FC2ブログ

    鬼畜日本猿の生活環境、それは人間世界の生き方ではない

    ここでは、「鬼畜日本猿の生活環境、それは人間世界の生き方ではない」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    前回投稿した全方位で世界を憎しみ続ける鬼畜日本猿!の特に鬼畜日本猿の本質をついた投稿文の再掲載。

    -------------------------


    フィリピン人をはじめ『外国人労働者』への差別も世界中が知っています。対等の人間として見ていない。『勝手に来たんだから、勝手に死ね』という態度です。そのなかには『外国人』じゃなく、代々、日本生まれで日本育ちの『在日』の人たちもいます。残酷な国です。

    もちろん、いい人もいます。しかし、日本社会を支配している価値観は、変わっていない

    『弱い者は、力の強い者に従え。文句を言うな』です。


    人の不幸を嘲笑い、はしゃぎ回る下劣なマスコミの広告が、堂々と載っている。

    その残酷さが『公認』されている。


    それを見ただけで、わかります。


    これは人間の世界の生き方ではない。


    ジャングルの、野獣の掟です。


    人権なんかありません。


    愛情なんかありません。



    日本の子どもが荒れるのは、当然と思います

    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:6 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    それは全て鬼畜チョン猿が何も知らない日本の人々にやってきたことです。
    全て鬼畜チョン猿の提造詐欺です。
    薄汚い国民性です。
    空気が汚れます。
    被害者ぶった妄想狂のクソ、それが朝鮮人です。
    鬼畜チョン猿は日本から出て行ってください。
    このヒラメ顔のドブスのインポ野郎が。
    2012/02/20(月) 00:13 | URL | 名無し #-[ 編集]
    お前の言ってる世界って、どこだよ(笑)
    2012/02/20(月) 00:56 | URL | 秀 #-[ 編集]
    3・11の時、お祝いしますとか巫山戯た横断幕掲げてたのは何処の劣等民族だっけ?
    2012/02/20(月) 11:21 | URL |   #-[ 編集]
    自分を劣等に見せるような発言して何が楽しんだい?
    それとも自分は日本人じゃなくて外国人で日本人を差別してるんかい?
    2012/02/21(火) 13:38 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ここで「国へ帰れ」「劣等民族」「朝鮮猿」「チョン」連呼しまくりで
    優越感に浸れておられているようで、嬉しそうですね。
    皆さんリアルじゃ何もできない、何も評価されないくせに、
    ネットで朝鮮韓国の事になると、とたんに熱くなるんですねぇ。
    いいなぁ。貧乏人はこんなことやってれば満たされるんだからなぁ。
    2012/02/22(水) 00:10 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    リアルに苦しい境遇に追いやってあげたけどどうかね。
    虚勢をはっていてもごまかせないがな。
    2012/02/22(水) 00:19 | URL | 名無し #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2803-ecf3cbad
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック