FC2ブログ

    フィクション評論

    ここでは、「フィクション評論」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?


    申し訳ないが、このブログを私の電子書籍構想、練習の場として使わせて頂く。

    テレビの前で食事をする習慣がある人が、テレビの前に無意識に座り何かを食べる。

    トイレで新聞や本を読まないと用が足せないという人も居る。

    このブログは私にとって生活の一部なので、「ブログ記事を書いている内にアイディアが浮かぶ」という習慣がついてしまった。

    昨夜社長室の椅子の上で色々「本の構成」について考えたのだが、やはりみかん箱の上のノートパソコンの前に座らないと良いアイディアが浮かばない。

    「これほど醜い日本人女性」というタイトルが使えないのは残念なのだが、「フィクション評論」というカテゴリーを思いついた。

    第三者への中傷や、反社会的、公序良俗に反する内容の本は出版できない事になっている。

    そこで、私の評論や批判の先を「架空の民族」にする事で、これらの規約から逃れようと思いついた。

    「鬼畜日本猿」「日本メス猿」「日本」という名前を変えなくてはならない。架空の「民族」や「国」を創造し、その国と民族を批評する、という形を考えた。

    本は「章」で区切り構成する事にする


    (例)

    第一章 日本の現状・進歩の止まった日本人・容姿・精神・民度の没落

    第二章 日本文明の終焉と日本文化至上主義

    第三章 日本メス猿賞賛と神聖化

    第四章 地獄に追い込まれる日本人男性・自殺・破産・性機能障害・日本型家庭の崩壊・少子化

    第五章 日本メス猿の奇形化・8割を超えるO脚・精神・内面・知能の退廃

    第六章 日本メス猿絶対主義・日本文化至上主義に歯向かえない日本人

    第七章 日本人男性の変態化・奴隷化・社畜化・そして自殺

    第八章 日本メス猿没落による国際関係の悪影響

    第九章 悪魔化する日本メス猿

    第十章 海外の反応を気にする日本人

    第十一章 集団同調・集団洗脳に対抗するには

    第十二章 自然発生する「思想強要自警団」・言論弾圧の現状

    第十三章 アンチ達の手口と論法

    第十四章 日本メス猿を浄化せよ・遺伝子に染み付いた悪の思想

    第十五章 日本の国際的役割と貢献

    第十六章 日本猿自決


    ___________________


    とにかく長い、300ページどころか、1000ページ行きそうな内容だ。

    例えばドエトフスキー等のロシアの文豪の本は長くて長くて最初の内容や登場人物を忘れてしまう。

    私の場合映画ですら2回以上見ないと良く理解できない事がある。

    超長文の長編小説を書く人は、どうやって小説をかいているのだろうか?読み飛ばしですら300ページの本を読むのに10日以上かかる私には謎だ。

    書いては読み直し、誤字や文法を直す。これだけでも大変な作業だ。一体小説家は読み直しや内容、表現の修正等をどうやってやっているのだろうか?

    長尾カルピ先生辺りに聞いてみたいものだ。

    今は内容よりも「構成」について考えている、取り上げて欲しい内容がある方は是非管理人にアドバイスしてください。

    それから「日本猿」や「日本メス猿」等に変わる架空の民族名を募集しています。心優しい方は管理人に提案してください。


    予定としては、過去の私の投稿を「章」で区切り、まとめる予定です。「これほど醜い日本人女性」管理人コラムや、「日本研究ブログ」の私の投稿がまとめらます。


    採用して欲しいコラムや投稿文がある方は是非管理人に連絡してください。


    (例)



    日本メス猿とは


    日本人女性とは、「あらゆる文化文明、宗教的価値観からも劣った存在であり、全ての文化圏からの視点でも、異質な生物」である

    「日本人女性の容姿、振る舞いは全人類を例外なく不快にする」

    海外での日本人女性自爆は猛威を振るっていた、罪の無い日本人男性まで道を歩いただけで罵倒されるほど深刻なものとなった。

    「日本人女性は若く見える」「可愛い」と世界中で見苦しい「猿歩き」を披露し、日本人女性が唯一優位性を感じていた特定アジアや東南アジアですら嘲笑され始めているのだ。
    東南アジアのスタイルを強調した、見ただけで勃起してしまいそうなチチの膨らみ、セクシーなケツ、美しい真っ直ぐな脚の少女達を見て、日本人女性は何を思うのか。


    「日本人女性の容姿、振る舞いは全人類を例外なく不快にする」この事実を伝えるのは勇気のいることである。

    本来ならば「滅び行く日本人女性を静かに見守りたかった」これが日本人男性の本音であった。


    しかし日本人男性は日本人女性にタカられ、利用され、強請られ、脅され、毟られ、挙句の果てには病気までうつされ、海外ではブランドに群がり、勘違い馬鹿女は自爆し醜態を晒し、日本のイメージを失墜させたのだ。


    一刻も早く馬鹿女を絶滅させなければ、日本が滅びる


    日本人男性の怒りは臨界点に達しようとしている。これ以上日本人男性の犠牲者を出すわけにはいかない。残酷かもしれない、しかし我々日本人男性はこれ以上「日本人女性が世界一醜い」現実を誤魔化したり、とぼけたり、知らない振りをするわけにはいかないのだ。


    見渡す限りのブス、80%を超えるO脚、日本人男性は絶望の淵に立たされていた。過酷な環境で苛烈を極める美女争奪戦、熾烈な美女争奪戦で日本人男性は疲弊、破産、病死する一方、日本人女性の要求は更にエスカレートしていった。

    要求だけではなかった、情報まで統制されていたのである。日本人女性に批判的なことでも言うものなら、容赦なく「人格障害(在日)」のレッテルを貼られたのだ。

    日本人女性の主張は絶対であった「日本人女性は30になると白人に勝てる」「日本人女性は老化が遅い」「肌が綺麗」マンコ枯渇状態に置かれた日本人男性は、日本人女性に歯向かう事などできるはずもなかった。

    「俺には明日のマンコがあるのだろうか」このまま女にタカられる人生を歩まなくてはならないのか・・日本人男性は天を仰いだ、挫折者は部屋に篭もりパソコンの画面を眺めるほかなかった。最後に捨てられてから数年、瞬く間に過ぎ去った時間に日本人男性は時の速さを実感すると共に、虚しさを感じずにはいられなかった。


    挫折と生き残りを賭けた熾烈なマムコ争奪戦、戦いに敗れ「左手にマウス右手に息子状態」に陥る日本人男性が続出した一方、一見勝ち組に見える日本人男性にも容赦ない悲劇が襲い掛かったのである。

    見栄を張って6年ローンで買った新車、日本人男性は2年かけてゲットした彼女との初ドライブを待ちわびていた。この日の為に日本人男性は過酷な生活に耐え抜いてきたのである。

    勝ち組とは言え、彼女にタカラレ、利用される日々。日本人男性はモヤシとマヨネーズで飢えをしのぐ日々を過ごしていた。

    想像を絶する悲劇は彼女が車に乗り込んだ時から始まろうとしていた。停車し締め切った車内での会話。彼女と些細な会話を始めて数分、奇怪な刺激臭が日本人男性を襲ったのである。

    「何なんだこの糞のような刺激臭は」余りの強烈な異臭に顔が強張る日本人男性。そして更に数分、刺激臭は更に強まりを見せようとしていた。刺激臭はすでに日本人男性の我慢の限界を超え、意識がもうろうとする日本人男性、日本人男性は死を覚悟せざるを得なかった。

    「口臭がここまで車内に充満するとは!」

    日本人男性の女性に対する夢(幻想)が崩れ去る瞬間であった、可愛い彼女と舌を絡めたかった、可愛い彼女のマンコを思う存分舐めたかった。

    クンニ・・この行為の為に日本人男性は厳しい社会生存競争を戦い抜いてきたのである。可愛い彼女のマンコを開き、ビラビラにイタズラをする行為に日本人男性は甘い夢を見み全てを捧げて来た。

    世界一甘いもの、それは恋した彼女の唇・・マンコ・・例え別の男のちんぴをシャブッっていた口であろうと、中田氏されたマムコであろうと、咽喉やマンコに病気を持っていようと、彼女に夢中になった日本人男性には衝動(欲望)を抑えることなどできようが無かった。

    しかしあれ程楽しみにしていたマンコが、日本人男性を地獄に追い込む結果になるとは、洗脳された日本人男性は夢にも思っていなかった。


    日本人男性が受ける苦悩は、車内に充満する口臭のみに留まらなかった。パンティーにマン毛が突き刺さるほど伸ばし放題のマン毛、糞やら小便の臭いが染み付いたボーボーのケツ毛、この世の物とは思えない黒いマンビラ、更にはチンポを入れれば入れるほど気持ちよくなるどころか、チンポを入れれば入れるほど「ザリガニやミドリ亀の水槽」の様な強烈な刺激臭を発ち、日本人男性から生きる希望を失わせる日本人女性のマンコ。

    彼女の汚いマンコを舐めてしまったばかりに命を落とす者、奇病に感染する者、更には余りの悪臭、グロさから「性嫌悪症」、「勃起障害」、「性欲低下障害」等の精神に異常をきたす日本人男性が続出したのである。男を磨くはずのマンコが、男を失わせる要因になっていたのだ。


    一向に進まない日本人女性の美意識の覚醒、日本人女性は自ら破滅に向かおうとしていると言わざるを得ない。外敵がいない為の脳の鈍化も深刻であったが、外部からの情報を歪曲遮断し、日本人男性を苦境に追い込んだ馬鹿女の罪は重い。

    過去数十年に渡り日本人女性の繁栄は絶頂を極めた。その日本人女性に暗雲が立ち込めようとしている。「これほど醜い日本人女性」の台頭、そして外国人女性の流入により、可愛い象徴であったはずのO脚が、見苦しい身体特徴へと美意識が変化しつつあるのだ。

    関連記事
     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    むしろ管理人さんは心優しい正義の使者なのです。滅び行く日本人に誰も教えてくれない警告書をユーモア満載で書き上げて下さっているのです。
    残念な事に脳が傷んだアンチ達が日本人滅亡を促進する書き込みをしています。彼等こそ日本人滅亡を心から願う悪魔なのです。それがわからないくらいに日本人は劣化しているかも知れません。
    管理人さんとの知能がかけ離れてまるで人間の話がわからないどぶねずみみたいな日本人がたくさん存在しているのは事実です。
    もはや世界的にも日本人はどぶねずみ同様に病原菌を撒き散らす存在なのです。
    今後は日本人を総称して『どぶねずみ
    』で良いかも知れません。事実ですから…
    2012/08/21(火) 21:21 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2012/08/21(火) 22:44 | | #[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3193-040505f3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック