FC2ブログ

    日本は世界の片隅にある周りから遠ざけられた田舎島だからこのカルト馬鹿率が非常に高い

    ここでは、「日本は世界の片隅にある周りから遠ざけられた田舎島だからこのカルト馬鹿率が非常に高い」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

    JAP KILLER 様からのコメント




    田舎に行くと無知な連中による教育と経験することの機会の無さにより頭の悪いカルト馬鹿がいることが多い。

    日本は世界の片隅にある周りから遠ざけられた田舎島だからこのカルト馬鹿率が非常に高い

    無知な大人によるゆとり教育。

    外国人恐怖症のため世界に興味を持たず、我の穴に引き篭もって同じ穴の蟲としか交わらない。

    価値のある経験を持たず。価値のある人生を持たない。

    違う意見を持つ人間が嫌い。認めない


    無駄な人生を送り続けた結果、ソレが全てだと言い続ける頭の硬い田舎の老人だな。

    ネットウヨは田舎の裸で歩くボケ老人そのもの。臭い。




    ___________

    JAP KILLER 様からのコメント3連発です。
    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    朝は日の出から登校時間前の朝飯まで家の農作業。
    下校したらまっすぐ寄り道もせずに家に帰り、日が沈むまで農作業。

    「本を読むと殴られる」ので、読んでもいいのは学校の教科書と新聞だけ。
    余裕もないので音楽にも映画にも興味をもてない。日々の生活が学校の勉強と農作業の二本立てしかない
    よって遊ぶ暇なんかぜったいにないから、友達なんかできない。そのため性格が偏る、精神発達が遅れる。
    さらに親や近隣の者から「町の子はみな不良だからつきあうな」など吹き込まれもし、価値観が歪む。

    辛い辛い農作業の間、頭の中は「町のやつら」が謳歌する自由への妬みや嫉みでいっぱい。
    「辛い畑仕事に精だす俺は、町のやつらより立派な大人になれるのだ」「百姓を馬鹿にするな今に見てろ」
    などと、独りよがりな万能感に酔って苦しさから逃避する毎日。ああ、この惨めな思春期。
    思春期らしく、たまに煽情的な情報に接して性を刺激される事があっても、
    自分の部屋もないからオナニーもできないし、また「オナニーをすると馬鹿になる」「寿命が縮む」と
    信じているため何もできず、悶々として夢精の日々(爆)・・・なのであろうか

    ・・・そして親元を離れ、都会の大学に進んだ場合であっても田舎に鎖で繋がれたままの状態がつづくのだ。
    つまり、休みは必ず実家に帰省して農作業の手伝いをするという義務である・・・

    こうして大学の4年間に友達付き合いも、また異性も知らないまま過ごし、アルバイトも性格の偏りのせいで
    散発的な肉体労働くらいしか経験していないために、人として何も成長せずに卒業、就職は実家のコネや奨め
    で田舎に戻り、役場などに勤める。ほどなくして何も考えないまま見合いで結婚し家庭をもたされるが、
    人間が(男が)できていないためにうまくいかず、いつのまにか酒乱になったり、ギャンブルに狂ったり、
    職場で問題を起こしたり・・・後々子供がグレて少年院に入ったり、自閉して引き籠りになったりもする・・・

    田舎の特殊な苦労と束縛の体験が、人としての健全な成長を阻害した果てに生まれる不幸であろう。

    (地元の身近な色々な人からこれまでに聞いた実話をもとにまとめてみました(笑))
    2013/07/04(木) 22:13 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3486-2c50d2bb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック