FC2ブログ

    金太郎はやはり池沼だった

    ここでは、「金太郎はやはり池沼だった」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    タイトルなし


    完璧ですねw もう金太郎は池沼特有の「お前が言うな」系の“話逸らし”によって『敗北宣言の上塗り』をするしかないでしょうなw 既に確定してる敗北を、これ以上宣言する必要は無いのにねえw 哀れ金太郎w


    タイトルなし

    ちなみに金太郎の自演はもうとっくに発覚済みw http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3607.html(引用文と、4番目のコメ)
    しかし記憶が蓄積されない脊髄反射生物である金太郎は未だに自演を続け、まさにゾンビのような「無効なカキコ」(とそれに伴う大恥w)をせっせと積み上げるのであったw


    タイトルなし

    ああ、あと金太郎が根拠も無く「河童はオレに憧れてるんだあ~、構ってほしいんだあ~」とほざくという非常識極まりないことができるのは、『金太郎自身が――管理人さんを含む世の大半の人々と違って――「憧れるからこそ叩く」タイプの人間だ』ということですなw つまり、金太郎が管理人さんを愛してることは確定ww(うわ金太郎きんも~w)
    ま、金太郎が管理人さんを愛してることは、とっくに完璧な根拠をもって証明済みなんですけどねえw↓
    http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3669.html(5番目の引用)
    http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3680.html(2番目の引用)
    ま、証明されちゃったということを金太郎はすっかり忘れてるでしょうがねw 人間並の知能があればまず忘れないんだけど、奴の知能はミジンコ以下ですからねえwwププププw




    ____________________________



    金太郎はやはり池沼なのだろう、平気で自演をし、嘘を付くのも良心の呵責が起らないらしい。私は優しいので、金太郎が毎晩美味い酒を飲めるようこの不毛なやり取りを止めようと思った。

    しかし金太郎は死ぬまで「あっ金太郎だっ!クスクスプー」という老後を過ごしたいのだろう。金太郎も還暦だ、その内筋トレ中に脳梗塞になったり、腰を痛めて入院という身体の故障も起きてくるだろう。

    本来なら毎日野球でも見ながら刺身でも肴に芋焼酎でも飲んでいれば良い事を、この金太郎は執念深い女の如く一生「これほど醜い日本人女性」スレッド潰しに命をかけているのだwwwwwwwwwwwwww

    金太郎が書いた「法律事務所に私がファックスを送った」という妄想投稿を見て、この金太郎が本当に糖質だと核心した。もうこのじいさんに何を言おうと話しは通じないだろうし、スレッドでの自演も止めないだろう。
    関連記事
     
    永尾ハゲルビってどんな奴 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    完璧すぎるwww もう金太郎には「人格攻撃」(=敗北宣言の上塗りの上塗りw)しか手は残されてないねw
    2013/09/06(金) 01:59 | URL | トリック苺19 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3717-f36844a7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック