FC2ブログ

    多民族国家の教え

    ここでは、「多民族国家の教え」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    私に粘着する糞ハゲ=007=ヨイチ=和歌山の糞田舎物=鬼女は


    皆同じwwwwwwwwwww


    なのは、偶然じゃ無い訳、こいつら同じ鬼畜日本猿遺伝子を所有した家族、親戚なわけwwwwwwwwwwwwwwwwww


    多民族国家の人間は「人は個人によって異なる(民族ではなく、個人の違い)」と口を揃えて言う。


    でも鬼畜日本猿は「朝鮮」だの「親日」だの「反日国家」だのと、「」によってその国民性を決め付ける。

    鬼畜日本猿にとって、鬼畜日本猿とは

    そろいも揃って、皆「凶悪犯罪者」「詐欺師」「精神異常者」「性格障害」「人格障害者」「不細工」「短小包茎」であり、

    鬼畜日本猿とは皆同じwwwwwwwwwwwwな訳、

    だから、「朝鮮人」「韓国人」「アメリカ人」「中国人」とステレオタイプでしか異民族を判断できない。

    格個人に「多様性」があるとは思えない。

    結局、地獄、不快、精神的、肉体的苦痛、ストレス、苦悩しか創れない鬼畜日本猿の環境で育つと、

    皆人間が悪魔に見えるわけwwwwwwwwwwwwwwww


    そうして、この様な人生生き地獄で、韓国叩き、韓国人中傷に人生をささげる悪魔が誕生した


    迷惑な韓国~気持ち悪く勘違いで、頭の中は日本のAVだけの韓国男達。~


    議論は好きなだけすればいい、だが論点を逸らし、韓国人が糞を食うやら、飲むやら、チンポが短小やらと、でっち上げや、民族、歴史、尊厳まで中傷する鬼畜日本猿は悪魔だと鬼畜日本猿は気づけない。

    逆に「日本人である」という理由で、理不尽な差別や、民族への中傷をされたら如何感じるの?

    鬼畜日本猿に思いやりなんてねえわけwwwwwwwwwwwww

    脳に「自制心」が働かないわけwwwwwwwwwwwwwww

    その生きた標本が


    糞ハゲ=007=ヨイチ=和歌山の糞田舎物=マン毛ボーボーの鬼女wwwwwwww


    こいつらが一番恐れるのが「改善」、自分に向きあう=絶望wwwwwwwwwwwww


    だから、他人を攻撃し、他民族を叩き、地獄を形成しないと生きていけない悪魔。


    鬼畜日本猿に必用なのは、IQテストではなく、鬼畜日本猿DNA所有テストなわけwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww









    関連記事
     
    ネット右翼 | トラックバック:0 | コメント:8 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    以前、「日本人はテレビ=地上波って考えです」って書き込んだのですが、うちもケーブルテレビを入れておりまして、そこで一つ思ったことを書きます。

    ケーブルでもBS,CSが見れるのですがBSはテレビショッピングがメイン、CS放送もかつて地上波放送でOAされていたものが殆ど。
    (ただしWOWOW、カートゥーンネットワーク、Dlifeを除く)
    ましてアダルトチャンネルは、皆化粧した日本人
    はっきり言って、放送免許交付してもこれじゃ意味がありません。

    日本のスカパーでも世界中の美女のアダルトビデオを集めたチャンネルや台湾、トルコなどの海外文化チャンネルがあったほうが色んな人を見ることが出来ると思うのですが。
    無理でしょうか・・・
    2012/05/01(火) 23:01 | URL | あずにゃん #-[ 編集]
    「ひとつ訊いていいかな?」と、突然、ミハエルが言い出しました。
    「何?」と僕。
    「日本にはルイ・ヴィトンの安売り店があるのかい?」
    「は? なんで? ないと思うけど。ヴィトンはブランド品なので値引きしないよ」
    少し考え込んだ様子のミハエル・シューマッハ選手は、おもむろに新幹線の荷物棚を指さしてこう言いました。
    「だって、この電車に乗っている人たちは、みんなルイ・ヴィトンを持っているじゃないか。
    ヨーロッパでこんな光景は見たことないから、きっと日本には安くルイ・ヴィトンが手に入る店があるんじゃないかと思ったんだ」

    少し、日本人でいることが恥ずかしくなったのを覚えています。
    http://ameblo.jp/hideakimachida/entry-11240116651.html
    2012/05/03(木) 15:38 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    >こいつらが一番恐れるのが「改善」、自分に向きあう=絶望wwwwwwwwwwwww

    (違うな。それはおまい自身の事だよ。河童管理人。
    おまいは何時だって、私達反論者の示した現実から逃げていたじゃないか。
    そのおまいが、どの面さげて私達に「改善」を怖れていると言えるんだ ? )


    >だから、他人を攻撃し、他民族を叩き、地獄を形成しないと生きていけない悪魔。

    (正に、「自己紹介乙。(笑)」だな。
    おまいは散々あれこれと攻撃しているだろうが。
    萌えキャラオタクの人々、日本女性に美女がいると考える人々、
    そして、おまいに反論している/いた全ての人々をだ。
    日本女性に対して、"これほど醜い日本人女性"と言い、
    "日本猿女"と言ってもいたな。
    さらに、私達反論者に可能な限りの罵倒をしまくった。
    私達の書き込みの妨害さえしているな。おまい。
    覚えているか ? 私がおまいの罵倒三昧に『罵倒の舞』と名づけた事を。
    思い出したか ?あれだけの攻撃をしておきながら、
    おまいが、恰も自分は聖人君子で有るかのように振舞っても遅いっうの。(可笑可笑) )
    2012/05/04(金) 08:53 | URL | 懐疑主義者 #/9hBKkrU[ 編集]
    懐疑主義者ってミッツのブログコメで袋叩きにあってた人だよね?
    自演の常習犯だって?
    あんだけの人に嫌われるってすごい才能だね(大笑)
    あーちなみに自分は傍観者だから。
    日本人にあんなに嫌われて、愛国者って号泣もんだね(爆笑)


    2012/05/04(金) 16:00 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ああ。あの時の与太者か。
    おまいの発言は、
    全ておまいがあそこで言っていた事だろうが。不逞鮮人君。(可笑可笑)
    2012/05/05(土) 13:21 | URL | 懐疑主義者 #HfMzn2gY[ 編集]
    懐疑主義者の事嫌ってるの、朝鮮人?
    って思い込んでるわけ?都合いい奴(失笑)
    日本人に嫌われてますそれも多数(笑)

    始めは一人一人に反論?嫌味コメかえしてたけど、数が余りに多すぎて逃亡したんじゃん(爆笑)
    お前精神病につき強制入院無駄だったのな残念。
    管理人へのその粘着ぶり見たらわかるけど


    2012/05/05(土) 21:27 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    では、その逃亡したと言う話の詳細を書いてみるんだな。
    おまいの様な不逞鮮人風情に出来るとは思えないが。(嘲笑)
    2012/05/06(日) 08:49 | URL | 懐疑主義者 #/9hBKkrU[ 編集]
    ↑日本語読めない理解できないお前が朝鮮人なんじゃないの(笑)
    まぁ都合悪くなると、はぐらかす常套手段なんだろうけど
    でも、AKBファンになりすまして、ミッツをみんなと共に叩きたかったのに、矛先が自分に向ってきて大勢に叩かれる羽目になっちゃって可哀そうだったねwww(爆笑)
    自演とかしてるの、もれちゃってるし、
    どこにいっても嫌われる運命って(ウケルルルル)





    2012/05/07(月) 19:56 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2960-e8477526
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック