FC2ブログ

    日本人はアメリカに感謝しなさい

    ここでは、「日本人はアメリカに感謝しなさい」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    あずにゃん様からの投稿


    日本人はアメリカに感謝しなさい


    リーマンショックや東日本大震災以降、よく日本猿が「今の日本の繁栄だって、戦後の焼け野原から頑張って復興してきたんだ。あの時の気持ちに戻って頑張ればなんとかなる!」と言ってきます。

    でもよくよく考えてみたら、あの時は進駐軍がいたということです。なんだかんだ言っても、進駐軍が物資を補給してくれた。いろんな政治的な意図があったでしょうし、それに対して様々な見解はあるでしょう。しかし、多くの人材を失い、生産設備を失い、石油もなく、食べるものにも困っていた状況の中で、少なくとも外部からの補給があったのです。

    現在はどうかというと、人件費の高騰や国際社会で使いもんにならない日本人、電力不足、超円高、原発事故により産業が空洞化。
    アニメやゲームも最近の作品は一部の少ないパイを奪い合ってるような萌え絵や華奢な体つきの男がデカい武器振り回しているような怪しげな作品ばかりで、輸出も出来ない代物。

    これで日本復活とか言う日本猿って一体…と思ってしまうのでした。
    関連記事
     
    日本はアメリカの自治州となるべき | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    日本人はいつまで「食生活の欧米化が・・」とか
    否定的にいい続けるつもりなんだろうな(笑)馬鹿かって

    それによって青洟たらす栄養不良のガキも消えたし、
    身長ものびたし 経済も伸びたのに
    2012/04/09(月) 03:35 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    On May 5, 1952, General Douglas MacArthur testified before a US Senate committee by saying:

    “Well, German problem is a completely and entirely different one from Japanese problem. The German people were a mature race. If the Anglo-Saxon was, say, 45 years of age in his development, in sciences, the arts, divinity, culture, the Germans were quite as mature. The Japanese, however, in spite of their antiquity measured by time, were in a very tuitionary condition. Measured by the standards of modern civilization, they would be like a boy of 12 as compared with our development of 45 years.”


    インド人は、前世・(現世)・来世の内容を瞑想から得ている。
    英米人は、過去・(現在)・未来の内容を経験に基づいた考察から得ている。
    無哲学・能天気の人には、世界観がない。実況放送・現状報告に準じた「世の中は、、、、、」しか語れない。

    時制のない言葉で語ると、実況放送・現状報告の内容になる。
    つまり、目先・手先の内容ばかりを語ることになる。
    現実構文の中では、非現実の内容は語れない。それを語れば真っ赤なウソになる。


    日本人には意思がない。だが、恣意はある。
    これは、子供の状態と同じである。
    意思は、未来時制の内容である。
    日本語には時制がない。

    意思がなければ、罪もない。
    死刑執行人には罪がない。
    意思を示せば罪もある。
    殺意があれば、殺人罪に問われる。

    意思を示す人は、当事者になる。
    意思を示さない人は、傍観者になる。
    我が国は、世界にあって世界に属さず。

    日本人は、問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力 (腹芸) はもっている。
    問題を解決する能力がないと、無力感・閉塞感にさいなまれる。

    成案の人も完全ではない。だから、議論により矛盾するところを改めて成案に磨きをかける必要がある。
    成案の人は、公言を好む。成案の人は、議論を好む。矛盾のない論旨を理解してもらいたいからである。
    腹案の人は、’お前らに、俺の腹の底が読めてたまるか’ と言っている。
    腹案の人は、談合を好む。小言を好む。双方の恣意の摺合せをしたいからである。

    腹案の人には、具体的な解決策はない。
    だが、消去法により、相手に言いがかりをつけている。
    ‘ああでもなければこうでもない’ と力説する。
    議論は、まだまだ尽くされていない。
    どうやら、相手から譲歩を引き出すことが解決策のすべてであるとの錯覚を起こしているようである。

    意思を示さなければ、責任感もわかない。
    日本人には、意思がない。
    我が国がひっくり返った時にも責任者は出なかった。
    とかくこの世は無責任。

    英語の責任は、自分の意思で問題を解決すること。
    意思のない人は、問題解決の適任者ではない。

    意思のあるところに解決方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
    意思がなければ、解決方法はない。
    座して死を待つことになる。

    自分に必要なものを自分自ら獲得するのが親鳥の態度である。
    自分に必要なものを親に知らせて獲得してもらうのが幼鳥の態度である。
    日本人には意思がないので、他力本願・神頼みになる。
    自ら望むことなく危機に陥る欠点がある。


    日本人は、目先・手先に神経を集中することができる。
    細工物が上手で、仕上がりのセンスも良い。
    それで、技術立国としての存在価値を示している。

    日本人には、リーズン (理性・適当・理由) がない。
    リーズナブルな (理性ある・適当な・理由になる) 判断ができない。
    リーズナブルな判断は個人に基づく判断内容であるから、日本人の得意とする実況放送・現状報告の延長線上にはない。
    だから、日本人は個人的な理性判断に欠けている。

    現状の上に、さらに外国からの尊敬が得られる手段を獲得することができるならば、われわれ日本人は鬼に金棒である。
    その目的を達成するには、英米流の高等教育が近道である。これにより、リーズンが獲得できる。
    彼らの大学の高等教育の中身は、大人になるための英語の再教育である。日本語には、このような再教育はない。
    だから、英米で高等教育を受ければ、格別の苦労もなく得られる結果である。
    これは、12歳の大人にならないための予防策となる。
    我々は、この一点に教育の努力を集中して自己の改善を図るべきである。

    http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
    http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/




    2012/04/11(水) 17:40 | URL | noga #sqx2p0JE[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2913-45447f81
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック