FC2ブログ

    【経済】「中国の断絶」中国は元安誘導で他国の雇用奪取-クルーグマン教授

    ここでは、「【経済】「中国の断絶」中国は元安誘導で他国の雇用奪取-クルーグマン教授」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    1 :戸締りφ ★:2009/10/24(土) 12:25:16 ID:???
    10月23日(ブルームバーグ):ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン米プリンストン大学教授は、
    22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT、オンライン版)に寄稿し、中国が人民元の価値を下げることで
    世界の景気回復を弱め、同国よりも経済成長が遅い他国から雇用を奪っているとの見方を示した。

    同教授は「チャイニーズ・ディスコネクト(中国の断絶)」と題した寄稿文で、中国は自国通貨安の政策を
    取ることで貧困国を含む他国から需要を吸い上げていると指摘した。

     
    クルーグマン教授は、「通常であれば、私は中国が他の人々から職を奪っているとの主張を率先して退ける
    一人だが、今はまさにそれが真実だ」と言明。米当局者らはこの問題を中国に突き付けることに「極端に慎重」
    で、これは全く理にかなわないと指摘した。

    クルーグマン教授は、中国が現在約2兆1000億ドルに上ると同教授が指摘する「貯めこんだドル」を売れば、
    米国の輸出競争力を高め、米経済は恩恵を受けるだろうと述べた。その上で、「世界経済が現在もなお不安定
    な状況にある中、中国の近隣窮乏化政策は容認できない」との見解を示し「人民元に対して何らかの対応を
    取る必要がある」と強調した。
    http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aAoTLYKRRsJk



    7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/10/24(土) 12:31:27 ID:hJe3Q+W6
    もう何を言っても無駄です。
    中国はあまりにも大きくなりすぎました。

    11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/10/24(土) 12:40:00 ID:94vluxZc
    日本経済の不振が続く原因は、まさに中国にある。中国からの安価な
    輸入のせいで、国内の製造業が壊滅的打撃を受け、失業者が増えている。
    工場がなくなると、輸送業や不動産も低迷する。中国からの留学生は
    卒業後も日本に滞在し、安い賃金で働く。中国に送金すると15倍の価値
    に拡大するので、安くてもかまわないのだ。このせいで、日本の若者の
    働く場も失われているのだ。
    日本経済の不振の元凶は中国にあるのだが、政府は留学生30万人計画
    で、さらに国内を不況に陥れようとしてる。困るのは日本人、喜ぶのは
    中国人だ。


    ------------------------

    中国のニュースだとレスが付かないな、韓国のネタなら一瞬で1000行くんだろうが。




    関連記事
     
    中国 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    正直、情けないな日本は俺なんか失業中だからな。
    不思議すぎる。
    2009/10/24(土) 19:41 | URL | GS #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/854-f86ed109
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック