FC2ブログ

    ホルホルざまああああ

    ここでは、「ホルホルざまああああ」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

    ホルホルざまああああwwww


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130817-00000000-jct-soci

    ドイツ人は欧米以外を認めない!そうです

    韓国も日本も中国も等しく嫌い。



    タイトルなし

    ttp://news.livedoor.com/article/detail/7956083/
    台湾も日本猿を非難wwwww そして結局、「中韓よ、日本の政治家の靖国参拝くらい認めてやれ!」とか「歴史を直視しない中韓のせいでイザコザが起きることを懸念する」と言ってくれるような、国も国際機関も主要メディアもこの世界には皆無wwwww

    日本猿だけが非難されるという現実ww(そりゃあ約70億人も人間がいれば日本猿寄りの意見を持つ“個人”は探せばいるだろうがhttp://d.hatena.ne.jp/Apeman/20130407/p1、そんなバカな意見が現地社会の中枢・上層に受け入れられることなんて間違っても無いw そんなバカな意見が首相や閣僚にまで広まってるのは日本だけw)

    ttp://st.japantimes.co.jp/english_news/editorial/2003/ed20030905.htm
    ttp://d.hatena.ne.jp/dj19/20130429/p1
    ttp://ratio.sakura.ne.jp/archives/2013/04/29084503/
    ttp://ratio.sakura.ne.jp/archives/2013/04/27182059/
    ttp://peacephilosophy.blogspot.com/2013/04/nyt-japans-unnecessary-nationalism.html
    ttp://d.hatena.ne.jp/zames_maki/20130105
    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000079-san-n_ame
    ttp://ratio.sakura.ne.jp/archives/2013/04/27074416/
    ttp://www.geocities.jp/social792/yasukuni/sekai.html
    ttp://d.hatena.ne.jp/zuotengiphone/00130508

    タイトルなし

    >>4番さんへ。
    靖国を肯定する思想なんて、世界では「ネオナチと同レベル」扱いhttp://d.hatena.ne.jp/jimusiosaka/20050524/p1 http://www.reuters.com/article/2012/12/31/us-japan-apology-idUSBRE8BU02Z20121231ということですなw その世界の常識が日本でだけ「非常識」ってことにされるんですからねェw 困ったもんですよww



    あずにゃん様からの質問


    追記です。(業務連絡)

    靖国問題で必ず出てくる「アムネスティ条項」と「オレンジ計画」についてですが、私もどう反論していいのか分かりません。

    「アムネスティ条項」が適用されなかった具体的な理由を出せと言われましたので。(^_^;))

    出来ましたら、靖国擁護派の日本猿に上記二つについて反論出来るように具体的ソース付でブログ記事の作成をお願い出来ないでしょうか?

    御多忙のところ誠に申し訳ございませんが何卒よろしくお願いします。



    _______________________________


    どなたかあずにゃん様の質問に答えて頂けないでしょうか?
    関連記事
     
    ネット右翼 | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    ご参考になるかは分かりませんが、こういう考え方も有りですな

    昭和天皇暗殺未遂事件(宮城事件)の日に靖国神社に参拝するといふ事の意味
    http://tokumei10.blogspot.jp/2013/08/blog-post_5487.html

    2013/08/19(月) 01:39 | URL | ジャアアアアアップ #mQop/nM.[ 編集]
    アムネスティ条項について、以下のようなものを見つけました。参考になれば幸いです。
    http://d.hatena.ne.jp/mescalito/20000105/p2
    http://d.hatena.ne.jp/mescalito/20050807/p1
    http://d.hatena.ne.jp/mescalito/20060909/p1
    http://d.hatena.ne.jp/mescalito/20110816/p1
    http://blogs.dion.ne.jp/yunkel/archives/6364890.html
    以上です。今度は逆に「こんな状況で何故、アムネスティ条項が適用されていると思えるのか」「何故名誉回復されたなんて言えるのか」を相手が答える番だと思います。
    ちなみに、アムネスティ条項を言い立てる人たちに言わせれば、そもそも中国と韓国は日本と平和条約を結んでいない(韓国に至っては旧交戦国ですらない)のだから、中韓にはアムネスティ条項は何の関係も無いということになりますよね(いやまあ、中国とは日中共同声明で“戦争終結”はしてますけど、アムネスティ条項を言い立てる人によれば、アムネスティ条項は“平和条約”とセットらしいですからね)。
    2013/08/20(火) 17:58 | URL | あずにゃん様へ #-[ 編集]
    オレンジ計画については
    http://4chan.jp/detail/def/66/22261/11/
    http://4chan.jp/detail/def/66/22261/12/
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%A8%88%E7%94%BB
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E9%98%B2%E6%96%B9%E9%87%9D
    これらが参考になるかと。
    オレンジ計画を根拠に「アメリカは太平洋戦争のずっと前から日本を戦争に引き込むつもりだった」なんて陰謀論を唱えてる連中って、『陰謀の確かな証拠であるはずのオレンジ計画がとっくに公開されてるにも関わらず、このスキャンダラスな陰謀を指摘するわずかな声すら世界で上がらないこと』をどう見てるんでしょうかねえ?(そんなに確かな証拠であるなら、「アメリカの陰謀」はたちまち歴史学の通説になってるでしょうに) どんなバカでも「あれ?もしかしてオレンジ計画って陰謀の証拠にならない?」と気付きそうなものですが。
    また、戦争が終わってからの約70年間、「オレンジ計画は日本を戦争に引き込むために練られた計画だった」と証言する関係者がただの一人も現れないことをどう思ってるんでしょうか? こんなにスキャンダラスで関係者も多いことをこんなに長いこと世界中に対して隠し通すって、アメリカってどんだけ凄いんでしょうね~。
    2013/08/20(火) 20:27 | URL | あずにゃん様へ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3622-f6a4d0c2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック