき感謝します。
    ・・・ですがまぁ、基本的に貴方が仰せられて居る事はこちらもよく理解
    した上でこの基地外ブログに投稿しているんでね。 職人好きだし(笑)
    でも、工夫の果てに生み出された様々な職能的道具を自動化するのは
    間違っている事なのでしょうかね。

    例えばロシアの琥珀レリーフの職人は専用に工夫・改造したドリルやリュ
    ーターなど電動工具を積極的に使いこなして作品を仕上げ、歴史建造物
    へ納めるなどしているようですが。
    それに較べて例えばノミの刃を手で研ぐのをマスターするのに10年とか、
    そんな事やってんのは日本の悪しき特殊性でしかないと私は考えます。
    そのために見向きされず後継者が育たず廃れるなど愚かしい事です。
    もし、今後、純日本人ではなく貧しい東南アジア等から呼ばれた方が和の
    技を身につけ継承するようなヘンな流れにならなければよいのですが。

    あと、私は小学4年の頃からアカ・サヨクを嫌っております。ですので
    >マルクス主義経済的な労働価値説で・・・
    にはむかつくなこん畜生!お前あやまれよw



    -----------------------------

    結局猿は奴隷のままで居たいのwwww自分が気に入らない、嫌い、それだけの理由で相手の主張を受け入れず、相手を憎しむ事しか頭に無いのが、鬼畜日本猿。

    議論というより、相手の綻び、知識の脆弱さを血なまこで探し、後はその弱点に執着し、こだわり、最終的に皮肉や嫌味、全く関係の無い朝鮮人を持ち出し、在日だの、9cmだの、日本から出て行けだのと論者の人格や外貌まで貶すのが鬼畜日本猿。

    鬼畜日本猿とは知識を分け与える対象ではなく、「見放すべき」対象。マン毛ボーボーの池沼顔女で勃起し、鬼畜米英と書かれた鉢巻巻いて奴隷労働するのがこいつ等の幸福。

    どんなに別の生き方や、負担を軽減する余裕の生き方を提示しても、こいつ等には理解できない。



    関連記事
     
    芸能 | トラックバック:0 | コメント:7 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    機械に頼らない職人芸が芸術の域だというのは間違いないだろう
    だけど、それはあくまでも自己満足だということを肝に銘じるべきってことですな

    「この方法以外は絶対に認めん」と硬直化するのは百害あって一利なし
    2009/11/24(火) 14:07 | URL |   #-[ 編集]
    ちょっと管理人さんw
    「マイセンの例を挙げた方」は俺なのに「Re:おばかさん」のコメした人、別人ですよ!
    ガッカリですw
    あと朝鮮人、関係あるよね。管理人って在日韓国人でしょ。南?北?帰化?
    YouTubeでも一生懸命反日活動してますよね。評価低いですけど。国籍、確かチリになってましたけど。
    募金募って「日本女はブス」って本も出版するそうですね。
    出版の際にはちゃんと「日本コンプレックス朝鮮人」の名義でお願いしますよ。日本人を装うのはやめましょう!
    前の記事で読みましたが、モンゴル、中国、日本人には子孫を残して欲しくないそうですね。
    モンゴル位認めたらどうなんです?朝鮮人に最も似た遺伝子なんですから。自虐的に映りますよ。
    2009/11/24(火) 22:11 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    (管理人様、また記事として扱っていただいてありがとうございます)
    電動ツールを自在に操る、ってのは大変なことです。神業です。
    元々の才能と熟練のなせる技です。電動だからラク、じゃないんです。
    例えば、伝統的な様式の彫刻を古式の道具で行うのも、電動ツールを
    駆使するのも、作業時間の長短だけの違いであり、誰にも真似できない
    「選ばれた人による」素晴らしいモノづくりだと言う点は同じです。
    機械化による作業時間の短縮で浮いた時間で、さらに技を磨いたり、
    美感・知識を養高めたり、もちろん休養も増え、職人の資質と生活の充
    実によいことづくめです。
    それを考えず機械化=退廃とみるような日本の伝統は自滅文化です。
    ただ、古いアタマの連中が生きている間は業界の延命のため、「後継者」
    というより、モノづくり奴隷の亜人間みたいなのが欲しいのでしょうか。
    自滅文化の延命のため土人を国費で招くという愚をやりそうですね。
    2009/11/25(水) 04:28 | URL | dbr0q #-[ 編集]
    外国の世界を見てきた人間を排除するというのはつまり洞穴から外に出た者を排除するというやり方だ

    毎日毎日ゴミのような街を練り歩き、悪魔のような客先の要求に応えるために命を削り、ストレスで倒れていく日本のサラリーマンは、世界のいい笑い者だ

    こうやって日本猿がどんどん追い込まれ、死に絶えていってくれれば人類は安泰なんだが

    腐った遺伝子を宿す生物は腐った環境を構築し、自ら死に絶えていく運命にあるのだ
    2009/11/25(水) 19:22 | URL | げろ #-[ 編集]
    ブログ主殿、例えば優れた職人の1つの作業を完全に模倣できる
    機械があったとする。

    その機械は、一つの作品に対しては職人の技巧を完全に模倣する
    ことができるだろう。
    しかし、そこからの発展や新たな工夫は機械には出来ない。

    そして、伝統工芸というものは大抵の場合、長い時間を掛けて
    作業が洗練されたものであり、その作業工程に素人がどうこう
    言うのは、とても失礼なことだ。

    一言で言うと、こんな下劣極まりないブログは、とっとと閉鎖しろ。
    2009/11/26(木) 01:48 | URL | 005 #LkZag.iM[ 編集]
    産業ロボットみたいな機械で模倣しろ、なんて一切語っていない。
    補助的な用途なら機械が介在しても職人の魂が消えるわけではないだろう。

    職人が己の意思で機械を取りいれ使いこなす事、それを認める自由が必要。
    欧米の伝統産業じゃ大昔からその流れだ。もちろん最初から最後まで機械
    でという流れでないし、手仕事にこだわる高齢職人を否定するものでもない。
    旧来の手仕事が重要なところには手間を惜しまず、これまで以上に凝って
    価値を更に高める。 単純で反復的な工程は機械に任せる。

    小学校でてすぐ見習い修行に入る時代なら昔のやり方のままでもよい業界
    なのかもしれないが、常にその時代の人間に合わせて仕組みを変えないと
    自滅するのは当たり前だろう。大事なのは資材よりも人材だろうが。
    もちろん、以前からそれを当たり前に対策している伝統工房も日本には多い。
    しかし、例えばいまだに「大卒をハンデ」と決めつけているような呆れた体質の
    明らかな“絶滅種”も確かに存在する。そういうトコに限って「後継者がいない、
    今の若者は根性がない」「欧米化が悪い」等と笑えることを言うのだ。

    自国の素晴らしい文化に関心をもち高く評価はしても、それをつくるひとを直視
    せず「別種」扱いし「ああいうトコだから苦労(ほかに体罰とか)は当然だろ」とか
    「機械を使ったものなんか本物じゃない」という事に いつまでもしておきたい
    素人も問題だろう。ちなみに俺はまったくの素人ではない。短い期間だが、昔、
    ある種の工房に居た。素質を見込まれ、抜けるとき何度も強く引き止められた。

    2009/11/26(木) 04:15 | URL | dbr0q #-[ 編集]
    はい出たw
    朝鮮人お得意の嘘がw
    2009/11/27(金) 00:21 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/982-f1d95a3b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック