FC2ブログ

    純血白人がぬ歩んの運命を左右している生物科学的証拠

    ここでは、「純血白人がぬ歩んの運命を左右している生物科学的証拠」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    げろ様からの投稿

    純血白人がぬ歩んの運命を左右している生物科学的証拠

    セント・アンドルーズ大学の後援を受けたカナダの人類学者ピーター・フロストは、最後の氷河期の終わりにおいて金髪の人種が急速な発生を見たのは、性淘汰の結果であるとの説を、2006年3月に Evolution and Human Behavior において発表した[5]。この研究によれば、多くのヨーロッパの地域において金髪と青い瞳を持つ女性は、乏しい数の男性を相手にした過酷な配偶者獲得競争において、彼女らの競争相手より優位に立てたのである。ヨーロッパ圏において食糧不足の為にクロマニヨン人の人口が低下していた1万1千年前から1万年前の時期において、金髪は増加を見たのであると、研究は主張する。ヨーロッパ北部におけるほとんど唯一の食料源は放浪するマンモスやトナカイ、野牛、野馬の群れのみであり、それらの獲物を発見するためには長く困難な狩りのための遠出が必要であり、狩りの間に多くの男性が命を落としたために、生き残った男性と女性の比率の不均衡が生じた。この仮説では、金髪の女性はその際立った特徴が男性を獲得する際に役立ったために、その結果として金髪の人口の増加につながったのであると主張されている。
    『The History and Geography of Human Genes』(1994年)によれば、金髪は紀元前3000年頃に現在リトアニアとして知られる地域において、インド・ヨーロッパ祖語族の間でヨーロッパの支配的な頭髪の色となった(現在においても、リトアニアは金髪人口の比率が最も高い国として知られている)。男性が金髪の女性を魅力的であると見なすようになったために、この特徴はスカンジナビアへの移住が行われた際にも、性淘汰によって急速に広まったのであると考えられる[6]。

    つまり過酷な生存競争に勝ち抜いてきた洗練された人種であったとみなすことが出来ると思います。
    彼女たちを性奴隷化した(どことは言わないですが)猿は本当に酷い存在だと思いました。


    ____________________________


    世界一美しい女性を生み出した白人様。

    だが当の白人様も白人自らがつくりあげた「平等」「人権」によって、白人自らが滅ぼされるとは思わなかっただろう。

    どんな世界にも国にも、人種にも「平和」「平等」主義者が存在する。それは不思議な事ではない。

    問題は、「綺麗ごと」に利権が絡み、彼らの思想に反発すれば「人種差別主義者」というレッテル付けにより反論すら出来なくなる。

    そうこうしている内に、ニガやアジアンが増殖し、彼ら少数派の意見が無視できなくなる程規模が大きくなる。

    今、純潔白人が知らなくてはならないのは、「鬼畜日本猿」の存在だ。

    欧米を「残虐」と未だにレッテル付けをして、欧米人の身体的特徴や性格、そして歴史までも叩き続ける悪魔。

    そしてその悪魔の血(DNA)には、悪魔的性質が書き込まれている事実を伝えるべき。

    鬼畜日本猿は欧米人を憎しみ、恨み、一方でモンゴロイドやフン族、チンギスハンが欧米侵略、残虐な手法での抹殺、焦土化を行い、大規模な遺伝子汚濁、モンゴロイド生息領域の拡大を行った史実は隠蔽。

    白人の植民地主義ばかりを批判し、同属のモンゴロイドの蛮行は絶対に教えない。

    他にも白人を否定する為に、1600万人分の画像や数十億の比較調査が必要と粘着。更には私は「在日ではない」と発言しているにも拘わらず、ブログ連により「通報」「脅迫」を行う悪魔。

    鬼畜日本猿のDNAがどれだけ汚濁され、悪魔化されているのは欧米に発信するべき。鬼畜日本猿の悪魔遺伝子による奇形化、思考、性格障害の実例を欧米人に伝えるべき。

    それにより、欧米白人の異人種との混血を低下させられるかも知れない。

    関連記事
     
    人類学 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    柔軟な思考や進化、進歩を拒んで硬直した伝統と奇習、蛮習を破棄しようとしないアホな保守よりも、優秀な白人や外国人を日本に招致して日本を啓蒙した方がこれからの日本にとって有益になると考える。
    今後も国民主権の概念は日本の政治思想を担う根幹とするべきだと思う。
    2012/07/22(日) 21:54 | URL | げろ #-[ 編集]
    博愛主義というものが白人たちにとってどれほど脅威的なものかを理解していない白人が多いように思います。
    その結果が北欧やドイツの移民問題等です。
    移民の多くはイスラム系のアラブ人ですが、
    つい最近にはスウェーデン人女性が黒人に強姦殺人されるという事件が起こりました。
    日本猿自身の蛮族性も問題ですが、白人の日本猿を含めた有色人種に対する自衛意識の欠如も問題だと思います。
    2012/07/23(月) 22:17 | URL | 名無しノルディキスト #-[ 編集]
    神代文字をご存知でしょうか。日本に数ある恥ずかしい歴史のひとつです。

    国粋主義者がアホであることは皆様ご存知だと思いますが、この神代文字なるものも、日本のアホ国粋主義者が生み出したアホ歴史なのです。

    明治大正期、日本こそが絶対であると考えていたアホ国粋主義者たちは、日本が中国から文字を学んだという事実がどうしても許せませんでした。アホなので。で、考えあぐねたアホ国粋主義者たちは「日本は元々文字を持っていた!」というアホな主張をしたいがために捏造された文字、それが神代文字です。

    ちょっと見れば分かるように、神代文字とは朝鮮で開発されたハングル文字の形状をパクって作られたものなのです。アホですね。で、日本国内でもいくらか理性のある人々はパクりであることを指摘しましたが、ところが国粋主義者たちは「ハングルのほうこそ神代文字のパクりだ!」と主張して聞きませんでした。
    2012/07/24(火) 19:14 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    その後、表意文字以前に表音文字が成立するわけがないじゃんなど突っ込みを散々受け、ようやく神代文字が捏造でパクりであることが立証されたのですが、国粋主義者は謝罪もせず、神代文字は歴史の闇に葬られました。

    それでも、神代文字が国粋主義者のアホさ加減を象徴する偉大なる金字塔であることに変わりはなく、私は彼らのアホ具合を表彰したい気持ちでいっぱいです。

    昨今、日本のネットでは中国韓国のパクりや捏造を責める声がありますが、それは彼ら自称愛国者たちが日本の歴史を知らないからです。


    識者たちは言うでしょう。「いやいや、その手のパクりや捏造は日本が起源だよ?」と。

    …己のアホさをきちんと理解している人間は、愛国愛国と簡単には叫べないんですよねぇ。日本の知識人に愛国愛国と訴える人が少ないのも、彼ら知識人がきちんと自国の歴史と向き合っているからなのです。
    2012/07/24(火) 19:14 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ロンドンオリンピック開幕ですね。
    しかし、自分は、全く興味が無い非国民ですw

    鬼畜日本猿は、オリンピックに出てはいけない、浮かれてるべきではないとさえ、思っています。
    日本は、原発事故で放射能を垂れ流しにしている現実に対して、恥や自責の念は無いのでしょうか。
    日本人は、全世界に、特に白人様に対して、土下座すべきです。
    オリンピックも、原発事故が収束するまで、辞退すべきだったのです!

    白人様の前に出しても恥ずかしくない容姿の、ごく一部の選手以外は、応援する気すら起きません。
    名前を出さなくても、容易に数名の名前が浮かんで来ますよね?
    それほど、日本選手団は醜いのですw
    しかも、まともな容姿の日本人代表のほとんどは、外国人様との混血です。
    貧相な肉体と精神の鬼畜日本猿は、オリンピックに出ても無駄だし、オリンピックを名実ともに、(醜い容姿や放射能で)汚す存在でしかないのです。
    2012/07/27(金) 20:53 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3129-0249ae69
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック