FC2ブログ

    アジア人に裏切られる日本人

    ここでは、「アジア人に裏切られる日本人」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    アジア人に裏切られる日本人


    高齢者が増加するいっぽうの北海道の某過疎地の実例である

    2009年にアジア人女性4名を介護職の研修生として受け入れる
    (※受け入れと育成に1人当たり1000万円超のコストがかかっている・・・ここ重要!)
    (※研修生の教育にあたる職員すべての、これに伴う長時間のサービス残業は当然ある。ここも重要!)
    しかし2013年現在、研修生4名のうち、地域に残って介護職に就いた者はゼロ。

    試験に受からず資格が得られないため帰国、または結婚するからという理由で都市部へ流出。
    まるで、たんに花嫁修業に利用されたようなものである。
    この様な馬鹿げた例は、日本全国にあるのだろうか。

    なぜ、何年かかっても「資格を取得する」義務、受かるまで助手として勤務する義務を課さないのか、
    さらに資格取得後には「最低○年間は地域で従事する」などの誓約に基づく契約をしないのか?

    税収の減るいっぽうのなか、1人当たり1000万円超のコスト、そして教育指導のためのサービス残業や
    慣れない日本でのプライベートでの世話など、数字で量れない膨大なコスト負担、これら全てが研修生へ
    の心からの善意と期待から生まれているものである。

    しかし、過疎と高齢化に悩む地域の現状や、世話をしてくれた人たちの切実な願いを、まったく理解でき
    ないような未成熟で軽薄な人材、試験に受からぬ教育効果に乏しい人材をどうして高コストで受け入れ、
    惜しみなく援助する事ができるのか?アジア人性善説でも信じているのか?馬鹿なのか?

    なぜか地元では批判の動きもないようである。アジア人だからか?もし白人であれば叩かれそうだが(笑)




    _______________________


    日本人は世界中で馬鹿にされる民族


    ネット上の極端な右傾化と、嫌韓、ホルホルにより、「日本人に都合の悪い発言」は一切できい言論弾圧国家となった。

    海外事情も、日本人に対するイメージや考えも日本人は知らない。東南アジア人は貧しく、日本人が高度で未来的な生活をしていると殆どの日本人が信じている。

    こんな娯楽もない、人間同士の繋がりも楽しみも無い、当然外国人も少ない、気軽に行けるディスコもクラブも無い、気候も生活環境も悪い。一日中働き詰めで一生奴隷生活。こんな国に住みたがる外国人は少数派だ。

    日本人が知らない、知ろうともしないだけで、日本の地獄化は毎年進んでいる。言論弾圧され、密室洗脳されている日本人が知らないだけで、殆どの外国人は「金だけ」日本で稼いで後は国に帰ろうと考えている。「日本は素晴らしい、便利だ、治安が良い、永住したい」なんて誰も思って良い無い。

    卑劣で嘘吐き日本人がほんの数パーセントの外国人の言葉を抜き出し日本人を洗脳しているだけで、大多数の外国人は日本に憧れるどころか、日本人と関わるのすら嫌っている。何故なら言語障害の日本人との会話は「悪口」「自国批判」と単調で、暇だからだ。

    しかしこの現実を突きつけると「日本人は尊敬されて当然」「日本人は褒められて当然」と洗脳されているホルホル自警団が「恩知らず」「反日」とファビョリ、「嫌韓」に論点逸らしをし、「日本人が嫌われている」という
    本題から目を逸らす。

    その為途上国の進歩とは逆に日本だけが落ちぶれ、「容姿」「人格」「社交性」の崩落が始まっているのだ。

    「日本人が海外で嫌われ、ゴキブリハエ扱いされる」という現実を受け入れない限り、永遠に日本人は騙され、金ずるにされるだろう。

    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2014/11/21(金) 10:00 | | #[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3512-ca6ca63d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック