FC2ブログ

    現実が見えない平面思考の日本人

    ここでは、「現実が見えない平面思考の日本人」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    名無し様からの投稿


    現実が見えない平面思考の日本人


    日本人は他人の意見やメディアに左右されやすく、自分の頭で判断出来ない人種です。
    目で見た、耳で聞いた事柄なんか何の正確さもありません。ただでさえ日本人は嘘や偽善や詐欺が大好きですから頭の弱い人程簡単に騙されます。現実に日本国内は詐欺行為が後を絶ちません。無論、自分の頭で判断出来ないで騙されてお金を振込む方が犯罪を生み出しているようなものです。

    食品を含む日本のあらゆる産業の安全性は(一部の人間に都合良く作り変えられた法律により)既に崩壊しています。日本国内は毒物だらけなのです。だから日本人の知能は低下するのです。脂肪酸や着色料塗れのネタ、添加物塗れのシャリの危険な回転寿司で行列する日本人から知性のかけらさえ伺えません。日本の法律は日本人を潰す為に制定された様な物です。平面思考の日本人はやはり「猿」に退化した存在なのですよ。


    _________________________


    【秋田】 医師が定着しない村の診療所、 女性医師は「村人の中傷で退職」

    1 : ぽてぽんφ ★:2012/10/02(火) 16:48:54.02 ID:???0


    秋田県上小阿仁村は1日、村唯一の医療機関「村立上小阿仁国保診療所」所長の伊尻孝一医師(49)が12日に退職し、
    同日付で北海道帯広市の西村勇医師(71)が所長に就任すると発表した。
    村総務課によると、伊尻医師が5月下旬、村に辞意を伝えた。村は7月からホームページなどで医師を公募。
    西村医師から村に連絡があり、村が9月に面談して採用を決めた。
    同診療所を巡っては、伊尻医師の前任の女性医師が2011年5月、「激務をこなせる体力がない」
    として退職したが、同村の小林宏晨・前村長は当時の取材に「(一部村民からの)言われ無き中傷により、
    心に傷を負わせてしまったことが最大の原因」との見解を示した。

    伊尻医師は11年6月に着任し、1年4か月での退職。辞める理由について、村総務課の萩野謙一課長は
    「本人の意思なので、村が公式に言うことはできない」とし、同診療所の石上耕作事務長は
    「(伊尻医師)本人が取材は一切お断りすると話している」としている。
    萩野課長は「村唯一の診療所をなくすことはできない。西村先生の要望には極力対応したい」と話した。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121002-OYT1T00250.htm?from=main3



    _____________________


    鬼畜日本猿にとって有益な情報とは何か?


    この名無しの方が「食品添加物」の有害性を「警告」しているのに、アンチのカスドモは「法律で認可されている」から大丈夫とほざく訳wwwwwwwwwwwwwwwwww

    結局何から何かで「感情」でしか物事を判断できない。

    この秋田の糞田舎者も同じwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    せっかく無医村に村人の健康を守る為にきてくれたのに、一方的に医者に嫉妬して「出て行け」とビラをばら撒く?wwww

    そして皆に見捨てられ死ぬwwwwwwwwwwwwwwwwww


    でも「自分の死」よりも「他人の不幸」がこいつらの幸福なわけwwwwwwwwwwwwwww

    これが鬼畜日本猿の気質wwwwwwwwwwwwwwww


    前頭葉未発達でないと理解できない心理なわけwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    もうね、鬼畜日本猿には「他人を不幸に陥れたい」「朝鮮人を叩きたい」しか頭にないわけwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    だから、どんなに食事や、健康、衛生、歯並び、骨盤、骨格、筋肉の話をしても理解できないわけwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    マン毛剃れとか、O脚直せとか、姿勢を正せ、歯並び矯正しろと言っても理解ふので「在日」と喚く事しかできないwwwwwwwwwwwwwww


    マジ鬼畜日本猿=猿wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    犬でも猫でもネズミでも小鳥ですら「餌」を与えられると「懐く」、「飼い主に感謝する」wwwwwwwwwwww


    ところが、「猿」だけは「われ先」に「餌を奪う事しか考えない」、それどころか「餌」を与えに来てくれた人間に対してまで「害」を与えるのが「猿」wwwwwwwwwwwwwwwwww


    正に猿=鬼畜日本猿なのwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    何を与えようと、教えようと、助けようとしても、「恩」を仇で返すのが前頭葉未発達の鬼畜日本猿の特徴wwwwwwwwwwwwwwwww


    こんな猿に近い前頭葉未発達の人間は鬼畜日本猿しか居ないwwwwwwwwwww


    ざあああああああまあああああああああああああああああああああああああああ



    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    確かに日本人の脳は2次元思考に退化しました。もうテレビ画面や新聞でしか情報を掴む事は出来ません。ですから嘘やデマを簡単に盲信して真実をかたくなに否定する愚民ばかりしか居ません。自分の頭では判別出来なくなっている訳です。
    そして更に日本人の退化が進み、2次元思考も不能になり大半が1次元思考になる日も近そうです。現実に先も読めずにDVに走る日本人が増加して特に若い世代がすでにそうなりつつあるのです。こんな事をすればどうなるかは2次元思考でも理解出来る筈です。しかしそれすら不能な日本人が増加しているのも事実です。性欲だけで無計画に妊娠して産まれても戸籍も与えず食事も与えずに廃棄処分する日本女はもう既に2次元以下の脳味噌なのです。余談ですが無眼症や無脳症の奇形児がやたら増加している事も次元低下の証とも言い切れます。
    2012/10/03(水) 20:48 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    いま、上のRSSにある処の某記事眺めてきたんだけど、どうしょうもないね。

    犯罪を犯した者や、日頃から周囲に迷惑かけまくってるような人物のSNSを
    2chに晒して皆で叩いたり、嗤ったりするネタにするのならはともかく、
    不慮のバイク事故で死んだ人間とその家族をネタにするなど、どういう神経なのかね?

    この件に限らず( ア )にとっては、自分たちの( イ )に合わないような
    ( ウ )を持っている人なら、即ち( エ )扱いなんだろうね。クズばかりだね。

    -------------------------------------------------------------------

    ア:①糞田舎者 ②キモオタ ③ニート ④ネトウヨ  ⑤反米厨 ⑥高齢童貞 ⑦底辺
     
    イ:①感性 ②都合のよい愛国 ③嫌韓利権 ④貧乏 ⑤美化した歴史観 ⑥不幸 ⑦未熟さ
      
    ウ:①意見や主張 ②趣味や嗜好 ③主張 ④幸福 ⑤情報 ⑥実体験 ⑦洗練
      
    エ:①在日/朝鮮/韓国/中国人 ②ビッチ ③情弱 ④DQN ⑤反日 ⑥売国 ⑦犯罪者

    -------------------------------------------------------------------------
    2012/10/04(木) 03:39 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    アの①「糞田舎者」は「糞田舎者あるいは鬼畜日本猿」に訂正(笑)
    2012/10/04(木) 03:50 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3276-8a1b5be4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック