FC2ブログ

    憎悪をエネルギーにしろという日本式教育

    ここでは、「憎悪をエネルギーにしろという日本式教育」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    タイトルなし
    413 :脱日本人:2012/08/28(火) 22:16:34 ID:???
    本スレでキリスト教の話が出てたが
    たしかに、日本のネット上の議論や叩き合いを見ていても

    クリスチャンは根拠無しの罵倒や茶化し、嘲笑といった
    いわゆる「標準的な」煽りをしてるのは見た事がない


    もちろん他宗派に対して激しい言葉で批判している人はいるし
    過激な意見や危ない事を言ってる人も目にはするが
    それでもきちんと聖書や伝承を持ち出して「根拠」は述べてるんだよね
    「は?w当たり前だろ?ww」みたいなのは言わない

    とにかく日本人の議論の姿勢で一番見かける「茶化し」というものを見た記憶がない
    これが葬式仏教や創価・日蓮宗関連、法・哲学の議論になると結構目にする

    日本に1%しかいないキリスト教という選択をしている時点で
    そもそもが非標準的な人なのかもしれないが
    欧米との比較で考えると「冒涜してはいけない存在」というものを意識しているかどうかで
    他人との議論の姿勢に大きな影響が出ているのではなかろか

    418 :脱日本人:2012/08/31(金) 01:20:17 ID:m/rbZoTQ
    >>413
    は?w当たり前だろ?ww

    この「当たり前」って誰が考えたんですかを突き止めていくと

    結局小ずるい権力者様だからな。

    自分の思い通りに従わせたいけど、表立ってやるのはやだなー。そうだ「常識」を作って逆らうやつはおかしいという事にしよう

    という策にまんまと引っ掛かってるマヌケ。それが日本人。

    もっとも聖書だって誰かが考えたものなわけだけど。まぁ素晴らしいことに聖書には神の下に平等と明記されてるからな。

    キリスト教の聖典はまさに愛あふれた神の慈悲そのもの

    日本世間教の経典(常識)は憎悪に満ちたネクロノミコン



    419 :脱日本人:2012/08/31(金) 04:37:16 ID:???
    常識に従わない奴は嘲笑ってやれ、という教えが徹底してるからな。
    学校教師もそういう価値観だし。

    日本では常識に従わない人間は村八分にされるか潰されるか、
    そうでなければオカマタレント的なピエロになるしか道はない


    424 :脱日本人:2012/09/02(日) 13:58:38 ID:???
    ↓この人の母親って、まさに標準型日本人だよね

    66 :名無しさん@HOME:2012/08/18(土) 02:06:20.35 0
    小さいころ、耳にたこができそうなほど、
    「嫌なことでも、なにくそと思ってやらなあかん」と母から説教された。
    昨日の午前中、風呂掃除を嫌がる母に、「なにくそと思ってやれ」と言ったのだが、
    部屋に引きこもって出てこない。

    425 :脱日本人:2012/09/02(日) 20:22:52 ID:???
    >>424
    人間の弱さを見せないよな。
    変に自分は立派な人間に見せようとして、聞こえのいい言葉で他人をせかす

    でも自分はやらない。

    ま、もっとも弱さを見せるといじめられるけどな。

    427 :トミー ◆jdW1WNy602:2012/09/03(月) 00:09:28 ID:???
    >>413
    >「冒涜してはいけない存在」というものを意識しているかどうか

    そうだと思う。

    神が全知全能で絶対的な存在であって、人間は間違いを犯す存在だという前提があるから、
    謙虚になれるんだと思う。

    そういう考えがないから、自分の主張が絶対正当で、誰でも完全に裁けるみたいな

    まるで自分が神になったかのように振舞えるんだろう。

    後は、人間はみんな神によって創られた子供たちで、罪人もイエスは愛しているというアガペーの教え、
    隣人愛の教えとか、悔い改めるなら過去の罪は赦され再出発でき救われるという考えがあるから、
    そういうことを本当に信じているクリスチャンは優しいんだと思う。


    生命のエッセイ
    http://www2.odn.ne.jp/seimei/essay72.htm

    『新約聖書の中で、キリストが「隣人愛」について語っているのは次の言葉です。

     「隣人を自分のように愛しなさい」 (マタイによる福音書22章39節)

     この言葉から、隣人愛は自己愛を前提としていることが分かります。
     それは、自己否定に陥っていると、隣人を愛することなどとても出来ないので当然です。
     しかしこの自己愛とは、エゴイズムやナルシシズム、自己陶酔、自信過剰、自意識過剰などと言った、
    「間違った自己愛」のことではありません。

    このような「間違った自己愛」に陥っても、隣人を愛することは出来ないからです。
     隣人を愛するためには、「正しい自己愛」を持たなければならないのです。
     ところで「正しい自己愛」とは、例えば・・・ 自己の欲望を野放しにせず、
    怒りや憎悪を抑制して暴力をふるわず、社会の平和と心の平安を望み、
    しかし周りに迎合することなく自分の信念に忠実に生きる・・・と、いうような自己愛です。
     このように、自分を正しく愛することが出来てはじめて、隣人を愛することが出来るようになるのです。』

    >>419
    恐怖や嘘で人を支配しているかどうかが正当性があるかどうかの分かれ目とするなら、
    世間教は全く正当性が無いよね。

    >>424
    自分が思い付いた点を挙げるならこんな所

    ・自分の主張を反抗できない者に押し付けようとする
    ・自分の主張の根拠である、なぜか、どうしてかを言わず盲信させようとする
    ・アドバイスは、問題解決に向けて考察しなくていい手軽な精神論を用いる
    ・精神論によって何でも解決できると考えている
    ・理不尽なことでも改善したり諦めることより、ただ盲信的に我慢する方が良いことだと考えている


    >>425
    そう、弱さを見せるといじめられる。

    人間は弱い生き物だという当たり前の人間理解が出来ていれば、
    温かい目で見守ったり、支えたり、応援することが出来る。


    しかし日本教は減点主義で完璧な人間を目指し、それが精神論で可能であると妄信してるから
    負のベクトルで互いに監視し合い、ミスが起きたら罰によって完璧になるよう仕向けられる。


    >風呂掃除を嫌がる母に、「なにくそと思ってやれ」と言った

    その人も結局母親と同じことをしてしまってるんだよね。
    復讐的に憂さを晴らす為にしたとしてもそういう態度を取るというのは救いの道では無いと思う。
    なぜそういう説教を母親はしたのかということについて思いを巡らすことがまず第一歩かなと思う。


    431 :脱日本人:2012/09/03(月) 09:00:14 ID:???
    >>424
    >「なにくそと思ってやれ」

    憎悪をエネルギーにしろという日本式教育。
    怨恨をエネルギーにしろという朝鮮式教育に似てる。


    >>427
    標準は弱った生物に集団でたかって貪り尽くすシロアリのようなものだな。
    日本で弱みを見せると周囲からワラワラと標準が集まってきて身ぐるみ剥がされる。

    432 :脱日本人:2012/09/03(月) 09:05:59 ID:???
    極東アジアからは巨大な悪のエネルギーを感じるな。

    「なにくそ!」
    「思い知らせてやる!」
    「後で見てろよ!」
    「ざまあみやがれ!」
    「いいざまだ!」

    いつもこんな感じ。
    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3639-f968deda
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック