FC2ブログ

    おめでとうございます。同志として嬉しく、また誇らしく思います

    ここでは、「おめでとうございます。同志として嬉しく、また誇らしく思います」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    タイトルなし

    おめでとうございます。同志として嬉しく、また誇らしく思います。

    pdfで228ページってすごいな…。よくこんな大作を書き上げましたね(pdfで144ページの推理小説でも十分に長編扱い→http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%85%AB%E7%99%BD)。

    しかも、この作品は今後更なる発展を遂げる可能性を秘めています。例えば「孫子(の兵法)」は、偉大なる孫武によって一度書き上げられたあと、後継者たちによって膨大な注釈・解説が書き加えられ、それらが整理されて今の形になりました。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E5%AD%90_(%E6%9B%B8%E7%89%A9)

    「これほど美しい日本人女性」も、「孫子」のように長い時間をかけて発展しながら普及し、やがて世界の「古典」となっていくことでしょう。私も微力ながらその手伝いをしたいと思っています。
    管理人さま、本当にお疲れ様でした。


    ______________________


    名無し様、私は貴方が誰なのかツイッターで知りました。以前酷い事を貴方に言ってしまい本当に申し訳ございませんでした。只分かって欲しいのは、当時ネタの発案の為に007や懐疑主義者をブロックする事はできなかったのです。

    決して支持者の方々を不遇してまで、アンチを優先していた訳ではありません。貴方は私の事や「これほど醜い日本人女性」について真剣に考えた上で私に提案をしていたのでしょう。しかし当時の私には貴方の気持ちや熱意を汲み取る心の余裕がありませんでした。本当に申し訳ありません。当時は創作の段階で人の話を受け入れる心の余裕が私にはありませんでした。

    それでも、今こうして貴方が私の支持者としてブログに貴重な意見を投稿してくださり、私は貴方に対し申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちで一杯です。本当に「ネタ」でも私を毎回賞賛して下さって本当にありがとう御座います。

    今はまだ疲れが残っているので数日はあまり今後の事を考えるのは無理そうですが、数日後又元気に復活したいと思います。

    今後とも何卒宜しくお願いします。

    関連記事
     
    哀れな管理人を救う会 | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    とりあえず祝福させていただきます。
    2013/08/24(土) 22:27 | URL | げろ #-[ 編集]
    これはこれはwwww未だにかつての取り巻き007に未練タップリの金太郎(http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3642.html)の心の傷を鋭くえぐる記事ですねぇwwwww こんなの金太郎が見たらファビョりまくって「ケッ! 取り巻きに持ち上げられやがって」みたいな遠吠えをしちゃうじゃないですかww で、スレの書き込み頻度が不自然なくらいに上がるとwwww
    まあ、マトモな人がそれを見れば金太郎が「ボクは嫉妬でファビョってますぅ」と自白してるようにしか見えないわけだがねww まーた金太郎のピエロっぷりが炸裂するのか~wwww
    2013/08/24(土) 23:25 | URL | Ray Twist(レイ・ツイスト) #-[ 編集]
    私が何気に懐疑主義者に生年月日の件でボロを出させただけでなく人種まで日本人と異なる事を全国に知らしめた(ハングル板や創価板でも私の仕掛けで広く知れ渡り懐疑アンチが優勢になりました)行動で懐疑主義者のあの時の勢いが自演キャラ含めて弱体化したと思います。
    あれから管理人さんの援軍も強くなり、私は少なくともお役に立っていたと思います。
    私は全く管理人さんとは反目に回る気はありませんのでこれからも喜んで援護射撃させていただきます。
    失礼ですが私は電波には余り強く無く、金太郎と言う人物のいる板を知りません。そこはかとなく教えて下さいまし…
    2013/08/25(日) 14:00 | URL | 阿修羅マン #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3647-b9137edd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック