FC2ブログ

    淫者の国・日本

    ここでは、「淫者の国・日本」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    淫乱な日本人 vs 貞節な韓国人




    淫者の国・日本



    ヴァリニャーノ(松田毅一他訳)『日本巡察記』平凡社東洋文庫,1973. [初出=1583年]
     最悪の罪悪は、この色欲の中でもっとも堕落したものであって、これを口にするには堪えない。彼等はそれを重大なことと考えていないから、若衆達も、関係のある相手もこれを誇りとし、公然と口にし、隠蔽しようとはしない。(p. 16)



    ケンペル(斎藤信訳)『江戸参府旅行日記』平凡社東洋文庫,1977. [初出=1777-79年]
     だから中国人が日本の国を、中国の売春宿と呼んだのは不当ではない

    なぜなら中国では娼家と売春とは厳罰を課してこれを禁止しているからである

    だから若い中国人は情欲をさまし銭を捨てに、よく日本にやってくるのである。(p. 61)

     そのうえ私が黙って見逃すことができないのは、村の街道に沿ってたくさん並ぶ家の中に、

    九軒か一〇軒の立派な店構えの家があり、

    その前に十歳から十二歳までの二、三人の少年たちが、

    きれいに着飾り化粧して、きちんと一列に並んで坐っていたことである。

    彼らは婦人の姿をし、銭を払えば、神にそむくいやらしいやり方で

    通りすがりの好色家の思いのままになった。(p. 156)

     
    申維翰(姜在彦訳注)『海游録』平凡社東洋文庫,1974. [初出=1719年]

     淫穢の行はすなわち禽獣と同じく

    家々では必ず浴室を設けて男女がともに裸で入浴し、白昼からたがいに狎れあう。

    夜には必ず燈を設けて淫をおこない

    それぞれ興をかきたてる具をそなえて、百媚千媚の雲情雨態(男女交情)を写す(浮世絵の春画のこと)。

    また春薬(媚薬)が数種あり、

    その荒惑(心が狂いまどう)を助けるという
    。(p. 312)



    金仁謙(高島淑郎訳注)『日東壮遊歌』東洋文庫662,平凡社,1999. [初出=1764年]
     丘の上には毎日/倭人の女どもが集まり

    乳房丸出しにして指差しながら

    /首を振っておいでおいでをする


    /尻をはだけて叩き/手を振って招く/裾をまくって下を見せ/呼んだりもする/

    恥じらいというものまったく見られず/

    風俗は淫らである


    (pp. 186-187)



    ゴロヴニン(井上満訳)『日本幽囚記』岩波文庫,1943. [初出=1816年]
     しかし、日本人にとって最大の恥辱であり、醜態ではあるが、

    肉慾のため發明された全アジア人共通の

    醜惡な罪惡が、

    日本においても行われている


    ことを傳へて置かねばならない。政府はこれを認めてはいないが、

    嚴重な禁止策を講じてもいない

    信仰上の皇帝の住んで居る京都地方は、住民の間に男性同志の情交が行われる點で有名である。

    またこの地方では、

    この忌むべき商賣のために、

    主として少年を提供しているのである。


    (下巻, p. 29)



    土屋喬夫・玉城肇訳『ペルリ提督日本遠征記』岩波文庫,1948. [初出=1856年]
     日本の下層民は、大抵の東洋諸國民よりも道義が優れているにも拘らず、

    疑もなく淫蕩な人民なのである。

    入浴の光景を別とするも、通俗文學の中には淫猥な挿繪と供に、或る階級の民衆の趣味慣習が淫蕩なことを明かにするに足るものがあった。

    その淫蕩性は啻に嫌になる程露骨であるばかりでなく、

    不名誉にも汚れた堕落を表わすものであった。


    (4巻, pp. 30-31)



    ハリス(坂田精一訳)『日本滞在期』岩波文庫,1953. [初出=1930年]
     又或る時ヒュースケン君が温泉へゆき、眞裸の男三人が湯槽に入っているのを見た。彼が見ていると、一人の十四歳ぐらいの若い女が入ってきて、平氣で着物を脱ぎ、「まる裸」となって、二十歳ぐらいの若い男の直ぐそばの湯の中に身を横たえた。このような男女の混浴は女性の貞操にとって危檢ではないかと、私は副奉行に聞いてみた。彼は、往々そのようなこともあると答えた。そこで私は、處女であると思われている女と結婚して、床入りの時そうでないことを知ったときには、男の方はどうするかと問うた。副奉行は、「どうにも」と答えた。(中巻, p. 161)

     さて話題は、いつもの日本式のものへ移った。この人たちの淫奔さは、信じられないほどである。要件がすむや否や、彼らが敢て談ずる一つの、そして唯一の話題がやってくる。(中巻, p. 168)


     下層の日本人は、互いに礼儀というものを全然知らない

    。男も女も、また男の子と娘も、一つの同じ大きな風呂に入っていることが往々ある。

    我々がその風呂の傍を通ることがあれば、彼等はその風呂から飛び出し、戸口に立って眺めている。(pp. 123-124)


    オールコック(山口光朔訳)『大君の都』岩波文庫,1962. [初出=1863年]
     名詞に性がないということ、また三人称の「かれ」・「彼女」・「それ」などのあいだの差異を示す人称代名詞がないということは、日本語の文法上の顕著な事実なのだが、このことは、奇妙にも、公衆浴場の混浴その他の日常生活の習慣の面でも実践されているようだ。(上巻, p. 260)

     それは、女が貞節であるためには、

    これほど恐ろしくみにくい化粧をすることが必要だというところをみると

    他国にくらべて、男がいちだんと危険な存在であるか、

    それとも女がいちだんと弱いか、

    のいずれかだということである。


    (上巻, p. 292)


    グリフィス(山下英一訳)『明治日本体験記』平凡社東洋文庫,1984. [初出=1876年]
     暑い時の日本の町では、生きている彫像の研究にすばらしい機会がもてる。働く人はよくふんどし一枚になっている。女性は上半身裸になる。

    身体にすっかり丸みがついたばかりの若い娘でさえ、

    上半身裸でよく座っている。


    無作法とも何とも思ってないようだ。(p. 235)



    イザベラ・バード(高梨健吉訳)『日本奥地紀行』平凡社東洋文庫,1973. [初出=1880年]
     しかし、私が日本人と話をかわしたり、いろいろ多くのものを見た結果として、

    彼らの基本道徳の水準は非常に低いものであり、

    生活は誠実でもなければ清純でもない

    と判断せざるをえない。


    (p. 124)



    グスタフ・クライトナー(小谷裕幸・森田明)『東洋紀行』平凡社東洋文庫,1992-93. [初出=1881年]
     柵の奥にはそれぞれ五~一〇人の娘がいて、けばけばしい着物で飾り立て、一片の羞恥心さえもあるとは思えない程に平然と落ち着きはらって、通行人たちの目に身をさらしている。どんな町の路地、どんな小さな村にも共同浴場があり、そこでは、日本人は男女の区別なく、ひとつの浴室に集まる。(1巻, p. 295)





    -----------------------------------------------------------------


    貞節の国・韓国


    シャルル・ダレ(金容権訳)『朝鮮事情』平凡社東洋文庫,1979. [初出=1874年]
     この誇張された謙虚さというか羞恥心が、当然避けられるはずの不祥事を生む事例があまりにも多い。たとえば、ある恥知らずの放蕩者が両班の夫人の部屋へ密かに侵入したとしても、夫人は、他人の注意をひくために叫び声をあげたり、最小限の抵抗をすることすらできない。もしそうすれば、彼女に罪があろうとなかろうと、彼女の部屋へ男が入ったというその一事だけで、彼女は永遠の不名誉を背負うことになるからである。(p. 214)



    William Elliot Griffis, Corea the Hermit Nation, Kessinger, 2004. [初出=1882年]
     上流階級の場合、若い女が結婚できる年齢になれば、最近親を除いて親族といえども彼女に会ったり話しかけたりできない。どうしても会わねばならないときは、非常に儀式ばった面会の約束を交わさなければならない。(p. 245)



    W・R・カールズ(申福龍訳)『朝鮮風物誌』集文堂,1999.(韓国語) [初出=1888年]
     私が見た中で女性たちが楽しむ娯楽としては、多くの女性たちがある春の日の遅い時間にブランコに乗っていたのが唯一の事例だ。その日は大部分の男性たちが隣村の市場に行っており、誰にも邪魔されない日だった。しかし邪魔者が見えるや否や、彼女たちは家に走り込んでしまった。(p. 84)



    G・W・ギルモア(申福龍訳)『ソウル風物誌』集文堂,1999.(韓国語) [初出=1892年]
     朝鮮人の生活の鍵は、女人たちが隔離された生活をしているということである。誰であれ街を歩いたり通りに沿って歩いてみても、ほとんど女性を見ることがない。(p. 77)



    ゲ・デ・チャガイ編(井上絋一訳)『朝鮮旅行記』平凡社東洋文庫,1992. [初出=1958年]
     朝鮮の男が家庭生活でルーズであるのと同じ程度に、

    朝鮮の女は貞節で道徳的である。

    彼女は買収することも誘惑することも叶わぬ。弱みの露見した女は気の毒である。夫もしくは親族は大手を振って彼女の首を切り落とすこともあり得るからである。朝鮮女性の道徳の厳しさは、朝鮮在住の外国人が全て、妻を日本から呼び寄せるのを余儀なくされるという事態まで招来している。(p. 77)



    Henry A. Savage-Landor, Corea or Cho-sen, IndyPublish.com, 2007. [初出=1895年]
     ソウルに着いて最初の数日間の驚きは忘れられない。道で出くわす女が、みな扉を開けて家に入って行くところだったのである。私と出くわした女という女が、ちょうど家に帰り着いたところだったというのは、いかにも奇怪に思われた。そこで私は自分が夢を見ているのではないか、それとも街の家はみな女たちの共同所有になっているのかと考えはじめた。(pp. 34-35)



    イザベラ・バード(時岡敬子訳)『朝鮮紀行』講談社学術文庫,1998. [初出=1898年]

     朝鮮の女性はきわめて厳格に家内にこもっている。

    おそらく他のどの国の女性よりも徹底してそうではなかろうか。

    ソウルにはとても奇妙な取り決めが定着している。八時に《大釣鐘》が鳴り、それを合図に男たちが家に引きこもると、

    女たちが家から出て遊んだり友人を訪ねたりするのである。

    (p. 68)



    W・F・サンズ(申福龍訳)『朝鮮備忘録』集文堂,1999.(韓国語) [初出=1930年]
     しかし朝鮮女性はあまりに厳格に保護されているため、侵入者から暴行を受けたときでも、告発するよりはこれを隠したほうが安全だと考える。少し高い階級にいる女性たちが家の外に出るときは、長衣で顔を覆う。それにもかかわらず、彼女たちは家庭内では力がある。(p. 46)



    F・A・マッケンジー(渡部学訳注)『朝鮮の悲劇』平凡社東洋文庫,1972. [初出=1908年]
     上流社会の婦人たちはきびしい隔離生活を営むが、その隠蔽の厳重さは彼女らの夫に対する尊敬の念の証左とみなされている。

    下層階級の婦人たちは、たいていはその家族を養うために一生懸命働く。

    (p. 31)



          / ̄ ̄ ̄ ̄\   
       ./ /フ          ヽ  
       / o~  _     ___  |  
       |    / ゚ ヽ  / ゚ ヽ |  
      ,--、  `ー~'  `ー~ / 
     ( 6   i―┬┬┬┬i 〈    ハハッ わろす
       ̄l   \_,二_二ノ ノ 
        _\_  ̄ ̄ ̄_,/   
      ./  \ ̄7ヾ~~7 \





             ,.≠´: : : : : : : : : `ヽ.
            /: : : / ̄`ー―-、: : :`ヽ.
           /: : :/´        `ヽ: : : 、
           |: : :〉            ヽ: : : !
           |: : :!      ! 、     ヽ: :|
           |: : :| ,..===-、 j  l ,.===-、 |: |
           l、: :1 _,..━=、`-'^‐!,.=━-_, 1:.l
          {\j  ´    '   }´  '´  Lf)
           !{ /     r-、  jヽ.    ト、!    いや~っ
           | |    / ` =--=-' ヽ    |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (_j   ィ r'"""""゛゛゛゛゛ヽ    !) < 鬼畜日本猿って、 本当に基地外民族ですね!
            !    !`ヽ二二二フ´     .j   \__________________
             、      `ー―-'   /  /
             }ヽ  ヽ.       .ノ /
          _,.≠  |ヽ.  ゝ__., _,/| ヽ
     _,.-=´     |`ー-、`ー―‐'/ /   ``ー-、
               ヽ三三三三三三/       ``ヽ




    悪魔日本猿根絶にご協力ください!

    貴方がこの名作動画集を外国の友達に紹介したり、海外の掲示板、ブログ、サイト等に貼るだけで、悪魔日本猿が平和的手段で絶滅に追い込まれます!

    地球を悪魔日本猿の魔の手から救いたい方、日本をより美しく、住みやすい国にしたい方は、是非協力してください!

    偉大なトルコ文化を日本に広めよう!

    人間は高度文明による内面(モラル)向上と美しい文化的手本が無ければ美しくなれません。
    非文明な糞田舎、百姓文化の日本に、愛と情熱のあるトルコ文化を受け入れ、日本人女性をより美しく、情熱的な女性に変えよう!

    日本人が大好きな「国際交流」「国際貢献」「愛が地球を救う」、でも一方的に日本文化(盆踊り、太鼓叩き、折り紙、味噌汁)が海外に押し付けられるだけで、何故か日本には一向に海外の文化が入ってきません。あの世界一親日国家であるトルコの音楽や文化ですら日本国内では殆ど知られず、テレビで流される事も稀です。

    文化を資本力に物を言わせ押し付ける交流から、海外の文化を受け入れる交流を我々と一緒に進めませんか?賛同してくれる方は、トルコ、インド、中東のエロダンス音楽PVを日本人の方にどんどん紹介してください!

    アラブ、トルコの無料ミュージック、エロPV集!
    http://handicap.scenecritique.com/yumea.html
    http://handicap.scenecritique.com/yumea2.html
    http://handicap.scenecritique.com/oidase2.html
    http://handicap.scenecritique.com/aniota.html
    http://handicap.scenecritique.com/tariban.html

    トルコの皆さん聞いてください!

    悪魔日本猿はトルコを利用しているだけです!日本猿は何かとあれば「トルコは親日」を強調しますが、悪魔日本猿はトルコについて何も知りません!悪魔日本猿はトルコを嫌韓感情高揚に利用しているだけです!「トルコは過去の歴史を感謝している」「韓国は日本の助けについて感謝していない」とトルコを引き合いに出し、韓国批判をしたいだけなのです。その証拠に、日本猿はトルコ人が日本好きだと自国民に思わせる為に、トルコ人に一方的に金で日本文化を押し付けるだけで、「親日」「親日」と喚く日本猿はトルコについて実は何も知らないのです。知っていても「トルコ風呂」程度のイメージです。

    力を合わせ悪魔日本猿を絶滅に追い込もう!

    悪魔日本猿について詳しくまとめられている偉大なサイト→うんこ

    味噌と醤油味しかない、世界一劣等な日本猿の食事をまとめたページ

    鬼畜日本猿を絶滅に追い込む為に作られたブログ

    日本人に真実を伝えるのは、悪魔として生まれた私の務め
    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:8 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    ヌケ作先生を愚弄する事は許さん
    2009/10/10(土) 14:35 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    「女は三日殴らないと狐になる」
    こんな諺が出来るような国の女のどこが貞節なのか?
    女性5人のうち、1人は整形手術の経験者とか貞節だったら有り得ないだろ。
    2009/10/10(土) 15:08 | URL |   #Mk0kHKm.[ 編集]
    150万人の韓国女性、「売春させろ」とデモを行う

    http://www.casttv.com/video/xinxgd1/150-video

    GDPの5~6%だってよ。淫乱極まりないな。
    >>>>>>>>>>>>
    「毎月逮捕される売春女性のうち9割が韓国人」byロス警察

    韓国人女性8000人、米国で‘遠征売春’
    (中央日報 2006/06/21)

    米コネチカット州南部のウォーターバリーで6月2日午後9時、韓国人女性33人が逮捕された。

    ウォーターバリーの警察関係者は「マッサージ店で売春が行われているという情報を入手し、2カ月間にわたり捜査を続けてきた」とし、「韓国人マッサージ店が急増している」と述べた。

    米国内で不法滞在中の韓国人女性による売春が社会問題に浮上している。 韓国情報当局は「ロサンゼルス市警察局は、売春が疑われる韓国人女性の流入規模が04年以降、8000人にのぼると推定している」と明らかにした。

    特に、政府は「国内で売春取り締まりが強化されたことで、カナダやメキシコ経由で米国に密入国する遠征売春が急増している」とし、その原因の一つに04年9月発効の「性売買根絶特別法」を挙げている。 一方を押さえるともう一方が膨らむという、性売買特別法の‘風船効果’を実感させている。

    ◆米国内「反韓流」の主犯=昨年6月30日、400人余で構成された米連邦捜査局(FBI)・国土安全保障省・警察の合同取り締まり班は、ロサンゼルスとサンフランシスコで、売春容疑女性150人など計192人の韓国人を逮捕した。

    今年に入ってもニューヨーク州・バージニア州など韓国人密集地域で、韓国人女性が売春容疑で相次いで逮捕されている。 ロサンゼルス警察局の関係者は「毎月逮捕される70-80人の売春女性のうち9割が韓国人」と話す。

    韓国人女性の売春は最近、同胞密集地域を抜け出して米中部内陸まで広がっており、米司法当局が注視している。 さらにはマンションで売春が摘発されることもあり、一部の米国人は韓国人女性の入居を拒否するなど反韓情緒も生じていると、情報当局は明らかにした。

    米国土安全保障省・移民税関取り締まり局のカイス公報担当官は電話で、「こうした売春は、移民法違反・マネーロンダリング(資金洗浄)・人権じゅうりんなどの側面で米国的価値を脅かすものだ」と語った。

    ◆韓米ビザ免除協定にも影響=米国務省は3月、05年度人権報告書の韓国パートで「米国に入国(カナダ・メキシコ経由を含む)した韓国人女性が性的搾取のため人身売買されている」と記述した。

    政府もこの問題を深刻に受け止め、対策づくりに着手した。4月には外交通商部(外交部)・法務部・検察庁・警察庁などに遠征売春を防止のための協議機構を設置したのに続き、国際司法との協調も強化している。05年以降、韓国・米国・カナダの3カ国は、売春容疑者に対する旅券発給制限や捜査協力などを議論する共同協議体を稼働した。

    特に、政府は韓米ビザ免除協定に及ぼす影響を憂慮している。 駐韓米国大使館のカービー総領事は最近、米国内の韓国人女性が売春容疑で逮捕された事件を取り上げながら、「ビザ免除国になるには韓国に対する米国人の認識が重要だが、心理的に影響を及ぼしうる」と指摘した。

    外交部の当局者は「ビザ免除プログラムに加入するには、国土安全保障省の審査を経て米国議会の決定が必要」とし、「議員が遠征売春などで韓国に否定的認識を持った場合、問題を提起することも考えられる」と語った。
    >>>>>>>>>
    海外に迷惑かけるんじゃないよ。淫乱民族が。あーヤだヤだ。きんもー☆
    2009/10/10(土) 15:20 | URL | 案山子 #-[ 編集]
    隠者の国、北朝鮮はやはり永久の隠者であるべきだったのに国際社会にシャシャリ出てきて、他国に迷惑をかけ、あまつさえかつての恩人に刃を向けてきた。
    >>>>>>>>>>>>>
    ウィリアム・グリフィス『隠者の国・朝鮮』

    これは朝鮮人による歴史の塗装作業の良い見本である。つらい現実には国産塗料を塗りたくり、黄金に見せかける。さらに後世の事件に対しても、公的な虚飾が巧妙に施され、敗戦すら輝かしい勝利に変えられる。(pp. 150-151)

    結婚後は、女との接触は不可能である。女はほとんど常に内房に引きこもり、許しを受けずに家の外を覗くことすらできない。隔離があまりに厳しいため、部外者の指が触れたというだけで父は娘を、夫は妻を殺し、妻は自殺することがある。(p. 245)

    朝鮮にはサムライがいない。日本にあって朝鮮に欠けているものは、心身ともによく鍛えられ、兵士であると同時に学者であり、忠誠心と愛国心と自己犠牲の高い理想をかかげる文化的集団である。(p. 450)

    すべての準備が整った西暦202年10 月、この勇猛な女王は肥前の海岸から出航し、無事に新羅の海岸に上陸した。新羅王はそれまで九州の未開な部族しか見たことがなく、この東国から来た精強な軍隊と巨大な船団を見て大いに驚愕した。恐れおののいた新羅王は、直ちに服従の意を示した。彼は自分の手を縛って女王に拝謁し、自分は日本の奴隷であると宣言した。神功皇后は自分の矛を王宮の門に立て、新羅王の服従のしるしとした。彼女は門に「新羅国の大王は日本の犬なり」と書いたとさえ言われている。(p. 54)

    誰がご主人様かもういっぺん知らせる必要があると思うんだ、俺は。
    2009/10/10(土) 15:31 | URL | 案山子 #-[ 編集]
    韓国がどうであろうと
    日本猿が金髪白人美少女性奴隷化の確信犯であることは間違いない
    猿が白人による人種差別に反対するのは官能的で美しい金髪白人美少女を強姦し、性奴隷化し、世界を地獄に変える準備をしているからに過ぎない
    それは日露戦争やシベリア出兵、満州国におけるロシア人女性大量強姦事件で証明されている。
    何しろ同性愛者や売春猿を先祖に持つような○形人種に明日は無い
    2009/10/10(土) 19:03 | URL | げろ #-[ 編集]
    いや、お前ら朝鮮人は現代に於いて排斥されてるから。全世界から。だっていいとこ探すのが無理なんだもん。ほんと、無理無理。
    それを受け入れられないから、過去に脳内タイムスリップして批判しまくって自尊心を満たしているんだろ?

    もっとも、俺はそんな些細な楽しみさえ許さないがね。


    *

    ライタイハンの数と原因 wikipedia引用

    ライタイハンの正確な数は、諸説ありはっきりしない。1500人(朝日新聞・1995年5月2日)、2千人(野村進)、最小5千人(釜山日報)[1]、7千人、1万人以上(名越二荒之助[2]など)、最大3万人(釜山日報)[1]としているものもある。彼(彼女)らの中には父親の記憶を持たず、韓国語を話せず、写真だけが唯一残された思い出という者がいる[3]。韓国との混血児は名乗りでないとの主張もある[2]。正確な調査が行われないまま、援助団体が支援を主張したため、数が膨れ上がったとの批判もある[4]。しかし、集団として注目できる、まとまった数の混血児が発生したのは事実である。

    原因については韓国軍兵士による強姦、兵士や民間人が「『妻』と子供を捨てて無責任にも韓国に帰国したこと[1]」とする現地婚[5]、「ベトナム人には美人が多いので、女は皆、慰安婦にさせられた。[2]」とする慰安婦(非管理売春)などと複数のことが言われているが、十分な調査も行われていない状態でありどれが主な原因なのかは判っていない。

    しかしながら、ベトナム解放戦線が放送によって、韓国軍による拷問や虐殺事件、あるいは婦女子への暴行事件を連日報じていた[2]ことは事実であり、各地の韓国軍による虐殺、暴行事件の生存者の証言に共通する点としても婦女に対する強姦が挙げられている[6]。

    戦闘終了後の治安維持に入ると韓国軍は兵士の行動を厳しく律したが、猛虎師団の一兵士が村の娘を強姦して軍法会議にかけられる事件が起きている[7]。他方、韓国軍の兵士がベトナム人の母と子を置き捨てて帰国したため、軍司令部が再志願させてベトナムに戻し、結婚式を挙げさせた旨が伝えられている[7]。
    2009/10/10(土) 19:11 | URL | 案山子 #-[ 編集]
    引用先を変えて、自分でソース探せよ・・・。



    開化以前の女性の地位

    日本女性の地位は東洋では最も高かった


    C・P・ツュンベリー(高橋文訳)『江戸参府随行記』平凡社東洋文庫,1994. [初出=1778-93年]
     日本は一夫一婦制である。また中国のように夫人を家に閉じ込めておくようなことはなく、男性と同席したり自由に外出することができるので、路上や家のなかでこの国の女性を観察することは、私にとって難しいことではなかった。(p. 82)


    土屋喬夫・玉城肇訳『ペルリ提督日本遠征記』岩波文庫,1948. [初出=1856年]
     日本の社會には、他の東洋諸國民に勝る日本人民の美點を明かに示している一特質がある。それは女が伴侶と認められていて、單なる奴隷として待遇されてはいないことである。女の地位が、キリスト教法規の影響下にある諸國に於けると同様な高さではないことは確だが、日本の母、妻及び娘は、支那の女のように家畜でも家内奴隷でもなく、トルコの妾房[ハーレム]に於ける女のように浮氣な淫樂のために買い入れられるものでもない。一夫多妻制の存在しないと云う事實は、日本人があらゆる東洋諸國民のうちでは最も道的であり、洗練[リファイン]されている國民であるという勝れた特性を現わす著しい特徴である。(4巻, pp. 16-17)


    カッテンディーケ(水田信利訳)『長崎海軍伝習所の日々』平凡社東洋文庫,1964. [初出=1860年]
     日本では婦人は、他の東洋諸国と違って、一般に非常に丁寧に扱われ、女性の当然受くべき名誉を与えられている。もっとも婦人は、ヨーロッパの夫人のように、余りでしゃばらない。そうして男よりも一段へり下った立場に甘んじ、夫婦連れの時でさえ、我々がヨーロッパで見馴れているような、あの調子で振る舞うようなことは決してない。そうだといって、決して婦人は軽蔑されているのではない。(p. 47)


    ハインリッヒ・シュリーマン(石井和子訳)『シュリーマン旅行記 清国・日本』講談社学術文庫,1998. [初出=1869年]
     他国では、人々は娼婦を憐れみ容認してはいるが、その身分は卑しく恥ずかしいものとされている。だから私も、今の今まで、日本人が「おいらん」を尊い職業と考えていようとは、夢にも思わなかった。ところが、日本人は、他の国々では卑しく恥ずかしいものと考えている彼女らを、崇めさえしているのだ。そのありさまを目のあたりにして――それは私には前代未聞の途方もない逆説のように思われた――長い間、娼婦を神格化した絵の前に呆然と立ちすくんだ。(p. 140)


    グリフィス(山下英一訳)『明治日本体験記』平凡社東洋文庫,1984. [初出=1876年]
     しかし、アジア的生活の研究者は、日本に来ると、他の国と比べて日本の女性の地位に大いに満足する。ここでは女性が東洋の他の国で観察される地位よりもずっと尊敬と思いやりで遇せられているのがわかる。日本の女性はより大きな自由を許されていて、そのためより多くの尊厳と自信を持っている。(pp. 264-165)




    朝鮮女性の地位は不快なほど低かった


    ヘンドリック・ハメル(生田滋訳)『朝鮮幽囚記』平凡社東洋文庫,1971. [初出=1668年頃]
     この国民は妻を女奴隷と同じように見なし、些細な罪で妻を追い出すことがあります。夫は子供を引き取ろうとはしませんので、子供は妻が連れて行かねばなりません。したがってこの国は人口が多いのです。(p. 48)


    シャルル・ダレ(金容権訳)『朝鮮事情』平凡社東洋文庫,1979. [初出=1874年]
     朝鮮においても、他のアジア諸国と同じように、風俗は甚だしく腐敗しており、その必然的な結果として、女性の一般的な地位は不快なほどみじめで低い状態にある。女性は、男性の伴侶としてではなく、奴隷もしくは慰みもの、あるいは労働力であるにすぎない。(p. 212)


    William Elliot Griffis, Corea the Hermit Nation, Kessinger, 2004. [初出=1882年]
     女はほとんど常に内房に引きこもり、許しを受けずに家の外を覗くことすらできない。隔離があまりに厳しいため、部外者の指が触れたというだけで父は娘を、夫は妻を殺し、妻は自殺することがある。(p. 245)


    ゲ・デ・チャガイ編(井上絋一訳)『朝鮮旅行記』平凡社東洋文庫,1992. [初出=1958年]
     朝鮮の女が置かれている無権利状態のおかげで、朝鮮には、わが国で理解されるような家庭生活が存在しない。彼女は夫の女友達ではなくて、むしろ女奴隷ないし彼の召使いである。またそれ故に、夫婦は一つ屋根の下に暮らしていても、常に別個の時を過ごすのだ。(p. 309)


    Henry A. Savage-Landor, Corea or Cho-sen, IndyPublish.com, 2007. [初出=1895年]
     朝鮮女性は奴隷であり、快楽と労働に慣れている。彼女は話すことも見ることもできず、夫以外の男に会うことは許されない。……今日でさえ、夫が自分以外の男に話しかけられたという大罪のため妻を殺すことは、法に照らしてきわめて正当なことと考えられている! 上流階級の寡婦は再婚を許されない。亡父に愛されていたと言い張るのであれば、できるだけ早い機会に「自刎」し、夫に従ってあの世に旅立たねばならない。貞淑な妻には、咽喉を掻き切るか、鋭利な刀の上に身を投げることが期待される。(p. 38)


    イザベラ・バード(時岡敬子訳)『朝鮮紀行』講談社学術文庫,1998. [初出=1898年]
     人が白い衣服を着ているかぎり、洗濯は朝鮮の女性にとって自明の運命となる。先に触れた汚い水路でも、《桑の宮殿》[景福宮]の池でも、どこのどぶでも、また城外の小川でも、洗濯にいそしむ女性の姿が見られる。衣類は一部縫い目をほどき、灰汁で三度煮る。そして固いかたまりにまとめ、石の上に載せて重い棒でたたく。乾かしたあとは筒に乗せて木の棒でたたき、くたびれた繻子に似たつやを出す。女たちは洗濯の奴隷で、洗濯棒を打ちつける規則正しい響きは、ソウルの夜の静寂を破る唯一の物音である。(p. 66)
     朝鮮の女性はきわめて厳格に家内にこもっている。おそらく他のどの国の女性よりも徹底してそうではなかろうか。ソウルにはとても奇妙な取り決めが定着している。八時に《大釣鐘》が鳴り、それを合図に男たちが家に引きこもると、女たちが家から出て遊んだり友人を訪ねたりするのである。(p. 68)
     女性は教育を受けず、どの階級においてもきわめて下位に見なされている。(p. 437)
     ダレ神父〔『朝鮮教会史序論』の著者〕によれば、故意と偶然のいかんによらず、よその男と手が触れ合っただけでも、娘は父親に、妻は夫に殺され、自害する女性すらいたという。またごく最近の例では、ある下女が女主人が火事に遭ったのに助けだそうとはしなかった。その理由は、どさくさのなかでどこかの男性が女主人にさわった。そんな女性は助けるに値しないというのである!(p. 438)
     朝鮮の女性は家庭のしあわせなど求めない。朝鮮人には家はあっても家庭はないのである。(p. 440)


    W・F・サンズ(申福龍訳)『朝鮮備忘録』集文堂,1999.(韓国語) [初出=1930年]
     日本女性は彼女たちだけの社会があり、さらに公共の場所でも男性たちが礼儀を守ってくれるなら彼らにあいさつして話もできる。紀元後初期の数世紀の間、日本の宮廷貴族と夫人たちは南部フランスの吟遊詩人たちの社会と似ていた。しかし朝鮮女性はあまりに厳格に保護されているため、侵入者から暴行を受けたときでも、告発するよりはこれを隠したほうが安全だと考える。(p. 46)


    E・ワグナー(申福龍訳)『韓国の児童生活』集文堂,1999.(韓国語) [初出=1911年]
     朝鮮女性の生活は、決して楽ではない。幼い頃から彼女たちは、知的にも地位や能力でも自分よりずっと愛情を受けて来た兄たちより劣等だと教え込まれる。そして彼女が楽な暮らしをして幸福になろうとすれば、早くに結婚して夫と姑に徹底して服従しなければならない。妻と母の役割は彼女たちの暮らしで最も重要な任務で、嫁ぎ先の祖先を祀り仕える息子を産むことでのみまともな待遇を受けることができる。(p. 31)
    2009/10/10(土) 21:55 | URL | ウェ #3/VKSDZ2[ 編集]
    簡単に反論されるソースしか貼れず、しかもそのソースは使いまくられてる古いもの。
    いい加減に現代に戻って来れないかな?

    現実を見たくないのは分かるけどwwww
    2009/10/10(土) 22:01 | URL | ウェ #3/VKSDZ2[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/790-91262a06
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック