FC2ブログ

    例の二人の愛の巣。

    ここでは、「例の二人の愛の巣。」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    例の二人の愛の巣。


    >まぁ微妙にこのブログの事も扱ってましたが、ここに書き込まないところをみると滅茶苦茶肝っ玉は小さいですな。
    (例のトコよりコピペ)

    ええ、こちらの読者様方は皆紳士淑女ですから、
    貴方二人の逢引きの場にお邪魔なんか致しませんよ。ご安心くださいね。



    ウザい「懐疑主義者」が消えた事で「007さん」の愛を独占できるanti。
    「あいつらホント馬鹿だね、相変わらず論理性の欠片もな・・・」
    話を続けようとする彼の唇を、唐突に熱い舌で塞ぐ「007さん」。
    antiもそれに従い、追うように激しく舌を絡ませ続ける。
    (・・・・山葵っぽいかな?)antiが感じたとおり、「007さん」は
    ついさっき漬け鮪の茶漬けを召していた。

    ・・・・・・・・・・・・「ハアハアと言っててごらん」着衣を剝かれた
    antiの背後を「007さん」の猛った肉芯が貫く。「007さん」の両掌がantiの
    ふぐりをしっかりと捕え、扱き、また愛しむ。
    「痛いよアアあんまり強ク握ラナイデぇえッ、、フンフンッ」antiのハイトーンな声色を
    伴う身悶えにサディスティックな歓びを得、感極まった「007さん」はanti
    の不浄な臓腑の火照りの内で怒張した肉芯を脈打たせた。
    熱く重い白濁がantiの肛内で溢れかえる。
    同時にantiのクレヨンの如き華奢な勃起からも透明な我慢露が止め処なく
    溢れ出した、それには真珠のような小さな白濁塊が幾つか混じる・・・

    「007さん」の猛りが去った刹那、antiの背後の門は厚く捲られ、
    そこに真っ赤な肉の輪ができて妖しく照っていた。
    胆汁と血と精液のあぶくを沸き漏らして・・・
    その様は発情した雌猿の生殖器のように鮮やかでグロテスクである。
    いま一匹の下劣な猿女と化し、再び「007さん」を求めるantiであった・・・。
    ・・・・・・・・嗚呼、今宵もjipangブログの倒錯の夜が更けてゆく・・・・




    気に入らない相手を潰す為なら、自分の信条に反する人間(差別反対)とでもコンビを組むクズ。

    結局自分では何も答えられない、反論もできない、だから一緒に粘着、詭弁、精神攻撃をする仲間が欲しいだけ。

    これが糞田舎者の人間潰しの手法。だから最終的に誰も信じられない、猜疑心が生まれる。永遠のクズ、それが糞田舎者。
    関連記事
     
    ブログに粘着するクズドモ | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    永遠のクズはあんただよ。河童。
    今回の記事の内容ーどうやらあんたが書いたものでは無いようだがーの方がひどいと思うぜ ?
    記事にある「懐疑主義者」は消えちゃいない。
    確か、2ちゃんねると言う掲示板にいたな。
    俺は見たからな。そっちメインなんじゃねーの ?
    あんたにしろ、元々の書き手にしろ、情報収集能力が足りないようだなwwwwwwwww
    2011/03/27(日) 16:27 | URL | 悪魔日本猿ネットカフェver. #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2246-0fcc8c39
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック