FC2ブログ

    頭の悪い奴は美醜の話に知性やモラル、論理、加えて精神論を持ち出す

    ここでは、「頭の悪い奴は美醜の話に知性やモラル、論理、加えて精神論を持ち出す」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    78 :スリムななし(仮)さん:2011/05/03(火) 13:29:35.11
    頭の悪い奴は美醜の話に知性やモラル、論理、加えて精神論を持ち出す。

    頭の良い奴は美醜の話に知性やモラル、倫理、精神論など持ち出しても

    何の意味も無い事を理解した上で話しに参加する。

    しかし、頭の悪い奴は

    メンヘラとかひきこもりとかネット依存症とか社会から弾きだされた欠陥人間

    などと脈絡の無い訳の分からぬ主張を繰り返す。

    例えれば、見た目を良くしたいと言う趣旨の掲示板において、どうすれば見た目が

    良くなるのか?と言う話をしている中で、唐突に「人は見た目じゃない!中身を磨け!」

    と空気も読まずに豪語する馬鹿が現れるようなものである。

    つまり、池沼なのだ。


    -----------------------------------------

    鬼畜日本猿人の論法は「レッテル付け」「個人攻撃」これだけ。

    他人叩き、嫉妬、陰湿な嫌がらせ、偏見により「自分の行き場所」を失っているのが鬼畜日本猿。

    他の人類は他人叩き、嫉妬が自分の身を滅ぼすと知っている、だから「個人主義」「他人への無干渉」「自由主義」と社会を進歩させている。

    だが「権威」や「発言権(学歴)」、「権力」にすがり、「問題解決」よりも、「脅迫」と「圧力」により、相手を「潰し」続けて来た鬼畜日本猿。

    感情のみで都合の悪い問題を「力」により迫害、弾圧し続ける鬼畜日本猿、これは「問題解決」ではなく「先送り」に過ぎない。

    その、鬼畜日本猿の国民性、主観、精神論、権威主義等の「悪行の積み重ね」が現在私が問題提起している「鬼畜日本猿の奇形化」「日本文明の没落」に繋がったのだ。

    鬼畜日本猿の曲がった足、デカイ顔、非文明な顔つき、全てが鬼畜日本猿の国民性を表した、「神による天罰」なのだ。

    現在もスレッドの方で、私に対する誹謗中傷ばかりが行われている。私が何度「民族、宗教、国家による美意識の差」を説明しよ、画像を出せ、と求めても、私の人格攻撃をするだけで具体的説明は一切されていない。

    やはり、粘着している52歳無職童貞男性を含め、懐疑主義者、007、アンチ、ヨイチの連中は精神病なのだと思う。

    現在の日本ではネット上に自発的に発生する、嫌韓、外国人嫌いの「悪魔」が存在する。そういった「悪魔」がネット上で言論弾圧、発言潰しをしないように、「強制収容所」を作り、これら白人女性の美しさを理解できない人間は「強制収容所」に収監するべきだ。

    そうでもしない限り、他の日本人の自己洗脳、「悪魔」による精神、思想汚染の被害から日本人を守れない。

    関連記事
     
    ブログに粘着するクズドモ | トラックバック:0 | コメント:11 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    嫌韓、外国人嫌いではありません

    朝鮮人嫌いです、そこの所ごまかさないように。
    2011/05/03(火) 15:22 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    管理人さん、お久です。
    酷い売国糞ネトウヨの記事をみつけてしまいました。
    日本は見捨てた方がいいのかもしれません。
    これから生まれてくる子供達は不幸ですよ
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4230.html
    2011/05/03(火) 19:54 | URL | あ? #RYMxo5RQ[ 編集]
    あ?さんに同意です

    生物というのは、劣るものと関わり続けると
    自分の質も劣ってきます

    日本が劣るというのなら、もうこれ以上関わらない方が良いですよ


    我々日本人は韓国人と関わらなくても『全然』平気ですので


    あと、大事な事を一つ教えましょう

    それは、
    『悪口は自分の欠点を言っている事と同じ』

    この事をしっかりと覚えておいて下さい


    自分の意志で不幸になり(劣り)たいというのならそれもいいでしょう

    ただし、それは完全な自己責任
    他人が悪いなどという言い訳は絶対に通用しません
    その事をしっかりとご理解下さい
    2011/05/04(水) 17:26 | URL | 管理人大嫌いっ子 #yjwl.vYI[ 編集]
    同意。あと、URL貼ってる人。それのどこが売国か分からないんで教えてくれませんか。俺には淡々と事実を言ってるようにしか見えないんだが
    2011/05/04(水) 18:24 | URL | あえあえ! #-[ 編集]
    鬼畜日本猿人の腐った性質はもはや平和的手段では治りません。
    そこで、私たちで「美意識覚醒党」を結党し、いっそのこと独裁体制を敷いてしまうべきです。そして日本社会の構造を根本から強制的に造り変えでもしない限り、鬼畜日本猿人の精神病的な国民性は何も変わりません。

    「民主主義がアフリカ経済を殺す」というタイトルの本がありましたが、日本の場合は「民主主義が日本人の美意識と日本社会の内側を殺す」となる訳ですね。

    ここのコメント欄にも湧いて「嫌韓と朝鮮人嫌いは違う」(←誰がどう見てもまったく同じ意味ですからw)とか「我々日本人は韓国人と関わらなくても全然平気」(←とか言いながら自らネット上で毎日のように韓国人叩きをしていなければ気が済まないw)とか「弱い放射線は健康にいい、というのは事実を言っているだけ」(←あんたらは放射線を浴びても死なないゴキブリですか?w)とか言っている糞右翼には何を言っても通じないので、管理人様のおっしゃる通り強制収容所に放り込むべきです。

    次期の日本の指導者にふさわしい真のリーダーは、ネット右翼や日本猿女の妨害に負けずにご自分の意見をはっきりと主張なさる管理人様かmasao様です!
    2011/05/05(木) 01:23 | URL | 美意識革命隊 #F/BhxMjk[ 編集]
    まず、おことわりしておきます。「私は原発肯定論者です」、否定派ではありません。
    しかし東電の怠慢ぶりと安全神話、それを擁護するバカウヨには強く憤りを覚える者です。

    「震災に便乗するトンデモ」Skeptic's Wiki より

    http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%BF%CC%BA%D2%A4%CB%CA%D8%BE%E8%A4%B9%A4%EB%A5%C8%A5%F3%A5%C7%A5%E2

    上記URLの「放射線ホルミシス」の項目を参照の事。

    もちろん、毒でも微量ならそれが免疫力を高める等、身体に役立つ効果があるのは古く
    からの常識だし、放射線が昔から医療で応用されていて優れた効果を発揮している実績
    も評価されるべき事なのだが・・・・しかし今回の あ?さんの貼ったURLで紹介さ
    れている "放射線で健康になるとか頭のよい子が産まれる"とか何とかいう話は、
    何やら"東電の御用学者"による"疑似科学"の範疇らしいとの見方が強い様子です。

    未だ確証のない怪しげなものですら、自分達に都合よく吟味して"海外でも認められている"
    "常識となっている”"科学的事実なのだ"とふれこみ、自らろくに検証することもなく盲信
    しては"日本のために"と、もちあげてくる連中はじつに滑稽、幼稚、馬鹿ですね。
    このような学説には異論反論がついてまわって当然でしょう。仮に正しいとしても、もっと
    長く時間をかけて検証・研究が続けられるべきものだろうに、恥ずかしくないのでしょうか。

    だいいち、安全な場所にいる連中が、そんな妙なもの持ち上げて励ましてきてもですよ、
    実際に被災し退去させられた当の方々の深い落胆と絶望の前に、何の救いになるのですかね。
    このデリカシーのなさは救いようが無いですね。だからバカウヨなのです。
    愛国に浸るためなら、トンデモまで利用したい、だからバカウヨなのです。
    トンデモにトンデモだと言えば韓国人呼ばわりでしょうか、だからバカウヨなのです。
    2011/05/05(木) 02:19 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    バカウヨみてると、こいつら同じ日本人?て思うんだけど(笑)
    生活に余裕があり、精神面で恵まれた日本人なら
    「2011/05/04(水) 17:26 | URL | 管理人大嫌いっ子 #yjwl.vYIとか、
    2011/05/04(水) 18:24 | URL | あえあえ!」 なんていう
    下流社会の糞とは関わらなくて『全然』平気ですので(笑)
    2011/05/05(木) 02:29 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    我が国には、初等教育はあっても、英米流の高等教育はない。
    だから、日本人は、「下士官兵は優秀、下級将校は普通、上級幹部は愚劣」の状態になっている。

    日本人には意思がない。
    だから、意思決定ができない。
    神の意思による災害は天災、人の意思によるものは人災。
    意思という概念がなければ、天災と人災の区別も定かではない。
    人の行動を納得できるものに改めることも容易ではない。

    指導力は、指導者の社会意思の決定力である。
    意思そのものがなければ、社会問題は指導者による解決を見ない。
    「首相はオーケストラの指揮者だが、誰も指揮者を見ていない」ということは、一個人の意思に構成員が意識を集中できないことを意味している。
    問題を解決する能力のない人たちが、事態を台無しにする力だけを持っている。だから、世の中は難しい。
    問題を解決しようとしても、先送りと積み残しに終始する。なりゆき任せになる。
    「そのうち、何とかなるだろう」ということか。

    未来の内容が定かに考えられないと、起こる事態は想定外のことばかり。
    目の前に事態が現われてからでは、その対策は後手後手に回る。
    未来のことは、未来時制の構文の中で述べられる。
    日本語には、時制がなく、未来時制もない。
    だから、その計画も場当たり的というか、行き当たりばったりになる。主体性がない。

    日本人は、拙速主義である。場当たり的なトントン葺きの家づくりが得意である。
    大ブタさんのわらの家をつくる。災害に強い小ブタさんの煉瓦の家は作らない。
    作る暇などないからである。
    日本人は、過去と未来に挟まれたごく狭い時空の中にあくせくと生活している。
    精神を集中すると、その刹那も永遠に見えてくる。
    前後の見定めのない自分の話が永遠の真理を話しているような気持ちになるところが不思議なところである。

    http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
    http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812





    2011/05/05(木) 04:07 | URL | noga #sqx2p0JE[ 編集]
    独裁体制を敷いてしまうとエジプトやリビアみたいに世界中から批判を浴びてしまいますよ…。
    優秀な外国人を受け入れるのが良いと思うけど、日本に来る外国人は下層階級ばかりだからなぁ…。
    日本は労働環境が異常だから優秀な外国人を呼ぶのは難しい。
    2011/05/05(木) 12:23 | URL | 神父ソン #Y4jtOxP2[ 編集]
    日本人は意外と残虐性があるからなぁ。そんな名前の党作ったら袋だたきにされて皆殺しにされるんじゃない。特にO脚の顔でか女たちにw
    2011/05/05(木) 14:45 | URL | うえ #-[ 編集]
    まず、「東電の御用学者」と言うレッテル貼りは止めましょう。
    そして、二言目には"バカウヨガー"と言うのも止めましょう。
    みっともないですから。
    自分の論の信用性を自分で貶めている。と言う事ですからね。
    重要なのは、
    『世界各地の"低線量自然放射線地域"に住み・暮らし・生きている現地の人々の事』を忘れないであげて下さい。
    その人達は、(SF的な言い回しをすれば)この時間平面に確かに存在する人々で、
    誰かの創りだした妄想・幻影の類では無いのだから・・・。
    2011/05/25(水) 00:21 | URL | 楽園の素敵な巫女 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2372-2924c4aa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック