FC2ブログ

    日本人は臆病なくせに世界一凶暴な矛盾した精神異常民族

    ここでは、「日本人は臆病なくせに世界一凶暴な矛盾した精神異常民族 」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    151 :名無しさんの主張:2009/01/31(土) 15:05:47 ID:???
    イジメは劣等感のはけ口であって、別に集団行動云々じゃない

    だけど集団行動を強要する社会は、互いに信頼し合わない社会だそうだ
    他人を信頼すれば個人主義となるが、信頼できないと利害関係で小集団を作るものらしい
    それを社会が強要し始めると、ますます他人を信用しない悪循環になるそうだ
    そして裏切られる恐れから、空気読みすぎで時に集団ヒステリーのような暴走が始まる
    まさに日本がそういう社会だなあ  
    152 :名無しさんの主張:2009/01/31(土) 15:52:20 ID:???
    >>151

    基本は「人間不信」っていうか「人嫌い」なんだろうねえ。

    集団主義・同一主義的社会っていうのは。
    俺の地元はイジメが多い愛知県だけど、まさにそう思う。

    もっというと個人が個人として鍛えられてない社会なのかな。
    「赤信号、『みんなで』渡れば怖くない」って日本人にピッタリ。


    153 :名無しさんの主張:2009/01/31(土) 16:01:35 ID:???
    日本人って常に誰かといないと不安になるんだよね。


    154 :名無しさんの主張:2009/01/31(土) 19:38:19 ID:???

    日本人は臆病なくせに世界一凶暴な矛盾した精神異常民族

    早く死に絶えろ






    悪魔日本猿根絶にご協力ください!

    貴方がこの名作動画集を外国の友達に紹介したり、海外の掲示板、ブログ、サイト等に貼るだけで、悪魔日本猿が平和的手段で絶滅に追い込まれます!

    地球を悪魔日本猿の魔の手から救いたい方、日本をより美しく、住みやすい国にしたい方は、是非協力してください!

    偉大なトルコ文化を日本に広めよう!

    人間は高度文明による内面(モラル)向上と美しい文化的手本が無ければ美しくなれません。
    非文明な糞田舎、百姓文化の日本に、愛と情熱のあるトルコ文化を受け入れ、日本人女性をより美しく、情熱的な女性に変えよう!

    日本人が大好きな「国際交流」「国際貢献」「愛が地球を救う」、でも一方的に日本文化(盆踊り、太鼓叩き、折り紙、味噌汁)が海外に押し付けられるだけで、何故か日本には一向に海外の文化が入ってきません。あの世界一親日国家であるトルコの音楽や文化ですら日本国内では殆ど知られず、テレビで流される事も稀です。

    文化を資本力に物を言わせ押し付ける交流から、海外の文化を受け入れる交流を我々と一緒に進めませんか?賛同してくれる方は、トルコ、インド、中東のエロダンスPVを日本人の方にどんどん紹介してください!

    http://handicap.scenecritique.com/yumea.html
    http://handicap.scenecritique.com/yumea2.html
    http://handicap.scenecritique.com/oidase2.html
    http://handicap.scenecritique.com/aniota.html
    http://handicap.scenecritique.com/tariban.html

    トルコの皆さん聞いてください!

    悪魔日本猿はトルコを利用しているだけです!日本猿は何かとあれば「トルコは親日」を強調しますが、悪魔日本猿はトルコについて何も知りません!悪魔日本猿はトルコを嫌韓感情高揚に利用しているだけです!「トルコは過去の歴史を感謝している」「韓国は日本の助けについて感謝していない」とトルコを引き合いに出し、韓国批判をしたいだけなのです。その証拠に、日本猿はトルコ人が日本好きだと自国民に思わせる為に、トルコ人に一方的に金で日本文化を押し付けるだけで、「親日」「親日」と喚く日本猿はトルコについて実は何も知らないのです。知っていても「トルコ風呂」程度のイメージです。

    力を合わせ悪魔日本猿を絶滅に追い込もう!

    悪魔日本猿について詳しくまとめられている偉大なブログ→うんこ

    味噌と醤油味しかない、世界一劣等な日本猿の食事をまとめたページ

    鬼畜日本猿を絶滅に追い込む為に作られたブログ

    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:9 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    ジュワワワジュワワ、
    ジュワジュワジュジュワワワワワ?
    2009/09/26(土) 00:38 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ※1&>>154

    日本語でおk
    2009/09/26(土) 01:24 | URL | お肉名無しさん #-[ 編集]
    かわいい羊は怒ると怖いんだよ^^
    2009/09/26(土) 01:26 | URL | 総力上げる名無しさん #-[ 編集]
    お前日本嫌いなら日本語で記事書くなよカス野郎が
    2009/09/26(土) 08:42 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
    日本嫌いなら日本語使わないでください。はーと
    2009/09/26(土) 13:59 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    >お前日本嫌いなら日本語で記事書くなよカス野郎が
    2009/09/26(土) 08:42 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
    日本嫌いなら日本語使わないでください。はーと
    2009/09/26(土) 13:59 | URL | 管理人大好きっ子 #-[ 編集]


    お前ら池沼屑にお伺いを立てる必要はありません♪はーと
    2009/09/27(日) 12:06 | URL | あ? #WivBZYME[ 編集]
       罵倒語を駆使しても、余計に叩かれるだけだぞ ? 鏡に写った自分に攻撃する猿みたいなものなのだから。
    ここの管理人氏もそうなのだが、兎に角、言葉が汚い。どうしょうも無い位にな。
    まともに「自分の論で、言葉で」レスするつもりは無いのかな ?
    管理人氏は「鬼畜日本猿」などの罵倒語を使える限り、使っている。
    例えて言うなら、「罵倒語辞書」の様な物。そこに「論理」は無い。
    そうそう。「上から目線で物言うな」とか言ってくるだろうが、あなた方が、罵倒を止めたら、もう少し考えても良いですね。
    しかし、あなた方が罵倒をし、讒謗の限りを尽くすと言うなら、このままですね。
    2010/08/12(木) 02:20 | URL | 懐疑主義者 #qx6UTKxA[ 編集]
    キチガイ韓国は死ね
    2012/01/21(土) 08:03 | URL | チョンコウ #-[ 編集]
    苦痛、自殺、死、地獄、奇形、病気、飢餓、貧困、男性の破壊、否定、など最早日本の存在は男性にとって歴史的にも文化的にも文明的にも「自然科学」の分野以外においてははっきり言って「足かせ」であり、「邪魔」ですらある。
    「男」が「男」として機能するにはいくつかの必要最低限の「条件」が必要となる。
    そして日本にはその「条件」が「何一つ無い」。
    おそらく「男性」とは何なのか?
    「男に必要な存在とは何か?」について想像したことも、考えたことも、いや考える隙をすら与えられてこなかったのだろう。
    日本が世界史からフェードアウトするのは時間の問題であり、私は最近「中国に直接支配」されてもいいんじゃないのか?とすら考えることがある。
    日本には命を懸けて護るべき存在など何一つなく、いくつかの優れた文化と進んだ自然科学力があるだけである。
    2013/08/16(金) 02:02 | URL | げろ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/712-6c67bfa1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック