FC2ブログ

    魚食神話を自ら崩壊させる日本人

    ここでは、「魚食神話を自ら崩壊させる日本人」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    魚食神話を自ら崩壊させる日本人

    流通大手の管理職のひとからも話きいたんですよ。

    表向きは社をあげて魚食拡大キャンペーン等やっているど、消費は年々先細りだってね、
    いずれ鮮魚の販売は縮小してゆく、売り場自体も大規模店以外はなくなるかも?ってね。

    日本の魚屋の馬鹿なところは、肉屋と張り合おうとしたところでしょうね。
    肉食の需要拡大という消費者の自然な流れに妙に民族的な危機感を持って抗ったからですよ。
    肉に負けたくない、もっともっと消費を拡大させたいと焦ったために供給量を過剰にする。
    それが世界中の海での乱獲による資源枯渇、価格高騰につながった。
    消費者のためにもならず、たんに業界のもろもろの利権が潤ってきただけのこと。

    「頭がよくなる」とか「健康にいい」とか謳いつづけてもこれが現実なんですよ。
    消費者はそんな押しつけ文句に辟易してるんですよ。理屈に関係なく美味いものを食いたいのです。
    あたかも「魚を食べる努力義務」みたいなものを消費者に煽るかのセンスじたい馬鹿げているのです。
    食文化とは理屈で成り立つものではないのです。ワクワク感が伴わないとダメなんですよ。
    コロッケやハンバーグばかり好む子供だって、屋外で網焼きする魚介類には目を輝かせますよ。
    ふだん焼き魚がキライであってもね。「頭がよくなるから」と魚食の押しつけなど、かえって子供を
    魚嫌いにしているだけですね。これじゃ将来の消費者がうまれませんよ。本当に馬鹿ですね。

    欧米の魚屋は肉屋と張り合ってなんかいないでしょ。肉と並行してシーフードの需要が常にあるでしょ、
    シュリンプ、クラブ、コキール、チャウダー、オイスター、サーディン、キッパー、ツナ、サーモン、
    ・・・・英語名は忘れたがタラ、カレイ、カスベ、アンコウ・・・・そしてウナギやナマズもね。
    日本人に負けぬくらい豊富な魚食文化が古代からありますよね。例えば教科書や辞典に載っているような
    古代ローマのタイル画でもみればいい、日本でおなじみの食材ばかり描かれたものもあります。
    それなのにどうして「ガイジンは肉ばかり食って不健康」だとか「魚の味がわからない」とかの話になる?

    魚食文化は「日本だけの尊いもの」にでもしておきたいのでしょうか。生態系を破壊してまでも。
    これじゃホルホル馬鹿ウヨが叩く中国や韓国と同じようなもんですね(笑)



    ____________________


    日本人の好きな食べ物「柔らかい」「とろける」

    仮に「脳に良い」成分が入っていようと、柔らかい魚肉ばかり食べていればアゴが退化し、歯並びが悪くなり、姿勢が悪くなり骨格が歪む。

    和食やら魚神話で肉体が破壊されている日本人はこのまま知能が低下し、野生動物化する運命しか辿れないのです。

    外国人をバカにし、自分達の食文化だけを賞賛する「ホルホル」。

    自分達とちょっとでも違った「味」や「調理方法」である外国の料理を「身体に悪い」「味音痴」だと中傷。

    自分達が文明の中心に居ると信じて疑わない日本人。彼らは今後も自分達の身体崩壊、脳未発達に気付くことなくピカ魚を食べ続けるのでしょう。本当に魚料理を知っているのは西洋です。切り身に醤油かけるだけの日本文化とは全く違うのです。


    関連記事
     
    グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3533-f1c5db99
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック