FC2ブログ

    猿に銃火器は必要ない

    ここでは、「猿に銃火器は必要ない」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    猿に銃火器は必要ない

    殺傷能力の高い武器を理性と知性と判断能力の無い猿に持たせたとしよう。すると猿は自分の欲望を満たすためにあるいは動物的本能を満たすために銃を使うだろう。決してアメリカ人のように護身や国家の為に使うようなことはしないだろう。

    これが下等生物と高等生物の違いであり、糞島で武士が農民を虐待していたという構造は永遠不変の歴史的事実であり、ピンハネ、家畜、差別、虐待、虐殺は日本猿の遺伝子に刻み込まれた悪魔的情報の一つに過ぎない

    この死のスパイラルを切り抜ける方法はただ一つ。ロシアとアメリカによる日本猿の調教ないし植民地化であり、日本猿が自ら日本を楽園に変える力など最初から持ち合わせていない


    _____________________________


    日本が良い国に変わる=ジャップの滅亡を意味する。

    日本人にとって地獄化=住みやすい環境なのだ。もしアメリカやロシアから移民が来るとすれば日本人は仕事どころか住む場所すら失うだろう。例えシリアアタリの中東アラブの移民が来ても日本人は雑魚化する。黒人が増えれば黒人ギャングにすら日本のヤンキーは顎で使われるだろう。

    日本人=闇の住人であり、他の人類と共存はできない民族なのだ。

    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    他人の人間としての尊厳を否定し、侮辱し、蹂躙し、人間を奴隷化し、美しい町並みや景色、民族や人種、歴史を破壊し尽くす悪魔日本猿と人種間の平等、人権、愛、自由、平等、プライド、人間の尊厳を世界にもたらした白色人種が構成する南北アメリカ、ヨーロッパとそれら全てを否定する黄色人種が構成する日本国家及び日本史が「平等などということは神にかけてありえない」。
    日本の糞餓鬼を一目見れば寿命が10秒縮まるが白人の美少女を見ると寿命が5分延びる。
    尊王攘夷という「世界史最大の虚構」こそが人類が克服すべき悪夢なのである。
    2013/09/06(金) 03:55 | URL | げろ #-[ 編集]
    日本という国は一つの政権が支配する事には向いて居ません。
    それは日本人は元々戦をする事で進化を遂げた戦闘民族だからです。
    しかし世界大戦に敗北して牙を抜かれた日本人は今は全員ふぬけばかりで平和ボケして詐欺やたった一人の殺人でビクビクしています。
    そして今は政治家や役人の不正に気付いてもネットでチャカチャカするだけでリアル社会では戦う姿勢はありません。せいぜいデモ行進でしょう。
    年金 消費税 放射能 各種ギャンブル…もうやりたい放題でも言いなりです。
    日本は確かに悪が支配する国ですが、もう日本人は世界一弱い国
    世界一嫌われている国
    世界一馬鹿な国になりました。
    日本人は大学に入った時がゴールで後は4年以上遊びほうけます。だから大学卒業しても大概中卒者と同じかむしろプライドだけで役にも立たない屑ばかりなのです。
    英会話は通じない
    分数がわからない
    指示を待たないと何も出来ない
    日本人は劣化しきって居ますね。
    まあ 働いても見返りが少ない現代ではそれも仕方ありませんか。
    それで日本人同士共食いして詐欺や保険金目当ての殺人や強盗や窃盗が横行するのです。
    2013/09/06(金) 07:09 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2013/09/08(日) 19:36 | | #[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3722-e0aad1e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック