FC2ブログ

    日本人は世界一馬鹿

    ここでは、「日本人は世界一馬鹿」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     


    名無し様からのコメント



    日本人は世界一馬鹿

    日本人は世界一騙しやすく、世界一無防備な種族です。

    海外で何故調子こいてスマホを使うのでしょうか?その間まったく無防備になります。そしてスマホをあっさり奪い取られます。場合によってはお金や命を奪われたり簡単にレイプされます。

    地元警察に頼んでも無駄です。日本とは違います。捜査はしません。弱ければ海外に来ないでください。頭が悪いなら旅行なんかしないでください。

    特に日本女は世界の恥なので犯罪者を喜ばせないでください。

    自ら日本人と分かるような恥ずかしい行動は慎むべきです。
    日本人は下らないプライドは捨てて生きてください。
    世界一馬鹿な人種と言う自覚があれば少しは事故率が減りますよ。



    ____________________________



    日本人がスマフォや携帯をイジったり寝たふりをしたり、疲れた振りをするのは「言語障害」で「コミュ障」だからです。

    日本国内で語られている「日本人神話」は何一つ通じません。


    日本のネットの中では「生卵」や「和食」の話が熱心に語られ、欧米食文化叩きが行われていますが、日本人が海外で「日本文化」や「日本の食事」の話をしても「誰も興味」を持ちませんし「」なのです。


    人間らしい生き方を教えられていない日本人は「ゲーム」や「アニメ」が世界最高の娯楽だと考えています。しかし「人間らしさ」を重視する外国人は「会話」や「パーティ」「ダンス」を娯楽として捉えています。

    結局、海外で仲間外れにされるのは真っ先に「日本人」なのです。「人間的な娯楽を楽しめない、だから日本人はゲームやアニメ等の空想世界で人間関係から逃げる娯楽に没頭する」と日本人は悟れません。

    日本人は海外に行くと途端に無言になります。「日本は~」「日本の~」と言いたくても、日本からやって来た顔デカO脚は発展途上国ですら見下される対象なのです。仮に「日本は」と口に出した所で嘲笑されるでしょう。

    バンコクであろうと、マレーシアであろうと、中国であろうと、中流階級は日本人以上の語学力と社交性をもっています。当然スマフォやネットは今時当然持っていますし、日本人の生活水準と遜色ありません。日本流の「日本製品自慢」で注目を受ける時代は終わったのです。

    何故、日本人が海外で無言になり海外で相手にされないかと言うと日本人には「心」が無いからです。現地人を見下し、金を見せびらかし、金や物で相手を釣る、これが日本人の本来のやり方であって、「心」や「知能」が必用とされる「人間との交流」には、東南アジアや中国、韓国の若者よりも日本人は遥かに適用力はありません。

    これが「日本は凄い」「人気がある」「注目されている」と洗脳されている日本人の実態なのです。実際は日本人は嫌われ、バカにされ、その醜い容姿と、振る舞いに途上国ですら嘲笑されています。「日本人だから優遇される」とかは観光地かホテル内部での話しなのです。


    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3505-67979840
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック