FC2ブログ

    懐疑主義者は真の悪魔

    ここでは、「懐疑主義者は真の悪魔」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    懐疑主義者は真の悪魔

    今を思えば不自然に懐疑主義者の同調者がまとわりついていましたね。
    一人の人間を攻撃するために多人数に見せかけた自演を行う行為は頻繁に有ったと思われます。
    使用端末を変えたりする自演は今更珍しく有りません。
    2ちゃん世界なんかではID変えれば別人の芝居が更に簡単に行えます。
    それで嘘を貫き通すわけですから安いものです。
    人格を変化させる芝居は多重人格者、要するに人格破綻者の懐疑主義者だからこそ出来るのです。
    そこまでやっても結局自演を疑われ更には暴露され醜態を晒しまくる懐疑主義者にはもはや地獄絵図しか見えて来ません。
    「一人でも多く地獄へ道連れにしてやる!」
    これが懐疑主義者の魂の叫び、いや、断末魔の悲鳴に聞こえます。
    敵対者よりむしろ同調者に悪影響を及ぼす人格ですから始末が悪いです…
    まるで地下鉄にサリン撒きを指示したあの方そっくりです。

    同調者を煽り管理人さんに対する憎悪を自演混じりで増長させる行動は確実に有りました。
    現実に主戦場の2ちゃんでも頻繁に行っていますから…
    まさしく人間の悪心に付け込む真の悪魔ですよね!
    今更懐疑主義者本体が悪魔の化身か悪魔に取り付かれた被害者か知る由もありませんがね…
    いずれにしても懐疑主義者は既に地獄世界の住人に違い有りませんね。


    ----------------------------------------

    不思議なのは、こいつらが受けたであろう苦痛(虐めや仲間はずれ)を、こいつらはネットの世界でやろうとしている事。

    何でそんな陰湿な「虐め」をネットの世界で画策する?卑怯だとは思わないのだろうか?

    こいつらは、どんなにこいつらの卑劣な手法を指摘しても、全く同じ手法を使い「風説の流布」「悪口」「人格攻撃」しかしてこない。

    そしてあろうことか、気に入らない奴を血祭りに上げる為に、自演をしてまでそいつを手段で嫌がらせをしようとする。

    結局、こいつら鬼畜日本猿と、日本人の違いとは、「論」や「行動」によって問題を解決しようとする人間と、「感情」のみで、自分では論題に対する意見も書けず、他人の「論」や「行為」にいちゃもんを付け気に入らない人間を精神的に追いつめようとする事。

    感情のみで、相手の意見全てを否定する悪魔、それが懐疑主義者を始めとする、007や糞田舎物、53歳無職性犯罪者男性。

    関連記事
     
    懐疑主義者ってどんな奴? | トラックバック:1 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    懐疑主義者みたいな低脳な屑こそ日本の恥なんだけど、嫌われ者のただのかまってちゃんの弱者なわけで、哀れともいえるかもよ(笑)
    2012/01/21(土) 11:19 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2769-3647f7ec
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    東京都新宿区にある事業所のご案内です。精神障害者が地域で暮らしていけるよう幅広く支援しています。自主製品の七宝焼などもご紹介しております。
    2012/01/25(水) | トラックバック失礼します。社会福祉法人ファロ