FC2ブログ

    新たな韓国の同志が誕生した

    ここでは、「新たな韓国の同志が誕生した」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    新たな韓国の同志が誕生した


    ↑の世界人民革命様の記事を読んで欲しい、なんと韓国人の同士の方が誕生したようです。

    彼のブログは「공산주의 연구소」(共産主義研究所)です。

    私は一人でも多くの韓国人に私のまとめサイトを読んで頂き、如何に日本であからさまな「人種」「民族差別」がされているのか知って欲しい。

    しかしながら、世界人民革命様は別の「日本人女性」とも同盟関係を結んで居られるのだが、私はその女性のリンクをRSS及び、リンクに加えた、しかしながら私は彼女に完全に「無視」されている。

    どうも私の文章が「下品である」のが理由のようだ。確かに私はのブログは下品だ、だが日本人女性の醜さの「言語化」するにあたり、どうしても「性器」や「性」の話は避けられない。

    そして鬼畜日本猿の「清潔」という自己肯定を否定する為にも、鬼畜日本猿の風呂文化の汚さや、その不潔な「お湯の成分」が何処から来ているのか説明しなければ成らない。

    私は世界人民革命様を全面応援したい。そして微力ながらもアクセスを流したいと努力している。是非今後世界人民革命様と同盟関係を結びたい方は私のサイトやブログもリンクに加えて欲しい。それが巡り巡って我々同士全体にアクセスや、SEO対策及び、検索エンジンのロボットや、ページランキングの上昇に繋がる。

    私は世界人民革命様及び、美意識革命隊様と共に韓国のネット界に参入し、日本のネット右翼が一番嫌う日本の暗部を韓国人の方に広く知って欲しい。そして韓国人女性が未開の土人である日本人女性に「セクシーさ」「スタイルの重要性」を教えてくれた恩返しをしたい。

    そして韓国人女性には是非自信をもって鬼畜日本メス猿を差別、馬鹿にして欲しい。

    鬼畜日本猿が一番嫌うのが「格下だと思っていた人間に見下される事」、これによって日本人女性は現実に目覚め、肉体美の重要性に気付くだろう。

    長年「屁理屈」「詭弁」でごまかし続けた日本メス猿の醜さ。その醜さを白日の下に晒してくれるのが「韓国人女性」なのだ。

    世界人民革命様が発掘した日本人女性のブログで素晴らしい記事があるので、是非閲覧して下さい。

    日本女性と北朝鮮女性を比較してみました!

    関連記事
     
    雑記 | トラックバック:0 | コメント:7 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    おはようございます☆
    もしかして、私のことなのだと思います・・^^;

    実は、これほど醜い日本人女性を応援していますが
    私自身が、黄色人種女性であるため
    もしかしたら、ブロトモ申請しても拒否されたりするのかな?
    とか色々考えたため、
    まぁ、あまりたくさんお友達居なくてもいいや、的なところがあって
    何も、しませんでしたm(_ _)m
    決して、「下品」だからとか、そんなんではありません。
    RSSすみません^^;
    ブログ初心者でして、あまりよく分からないのですが
    きっとアクセスとかの関係なのかな?と思っています。

    こちらのブログへは、世界人民革命さんや神父ソンさんのブログを通じて
    時々ですが、見に来て拍手ボタンを押していましたよ^^

    人乃天さんに、こちらのブログ紹介しておきますね♪

    2011/06/25(土) 06:26 | URL | Plantae #-[ 編集]
    私のブログも、リンクに加えていただいてありがとうございます。
    今気づきましたm(_ _)m
    ちなみに「革新派ブログ」から「日本を批判するブログ」へタイトルを変更しました。

    私も、こちらのブログをリンクに追加しますね。
    2011/06/25(土) 06:41 | URL | Plantae #-[ 編集]

    朝鮮人同士で仲良くやってちょ^^
    …日本以外で
    2011/06/25(土) 06:42 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    「どうも私の文章が「下品である」のが理由のようだ。確かに私はのブログは下品だ、だが日本人女性の醜さの「言語化」するにあたり、どうしても「性器」や「性」の話は避けられない。」下品て、糞とか鬼畜とか馬とか鹿とか猿とか言っているではないか。
    「言語化」するにあたって中傷的な発言は下品ではないのか?

    「韓国人女性には是非自信をもって鬼畜日本メス猿を差別、馬鹿にして欲しい。」この文章に二つほど矛盾が、「差別」、「馬鹿にする」、管理人さんが日本人に対して「差別主義者」だの「他人を馬鹿にし劣等感の解消をしている」など、書かれていた気がするが。

    日本の女性の大半が下品だと、そのことは日本人なら誰もが知っていると思う。
    ただそれをほかの国に伝え広めたとして、「日本人は皆不潔」的なレッテルが貼られ、
    日本の未来が暗くなったら管理人さんは、満足するのですか?
    2011/06/25(土) 11:25 | URL | 無し #-[ 編集]
    あなたのブログから消されても良い様に、私のコメはバックアップを取って有りますので、
    アドレス付きでこちらにも書き込んで置きます。

    http://plantae0220.blog89.fc2.com/blog-entry-21.html#comment-top
    タイトル「日本女性と北朝鮮女性を比較してみました ! 」への私のコメ。
    ----------------------------------------------------------------
    まあ、あなたの思想をどうこう言うつもりは有りませんが、
    北朝鮮。いまどんな状態か知ってますか ?
    手元に「萌え萌え北朝鮮読本」と言う本が有るんですが、
    あなたが紹介している北朝鮮の人民軍兵士達、「本当の姿は」、
    (画像の人民軍兵士達は「撮影の為に選抜された」人達でしょう。)
    食糧不足で一食抜いただけでフラフラになってしまうそうです。
    また、身長もかなり低くなってます。食糧事情が悪いせいです。
    日本の小学5~6年生くらいの身長しか無いそうです。
    さらに着ている軍服ですが、これは"ビニロン"と言う北朝鮮製の化学繊維で出来ています。
    (何らかの理由で、特別に支給された「まともな外国製繊維の物」も有るとは思いますが、一部でしょうね。)
    この繊維、「防寒性が全く無い」そうで、質としても「ズボンのひざがポコンと飛び出る」ような物らしいのですが。
    朝鮮半島の冬は日本よりも寒いと聞きます。
    大丈夫なんでしょうか ? "敵国"とは言え、心配です。
    軍隊でこれなんですから、庶民の生活レベルは言うまでも有りません。
    その本に書いて有りましたよ。「日本から北に渡った在日朝鮮人の人達が日本に手紙を送る。その内容は、"何でもいいから古着をたくさん買って、送って欲しい。"とあった」そうです。
    解るでしょう ? 庶民の状態が。
    出所不明の画像を幾ら貼りまくっても、現実は変わりません。
    「戦わなきゃ。現実と。」ですよ。
    -------------------------------------------------------------------------------
    以上です。何か反論は ?
    2011/06/25(土) 21:03 | URL | 懐疑主義者 #-[ 編集]
    >懐疑主義者 さん☆

    私のブログにて返信しました^^
    私、直感とかで生きている人間でして
    懐疑主義者 さんの言っていることが
    理解できませんでしたので
    これからも、マイペースに生きたいと思いますっ♪

    宇宙の法則とか、自然の法則とか信じていますのでっ♪

    あ、返答は「基地外」なのかもしれませんがw
    2011/06/26(日) 00:34 | URL | Plantae #-[ 編集]
    はい。確かに返信は受け取りました。
    なので、向こうで私も返信をしておきました。
    (攻撃的なものではありませんから、ご安心を。)
    こっちのブログに自コメとは言え、勝手に転載してしまってすみませんでした。
    しばらく自省の意味を込めて、
    向こうには行きません。
    無茶をやってしまっていた様に感じるからですが。
    では、また機会がありましたら向こうでの書き込みをします。
      では、これで失礼します。
    2011/06/26(日) 01:04 | URL | 懐疑主義者 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2520-7a5c0732
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック