FC2ブログ

    スペイン人なくしてこの国の歴史の躍進なかった

    ここでは、「スペイン人なくしてこの国の歴史の躍進なかった 」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    タイトルなし

    散々クジラを虐殺したのは欧米人だけどね
    資本主義の台頭でクジラも魚も減った
    最低限の量だけ捕ってきた日本とは大違い
    視野狭すぎだよ、欧米人
    他の文化を学ぶ気なんてさらさらないよ
    連中は文化を押し付ける側だからね



    タイトルなし

    >資本主義の台頭でクジラも魚も減った

    だからそれがどうした?
    歴史における資本主義のありがたみを批判したいのコイツ?。共産党員かよ。

    >最低限の量だけ捕ってきた日本とは大違い

    クジラに関する史実はともかく、マグロなどほかの魚介類は現在どうなの

    世界中の海でタコイカエビカニに執着する日本は、

    最低限の量だけ獲っている」と言えんのかね、このタコは。


    >連中は文化を押し付ける側だからね

    バカウヨの典型的な無知と妄想乙!!!

    アジア人が勝手に猿真似の如く模倣しまくってきただけだろうが

    科学的合理性を備え、生産性、機動性に優れた精度の高い道具類、
    それらが可能にした快適便利な住環境や安全で耐久性に優れたインフラ、
    それらが可能にする個人の幸福を尊重する文化、生命を尊重する医学衛生、

    これらの流入を拒む理由がいったい何処にある?

    これらを「押しつけ」(笑)だってのかコイツ???

    優れているから、正しいから、
    何としても手に入れたくて政府や社会の指導層が競って取り入れたんだろうが!!

    恰好いいから、
    職人が見よう見まねで建物や家具を洋風や折衷造りにしてきたんだろうが!!


    メラネシアとか未開の土人ですら藁で飛行機つくって拝む儀式やるんだぞ!

    欧米の文化とは「普遍性があって粋なもの」
    であると、歴史小説家の司馬遼太郎センセも認めてる
    まさにその通りだ。

    むかし、鉄砲もって侵略しにきたのではなく、

    偶然とは云え、その仕組みを教授してくれたスペイン人には
    感謝が尽きない。


    私は一人の日本人として切に思う。
    何より、鉄砲なくしてこの国の歴史の躍進なかった、といえよう。
    槍や刀剣のままだったら確実に滅ぼされていた筈だ。



    -------------------------------

    名無しの方コメントありがとうございます。その上の典型的欧米批判厨は過去に名無し自演をした「チバケンフナバシ」のボンクラです。

    何度もアク禁にしているのですが、IPが変わる事に嫌韓コメントや、欧米、管理人叩きコメントを名無しで書き込む常習者です。アク禁のアンチの方も、何度削除しても私のブログに串を変えて粘着しています。

    そのアンチに付く別の名無し様のコメントが秀逸でブログに転載したいのですが、一日3記事の更新の枠の中では扱いきれない程、名無し様からの素晴らしいコメントが届いています。転載に数日かかる場合がありますがブログ更新の事情を名無し様各位にご理解の程お願いしたいと思います。


    虐殺や蛮行といった欧米の過去の歴史をホックリ返し、「平等」の概念を真っ先に作った白人を批判する鬼畜日本猿。チャンスがあれば欧米を滅亡に追い込みたいのは鬼畜日本猿を始めとしたモンゴロイド国家。

    フン族や蒙古襲来による、モンゴロイドの残虐で「後に何も残らない破壊と略奪、強姦の歴史」には何も言わない鬼畜日本猿。日本人の才能を引き出したのは日本人の努力もあるが、欧米の存在。

    日本人が一番大切にしなければならないのが欧米であり、欧米人が一番日本人の才能を見抜いている。日本人が欧米の親友になれるのは今しかチャンスは無い。鬼畜日本猿、ネット右翼、醜い日本メス豚の氾濫により、日本の没落は間近。

    今こそ日本はネット右翼、アニオタ、日本メス豚を葬り、アメリカの自治州となるべき。日本は大性淘汰及び、欧米との民族融合により、歴史からその醜い姿を消し去り、優秀、勤勉といった民族性のみを後世に継承させるべき。
    関連記事
     
    日本猿 | トラックバック:0 | コメント:21 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    プロキシできているんだから日本以外の書き込み禁止にしてみたら?
    2011/03/28(月) 15:59 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    今のガキなんか、クルマもテレビも惑星探査機も原発も、飛行機でも何でも
    みな当たり前のように日本人のオリジナルで昔からあった、とか思ってるかもしれないな。
    欧米文明の偉大さ、有難さなんか解らないまま育ってきてるんだろうな。
    小学生には英語より、もっと世界の歴史を、特に技術史、文化史に関して触れさせろっての。
    2011/03/28(月) 22:58 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]

    ブラウン管テレビを発明したのは、日本人ですよ!
    2011/03/29(火) 08:03 | URL | 阿部さん #-[ 編集]
    ブラウン管はドイツ人だよ
    2011/03/29(火) 08:48 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ブラウン管テレビって書いてあるの読めない?
    日本語苦手なのかな
    2011/03/29(火) 09:29 | URL | えっ #-[ 編集]
    ドイツ人の発明があってのブラウン管テレビだろ。 バカだな、お前
    2011/03/29(火) 09:35 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ブラウン管のブラウンはドイツ人のブラウン博士のブラウンです。
    彼の発明したオシロスコープがTVの元です。
    文系に指摘させるな糞理系。
    2011/03/29(火) 12:06 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    日本人の素晴らしい発明「八木アンテナ」
    積極的に取り入れ、早期から普及させた欧米人。
    (反対に無視し、発明者を冷遇した馬鹿日本人)
    日本人だろうと白人だろうと、
    いいものを素直に認め、取り入れる流れは自然なこと
    なぜ「押しつけ」になるのかね?
    2011/03/29(火) 12:16 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    くだらんケチつけている「阿部」と「えっ」は、ゆとりの滓だね。
    2011/03/29(火) 12:19 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    どこぞの韓国人みたいに一から全て我々が作ったオリジナルとか
    インチキ起源主張したならともかく、ブラウン管テレビを作ったのは
    日本人としか言ってないのにいやブラウン管を作ったのはドイツ人だ
    なんてこっちの方がよほど頓珍漢ですよ。
    2011/03/29(火) 12:38 | URL | ヨイチ #-[ 編集]
    他人の発明を踏み台にしたうえで得た功績のすべてを自分の手柄の様に騙る奴に韓国人は批判出来ないよ。
    2011/03/29(火) 12:52 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    テレビの歴史 [編集]
    1843年 - スコットランドのアレクサンダー・ベイン、静止画像を走査し電気信号に変換して、電送する装置を開発(FAXの歴史参照)
    1873年 - イギリスで明暗を電気の強弱に変えて遠方に伝えるテレビジョンの開発が始まる。
    1875年 - アメリカのジョージ・ケリー、並列式の機械走査の概念を提案。
    1877年 - アメリカのウィリアム・ソーヤー、直列式の機械走査の概念を提案。
    1884年 - ドイツのポール・ニプコー、直列式の機械走査を実現する「ニプコー円板」の発明。
    1896年 - イタリアのグリエルモ・マルコーニが電磁波を使って、3km離れた地点間でモールス信号の無線通信実験に成功(無線通信の歴史参照)
    1897年 - ドイツのフェルディナント・ブラウン、テレビの受像管に用いられる「ブラウン管」の発明。
    1907年 - ロシアのボリス・ロージング、ブラウン管によるテレビ受像機を考案し特許出願。
    1908年 - イギリスのキャンベル・スウィントン、電子式走査法の概念を科学雑誌Natureに発表。陰極線管テレビジョンを示唆。
    1911年 - ボリス・ロージング、世界で初めてブラウン管を用いたテレビの送受信実験を公開。撮像に機械式のニプコー円板と受像に電子式のブラウン管を用いた。簡単な図形の輪郭の受像に成功。
    実用レベルの受像に至るには、映像を電気信号に変換する光電管や、その信号を増幅する真空管の発達を待たねばならなかった。
    1923年 - アメリカへ亡命したロシアのウラジミール・ツヴォルキン、電子走査式撮像管アイコノスコープを考案し特許出願。
    1925年 - スコットランドのジョン・ロジー・ベアード、機械式テレビの開発。撮像と受像に機械式のニプコー円板を用いた。見分けられる程度の人間の顔を送受信することに成功。
    1925年 - アメリカのチャールズ・フランシス・ジェンキンスが機械式テレビの画像を8km離れた地点間で無線送受信する公開実験を行う。
    1926年 - ジョン・ロジー・ベアード、ロンドンの王立研究所で動く物体の送受信の公開実験に成功。
    1926年12月25日 - 浜松高等工業学校の高柳健次郎、電子式テレビ受像機(ブラウン管テレビ)の開発。撮像に機械式のニプコー円板を、受像に電子式のブラウン管を用いた。「イ」の字を表示させる。
    1927年 - アメリカのフィロ・ファーンズワース、電子式テレビ撮像機の開発。電子走査式の撮像管「イメージディセクタ」による映像撮影に成功。ブラウン管に「$」を表示。
    撮像・受像の全電子化が達成される。
    1928年 - ジョン・ロジー・ベアード、カラーテレビの公開実験に成功。
    1929年 - 英国放送協会 (BBC) がTV実験放送開始。
    1933年 - アメリカのウラジミール・ツヴォルキンがアイコノスコープを開発、野外の景色を撮像することに成功。
    1935年 - ドイツで世界初の定期試験放送開始。ベルリンオリンピックの中継が行われる。
    1936年 - ハンガリーのKálmán Tihanyi、プラズマテレビの原理を示す。世界初のフラットディスプレイの概念。
    1939年(昭和14年)5月13日 - NHK放送技術研究所による公開実験。
    1940年(昭和15年)4月13日 - 日本初のテレビドラマ「夕餉前」の実験放送。
    1941年(昭和16年)3月 - 米国でNTSC方式の白黒テレビ放送開始[1]。
    1953年(昭和28年)2月1日 - 日本放送協会 (NHK) のテレビ放送開始(日本での地上波テレビ放送の開始)。
    1953年(昭和28年)8月28日 - NTV 日本テレビ放送網、テレビ放送開始(民放での初のテレビ放送の開始)。またテレビ画面が裏返しに映る放送事故が発生した。
    主な番組は大相撲、プロレス、プロ野球などのスポーツ中継や、記録映画など。
    しかし、白米10kgが680円、銭湯の入浴料が15円程度であった当時、テレビ受像機の価格が非常に高価(20万〜30万円程度)で一般には買えないため、多くの大衆は繁華街や主要駅などに設置された街頭テレビや、土地の名士などの一部の富裕世帯宅、喫茶店、そば屋などが客寄せに設置したテレビを見ていた。
    1953年(昭和28年)12月 - 米国でNTSC方式のカラーテレビ放送規格の成立[1]。
    1954年(昭和29年)1月23日 - アメリカNBCが、NTSC方式によるカラー本放送開始。
    1955年(昭和30年)4月1日 - ラジオ東京(KRT・KRテレビ、現:TBSテレビ=TBSテレビジョン)がテレビ放送開始。
    1956年(昭和31年)12月 - NHKのカラーテレビ実験放送開始(UHF帯を使用)
    -------------------------------------------------------------------------------------------------
    (引用ここまで)

    日本人の果たした役割などごく一部のもん。テレビは日本人の発明、など無知傲慢嘲笑もの。
    テレビに限らずあらゆる文明の利器は、白人との交流による刺激なくして誕生などない。
    それらの着想自体が、おそらく浮かばない筈だ。
    昔から欧米人の知識層の間では日本人が「非科学的思考の傾向がある」と定説になっている。
    (私はNHKの歴史ドキュメンタリ番組や、様々な著書において欧米知識人の見解を目にしてきた)

    哀しいことに、イオン噴かせて「はやぶさ」とばそうが、何やろうがそれは簡単に覆せない事だろう。
    オバマ小浜でお祭りやってる馬鹿とか、今回の原発での無能無策ぶりが
    「最新のテクノロジーを産む日本」のイメージよりも先行するからだ。それは今後も同じだろう。

    2011/03/29(火) 13:11 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    では聞きますが「ブラウン管テレビを作ったのは日本人」という発言の何処にあなたの
    言う「他人の発明を踏み台にしたうえで得た功績のすべてを自分の手柄の様に騙る」
    部分があるのでしょうかね?単に普遍的な事実を述べただけで書いてもいないことを
    騙ったことになるので?
    2011/03/29(火) 13:13 | URL | ヨイチ #-[ 編集]
    >1936年 - ハンガリーのKálmán Tihanyi、プラズマテレビの原理を示す。世界初のフラットディスプレイの概念。

    今読み返したんだけどコレ凄いな。
    2011/03/29(火) 13:17 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ヨイチみたいな日本人だけで世界が回っていると思い込んだクズは嫌だね
    コイツみたいなゴミが津波で死んだ方がよかったのにさ
    2011/03/29(火) 13:24 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ブラウン管作ったドイツ人がいなかったらブラウン管テレビは作られない訳よ。
    この意味分かる?
    2011/03/29(火) 13:29 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    ここにアンチで粘着してんの自称理系っぽいの多いけど、皆馬鹿っぽいな。
    リアルじゃ文系の奴隷なんだろうな。俺たちの為に働け奴隷!!
    2011/03/29(火) 13:34 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    こっちが聞いたことにも答えて欲しいものなのですがねえ…

    まあそれは良いとして、あなたの発言って結局そのドイツ人の前のアメリカ人が
    云々イギリス人が云々となるだけで実に不毛な発言だと思いません?
    2011/03/29(火) 13:41 | URL | ヨイチ #-[ 編集]
    http://www.geocities.jp/fghi6789/shizen.html#gijutsuboukoku

    たいへんおもしろいです。支持者の方もアンチの方も、まずはご一読を。
    2011/03/29(火) 13:53 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    >>2011/03/29(火) 13:11 | URL | 管理人大好きっ子
    自分の身勝手な予測に基づく発言が多いですね。
    貴方は「それらの着想自体が、おそらく浮かばない筈だ。」と仰せっていますが、
    歴史のIFは誰にも予測出来ない事であって、勝手に断定してそれを根拠とした話をするべきものではないですよ。
    それに、日本人の影響は微々たるものとも仰せっていますが、
    貴方が実際に、その頃のテレビの開発に携わったのでなければ、貴方にはそんな発言をする資格はありません。
    それとも、テレビ開発において何が何にどのような影響を及ぼしたのか完全にご存知なのですか?


    >>2011/03/29(火) 13:29 | URL | 管理人大好きっ子
    でも、ブラウン管を制作したドイツ人はブラウン管テレビを作れなかった。これも事実ですよね。
    発明を実用化できる人間が居てこそ、発明というものは活きてくるのではないですか?
    それに、貴方の理論でいくと、貴方はネアンデルタール人を文明の父として崇めなければなりませんよ。
    彼らが火の利用法を発明しなかったら、現代文明は存在しなかったのですから。

    >>2011/03/29(火) 13:34 | URL | 管理人大好きっ子
    少なくとも、人に向かって「俺たちの為に働け奴隷!!」
    とか臆面もなく発言できるような知性しか持ってない人間よりは賢いつもりなんで安心して下さい^^
    人の心配より、まずは自分の心配をした方がいいですよ。

    >>2011/03/29(火) 13:53 | URL | 管理人大好きっ子
    途中まで読みました。面白いですね。
    書いてある事がどこまで本当なのかは私には分かりませんが、
    先見の明のない人間、無知無能な人間、不合理なルールや行政機構によって
    科学の進歩が阻害されているとしたら、それは実に残念な事です。
    2011/03/29(火) 14:16 | URL | 阿部さん #SwkkT.bk[ 編集]
    >たいへんおもしろいです。支持者の方もアンチの方も、まずはご一読を。

    >管理人大好きっ子さんへ

    真実を書いた私にもわかりやすい
    記事を紹介してくださってありがとう。思ったら、日本を代表する
    素晴らしい技術を持ったエンジニアの中には日本の本当の姿を知っている人も多いのではないかと思いました。医学や工学、料理に詳しい人など。
    読んで本当によかったと思っています。私だけ読むのはもったいないから紹介しておきます。
    2014/01/11(土) 17:15 | URL | 麻紀絵 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2256-9d87df43
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック