FC2ブログ

    【経済/コラム】世界的に激しさを増すウラン争奪戦~日本は中国やロシアに勝てるか[06/11]

    ここでは、「【経済/コラム】世界的に激しさを増すウラン争奪戦~日本は中国やロシアに勝てるか[06/11]」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    1 :力士 ◆RiKiCQzWKY @力士庶Oφ ★:2008/06/11(水) 14:56:13 ID:???
    ★世界的に激しさを増すウラン争奪戦
    日本は中国やロシアに勝てるか

    現在、世界的にウラン獲得競争が激化しており、同時にアジアにおいてウラン埋蔵量世界第2位の
    カザフスタンの存在感が高まっている。

    近年、ウラン資源供給国として中央アジアのカザフスタンの存在感が急速に高まっている。先月、
    ロシアのメドベージェフ大統領はカザフスタンを訪問した。ウランなどの資源が豊富なカザフスタンと
    協力を強め、旧ソ連諸国でつくる独立国家共同体(CIS)での影響力を維持する狙いだ。
     
    日本政府もカザフスタンとの政府間協力関係を強化している。一般にはあまり知られていないが、
    カザフスタンは世界第2位のウラン埋蔵量を有している。各国のエネルギー政策は原子力回帰に
    向かっているとされているが、中国、ロシアなどの資源大国もウランの資源量は少なく、隣国の
    韓国やインドを含め、世界的にウラン獲得競争が激化しているのだ。

    日本は、昨年の4月末に甘利経済産業相(当時)が 原子力関連企業の社長らを含む官民約150人
    の大使節団を編成し、同国を訪問。日本は必要なウラン全てを海外に依存しており、供給国の多様化
    が狙いだったが、この訪問で、日本は原子力発電の燃料ウランとしての年間需要9500トン(05年度)
    の3 割超の権益を獲得し、ウランの安定確保に道筋をつけた。

    中国や韓国に先立って日本がウラン権益を獲得できたのは、カザフスタンが日本企業の技術力を
    高く評価したからだ。カザフスタンは豊富なウラン資源を武器に、天然ウランの採掘に留まらず、
    原子力燃料産業全体の強化を目指している。採掘された天然ウランは転換・濃縮・再転換・燃料加工
    という工程を経て原子力発電用の燃料に加工されるが、この過程で必要な技術力をカザフスタンは
    海外企業との提携で賄おうとしているのだ。昨年12月には、日本の関西電力、住友商事及び原子
    燃料工業の3社が同国企業と再転換工程での提携に合意している。

    今後もウラン資源の供給国である同国と長期的な協力関係を構築していくためには、日本が高度な
    技術力を保つことが重要だ。資源小国の日本が生き残るためには、今後より一層、技術力を伸ばして
    いく必要がある。

    (MoneyZine編集部 2008年06月11日 14:30)
    http://ime.nu/moneyzine.jp/article/detail/65541/

    5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 14:59:10 ID:S8NPYT7T
                    _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
         デケデケ      |
            ドコドコ   <  海洋ウランまだーーーー!!!!!
       ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _
            ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
      ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
             =≡= ∧_∧     ☆
          ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
        ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
             ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
             || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
            ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
                ガッガッガッ
             ドチドチ!


    7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:00:12 ID:FOuaFP3a
    >>1
    あんまり買わなくていいように、さっさと文殊動かそうぜ。


    8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:00:51 ID:O7Dw/7Ln
    最近の資源国は、金以外にも技術をよこせって言ってくるんだよな

    ただ資源があるってだけでチュウチュウ吸われるのはたまらんね
    資源国に奪われたマネーをいかに取り返すか

    16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:03:39 ID:FOuaFP3a
    >>8
    技術には系統ってのがあって、その系列間の乗り換えはほぼ不可能。
    たまに超器用な奴が、別系統の技術を組み替えることができるぐらい。

    だから、技術的に囲い込んでしまうのは、一つの手だと思うよ。もち
    ろん、技術革新を常に行わないと、手持ちの技術が陳腐化したら終わ
    りだが。


    9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:01:06 ID:MbDg278T
    早く海水からウラン集める技術の確立を。


    12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:02:13 ID:vrevAUUQ
    エネルギーは安全保障に直結するものなんだから採算性が全てじゃない。
    まじで海洋ウランとか、一部であっても導入を始めるべき。


    18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:03:48 ID:K6G/8tDv
    さっさと高速増殖炉を完成させろ

    多少事故ってもかまわん


    25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:06:05 ID:0Y2Ewn7a
    もんじゅ復活しかないな。
    日本の技術力なら大丈夫だ!
    がんがれ!


    33 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:11:48 ID:tP9yZ4Qb
    昨日の「ワールドビジネスサテライト」でちょうどこれ取り上げてたな。
    今の資源高を追い風に、カザフのウランを扱う企業の社長が、
    「我々は金は要らん、欲しいのは技術。それが飲めないなら他を探すだけだ」
    と強気のコメントをしていた。


    48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:19:20 ID:L4Eo4k5z
    かつて、反原発ブームってのがあってな、日本以外は技術が停滞しちゃったんだよね。
    ロシアはそんな人道っぽい理念とは無関係だったけど、旧ソの崩壊でやっぱり停滞。

    おかげで、原発はアメリカですら日本なしでは辛いものがある。


    60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:26:32 ID:GL5eUncI
    再処理施設は必要なんだよ。
    ついでにもんじゅもね。

    発電をガス、石油の分原発に切り替えれば電気代もほとんど上がらなくなる。
    短距離移動なら電気自動車、電動バイク乗れば安い。
    家はオール電化で初期費用出せるならソーラー発電で月々の電気代はほぼ0。

    原油高は日本のチャンスなんだよ。


    63 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:29:52 ID:mdTVr8eV
    ウラン売って欲しければ精錬技術も寄越せって来るんだよね。
    ウランに限らず他のレアメタルでもバーターで日本の技術寄越せって。


    66 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/06/11(水) 15:32:27 ID:6LJJyDka
    エネルギー政策は安全保障に繋がるから採算ではなく確実性も重要。
    日本で使うエネルギーを全部賄えって言ってるわけじゃない。
    最低限度の自給のメドはつけておくべき。










    関連記事
     
    国際 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/382-f11fe04c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック