FC2ブログ

    外国人の血を積極的に受け入れたいという願望が、 日本人には潜在的にあるのだろう

    ここでは、「外国人の血を積極的に受け入れたいという願望が、 日本人には潜在的にあるのだろう」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    名無し様からの投稿

    タイトルなし

    (http://netallica.yahoo.co.jp/news/275625)より

    驚愕!吉瀬美智子や黒木瞳など「福岡に美人が多い」理由
    2012/4/8 22:09
    これまで、秋田美人、京美人と各地域の美人をご紹介してきました。

    今回は、ナチュラルな美しさで人気の女優・吉瀬美智子さんや、いつまでも輝き続けるエイジレス女優・黒木瞳さんの出身地! “博多美人”で知られる福岡県にスポットをあてて、お話します。

    ■福岡に美人が多い理由
    日本の美人の代名詞には、秋田美人、京美人と並び博多美人というものがあります。博多美人とは、福岡県福岡市やその近辺の美女のことをさし、博多人形というものがあるくらい、古くからその美しさが知られていますよね。

    昔から混血が進むと美人が生まれると言われていますが、福岡はアジア大陸に近く、他の地域より渡来人との交流が多かったということなので、美人が多いと言われるのも納得です。

    -----------------------------------------------------------(記事の紹介はここまで)----------------

    >昔から混血が進むと美人が生まれると言われていますが、福岡はアジア大陸に近く、他の地域より渡来人との交流が多かったということなので、美人が多いと言われるのも納得です。


    何百年も前の昔から、多くの日本人は自らの純日本人的な容貌に劣等感を持ち、
    異国的な容貌には強い憧憬を抱き続けてきたという事実。
    やはり(容姿の優れた)外国人の血を積極的に受け入れたいという願望が、
    (容姿の醜い)日本人には潜在的にあるのだろう。


    それは、紹介した記事を載せているような、
    ごく一般的な閲覧者向けの、当たり障りのないコンテンツばかりで構成されるような
    「無害で」「メジャーな」サイトでも、引用した上記のように極くありふれた俗説
    のひとつとして、「難なく」サラリと語られている例が殆どなのが、その証であろう。

    俗説の範疇とはいえ、昔から遍く流布、浸透している見解には確かな存在理由がある(笑)



    ______________________


    鬼畜日本猿は核で焼き滅ぼされるべき。外国人の血と言え限りがある。一方的に日本メス猿が種付けされるか、中国、台湾に核攻撃され人口が10分の一になるのが理想的。
    関連記事
     
    人類学 | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012/07/20(金) 02:17 | | #[ 編集]
    ×混血は美形を生む
    ○白人との混血は美形を生む

    これが日本猿の本音なんですよね。
    実際ボ○ーオロゴンの娘とか悲惨なものですよ。
    色は黒人なのに顔は日本猿というw
    ジャップの血強すぎでしょwww
    2012/07/20(金) 13:29 | URL | 名無しノルディキスト #-[ 編集]
    セント・アンドルーズ大学の後援を受けたカナダの人類学者ピーター・フロストは、最後の氷河期の終わりにおいて金髪の人種が急速な発生を見たのは、性淘汰の結果であるとの説を、2006年3月に Evolution and Human Behavior において発表した[5]。この研究によれば、多くのヨーロッパの地域において金髪と青い瞳を持つ女性は、乏しい数の男性を相手にした過酷な配偶者獲得競争において、彼女らの競争相手より優位に立てたのである。ヨーロッパ圏において食糧不足の為にクロマニヨン人の人口が低下していた1万1千年前から1万年前の時期において、金髪は増加を見たのであると、研究は主張する。ヨーロッパ北部におけるほとんど唯一の食料源は放浪するマンモスやトナカイ、野牛、野馬の群れのみであり、それらの獲物を発見するためには長く困難な狩りのための遠出が必要であり、狩りの間に多くの男性が命を落としたために、生き残った男性と女性の比率の不均衡が生じた。この仮説では、金髪の女性はその際立った特徴が男性を獲得する際に役立ったために、その結果として金髪の人口の増加につながったのであると主張されている。
    『The History and Geography of Human Genes』(1994年)によれば、金髪は紀元前3000年頃に現在リトアニアとして知られる地域において、インド・ヨーロッパ祖語族の間でヨーロッパの支配的な頭髪の色となった(現在においても、リトアニアは金髪人口の比率が最も高い国として知られている)。男性が金髪の女性を魅力的であると見なすようになったために、この特徴はスカンジナビアへの移住が行われた際にも、性淘汰によって急速に広まったのであると考えられる[6]。

    つまり過酷な生存競争に勝ち抜いてきた洗練された人種であったとみなすことが出来ると思います。
    彼女たちを性奴隷化した(どことは言わないですが)猿は本当に酷い存在だと思いました。
    2012/07/22(日) 00:07 | URL | げろ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/3121-543f883d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック