FC2ブログ

    「AA漫画」が完成しました

    ここでは、「「AA漫画」が完成しました」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    美意識革命隊様からの投稿

    「AA漫画」が完成しました

    計画の件ですが、急ピッチで詳細をまとめた結果、今朝にようやく完成しました。AA漫画です。
    http://biishiki.dtiblog.com/blog-entry-62.html

    あと他の記事でも繰り返し言っていてしつこいかも知れませんが、早いうちにブログに粘着している人たちをコメント欄承認制化をするなどしてこのブログ上から「絶滅」させてください。お願いします
    粘着連中の相手をして不毛な争いをしている時間があったら、その時間をもっと色々なプロジェクトに手を出す時間にあてるべきだと思います。

    私が次に書き込みをするときには日本女研究所ブログが今年一月のように平和になっていることを強く望みます。


    ----------------------------------------------

    美意識革命隊様、私の構想である「鬼畜日本猿浄化センター」の最重要課題である「これほど醜い日本人女性」の漫画化に着手して頂き本当に感謝します。

    私も早速4コマ漫画のネタを考えたのですが「全くネタが浮かばない」。

    私には絵の才能も、漫画を描く才能も、ストーリーを考える才能も全く無いようです。

    所で私は今とても辛い。

    美意識革命隊様に「ブログのコメント欄承認化」を求められている。私は美意識革命隊様の気持ちは痛いほど分かる。私も「これほど醜い日本人女性」まとめブログの時も嫌韓やネット右翼のボンクラと壮絶な言い争いを繰り広げていた。

    そして今は007やアンチの基地外と言い争いをしている。

    確かに「これは精神の消耗戦」であり、不毛に見える。その上話の流れを理解できない住人や通りすがりの方々のブログ離れを引き起こす。

    だが、彼らの存在が新たな創作のネタに成っているのは確か。彼らが居なければこれだけの投稿記事は書けなかった。

    この「日本女研究所」というブログは私の思想、投稿文の「創作所」であり、世間に「反日」「国賊」「在日」とレッテル付けをされ、相互リンクすらして貰えないこのブログのアクセス数が上がるのは期待できない。私自身諦めている

    私が今しなくてはならないのは、アクセス数が上がり続ける「これほど醜い日本人女性」まとめサイトに私が書いた過去の投稿記事をまとめ「管理人コラム集」を更新する事。

    「これほど醜い日本人女性」まとめサイトは「一日一万アクセス時代」に到達しつつある。

    当然、「これほど醜い日本人女性」まとめサイトは、「美意識革命様」「世界人民革命様」「プラネッタエ様」を今後も全面応援する。

    美意識革命様には申し分けないが、ブログのコメント欄承認制はもう少し待って欲しい。そして「日本女研究所」とは「ゴキブリホイホイ」「ネット右翼浄化場」であるという別の役割をもっている事を分かって欲しい。

    美意識革命隊様、4コマ漫画の製作ありがとうございます。どうかこれからも鬼畜日本猿撲滅に向けて協力お願いします。
    関連記事
     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    まぁ、レベル通りの順当な作品だな。

    小学生が「ウンコ!」で爆笑しているような。
    2011/07/26(火) 00:23 | URL | anti #-[ 編集]
    ま、結局は自分の妄想を書き出しただけの下らん作品だな。

    それにしても、ブログ主や賛同者は何とか自分血たちの意見を広めようと、
    動画やら画像やらBBSやらwikiやら掲示板やら、様々な手段を取ってい
    る訳だが、いい加減「何故自分達の意見は受け入れられないか?」という
    事柄について考える時期に来ていると思うのは、当方だけだろうか?
    2011/07/26(火) 06:49 | URL | 007 #LkZag.iM[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2533-03e6d3a4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック