FC2ブログ

    子育ては免許制に

    ここでは、「子育ては免許制に」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    神父ソン 様からの投稿

    子育ては免許制に
    http://gumin.xxxxxxxx.jp/3.html
    のページから転載



    金がないのに子供を作るな

    親に十分な金がないと、子供に悲劇が待っている。欲しい物も買って貰えなくなるのは勿論のこと、何より深刻なのが、大学の学費を出せないと夢を諦めることになる。低学歴になるとその分、就くことが出来るまともな職業が減り、子供まで貧困に喘ぐことになる。これを、「貧困の再生産」と言う。奨学金は将来返さなければならない。親の貧困が原因で子供が苦しまなければならなくなる(こんなことを言うと、学歴社会を批判し始める馬鹿がいそうだが、そんな筋違いなことは言わないこと)。

    これは日本の政策の問題だ。日本では国公立大学ですら授業料が年間50万円以上掛かる等、学費が高い。大企業や金持ちからもっと税を取るとかして、より教育に金を掛けなければならないのだが、いくらそうだからと言って、金がなくても教育を受ける環境が整うまで子供を作ってはいけない。現状では、金がなければ子供を諦めるべきだ。いくら正論を言った所で、直ちにはどうにもならないのである。

    本当は、親は私立大学の医学部にも行かせられるだけの金を用意出来なければならない。大学によって学費に差はあるが、少なくとも平均程度は用意しておかねばならない。子供が複数いる場合は当然全員が行っても大丈夫でなければならない。こんなことを言うと、「勉強して国公立に入れば良い」と言う人が結構いる。しかし、なぜ自分は勉強しなければならないのに、金持ちの子供はそれ程勉強しなくても良いのか、と聞かれれば終わりだ。少なくとも進路だけは平等でなくてはならない。「私の子供は医学部なんて目指さなかったから良かったではないか」などと平然と言う愚民がいるが、それは結果論だ。其奴はもし子供が医学部を考えたらどうなるかを考えなかったのだ。

    「子供を作る権利」とか言い出す馬鹿が一部にはいる。このような愚民は、子育てを自分の楽しみの為としか考えておらず、子供の人権なんて考えていないから、こんな奴に子供を作らせてはいけない。子供を作ることは、親にとっては単なる楽しみの1つに過ぎないが、子供にとっては自分の人生が懸かっていることだ。だから、親が楽しむ権利よりも、どうせ生まれるならまともな生活をするという子供の権利の方が優先されなければならないのである。



    親に感謝するということ

    多くの親が金銭的に十分と言える環境で子供を作っているとは言い難い。しかしながら、それで親を恨んでいるという声は決して多くはない。それは金銭面よりも、この世に生んでくれたことに対する感謝の方が上回っていると考えている人が多いからだ。

    しかし、本当に貴方が享受している程度の楽しみで生きていて良かったと言えるのか、生きることは苦しみを読んでもう一度考えてみて欲しい。もし、何もしなくても食べていけて、生きる楽しみだけを享受出来るのなら親に感謝すれば良いが、そんなことが出来るのは金持ちの息子くらいだ。殆どの人は苦しみの方が多いのだ。

    その僅かな楽しみでも、それを享受させてくれた親に感謝するという人がいるが、感謝のハードルが低すぎだ。そこまで感謝のハードルが低い所為で、大学の学費を汗水垂らして稼ぐという、本来ならば親として当たり前のことが感謝の対象になってしまう。すると、親がそれを出来なくても、それで普通になってしまう。

    多くの人は、親には感謝すべきとか、敬うべきと考えている。日本ではまともな宗教は衰退してしまったが、どこの宗教でも同じことを言っている。ここ最近、庶民の生活は苦しくなってきているが、それでも現代は人類の歴史上では最もマシな時代である。昔は生きているだけで幸せだと考えてそれで親に感謝するとか、或いは欲望を捨てるとかでもしないととてもやっていけなかったのかも知れない。



    親の責任

    このコラムでは、やはり最も重要なことである進路の選択範囲が親によって変わってしまうという問題を挙げたが、他にも親の義務というものは数多くあり、親の責任は限りなく重いのである。

    人間を育てるということは、誰にでも出来るものではない。教員に免許が必要なのに異論はなかろう。教師よりも親の方が子供に与える影響が大きい。だから親になるのも免許制にしなければならない。ぶっ飛んだ主張に聞こえるかも知れないが、馬鹿でも誰でも親になれる現状をおかしいと思わない方がおかしい。親は家庭では警察でもあり、裁判官でもあり、政治家でもある。子供は親には逆らえない。給食費の滞納とか、モンスターペアレントとかが最近問題になっている。こんな愚民が親になることを許してはいけない。結局一番不幸になるのは子供なのだ。

    ますます少子化が加速するとか馬鹿なことを言われそうだが、不幸な人が100人いるよりも、幸せな人が10人いる方がずっと良い。

    タイトルなし

    「子どもを育てられないでしょ」って…。
    誰でも子供を産む権利があると思ったら大間違いなんだよ。
    この国では子育てにかかる費用が多すぎる。
    世帯年収が1500万円を超える家庭ですら子供二人を育てるのが精一杯だというのに、年収400万円程度で子育てとかアホかっ!
    勘違いする人がいるかもしれないので念のため言っておくが、私は決して女の高望みを肯定しているわけではない。
    貧乏人や遺伝子的に駄目な奴は子供を作ってはいけないと考えている。



    --------------------------


    私は「子供の出産」にまで規制を敷くべきではないと思う。

    私はどうしてもこの文章からは高卒=無能、低学歴=無能、不幸と聞こえてしまう。当然大卒だけでは社会は回らなければ、嫌な仕事をしてくれる人間も必用。

    「何故自分が生まれてしまったのか」は、永遠の疑問であり、「生まれたくなかった」という言葉は両親に対する最大の侮辱的言葉だと思う。

    「子供を幸せにする自信がない」人は、生まなければ良い、だからと言って他人の選択にまで干渉、規制するべきでは無い思う。勿論、自分の意見を回りに広めるのは問題は無い。

    日本メス豚が結婚相手の年収に拘り、「子が親の経済性、学歴、境遇」を恨む日本の風潮は、日本人を世界でも最も不幸にしている。

    日本人が少しでも高等教育を受けられる様、奨学金制度の充実、大学の授業料の無償化、文科系教員の報酬5割カット、不採算大学の削減等するべきだ。

    日本人の幸福に対する概念は途上国にも劣っている。家畜の様に増える途上国の人間は日本人から見れば「馬鹿」に見えるだろうが、愛も無く、義務や世間体で「家畜の様に子供を作る」無機質な会話の無い日本人の家族形成も途上国から見れば「奇怪」に感じるだろう。

    これも日本人の容姿が醜い日本メス豚との恋愛は「拷問」でしか無い現れが、「子育て免許制」などという思想の根底と成っているのだろうか。

    一生変化の無い「地獄」と「監視」「規制」「世間」「拘束」という環境で子育てをする日本人、貧乏でも「家族愛」という概念で喜怒哀楽と強い絆で結ばれる途上国の家族。

    もし同じ家畜であるのなら、愛と笑いに満ちたDQN家庭を私は選ぶ。誰に何と言われようと、好きな人が居るのならば、子供を作るのも選択の一つだろう。

    ---------------------------------


    潘多拉 様からのコメント

    タイトルなし

    子供を育てられないという言葉は金持ち男だけを探す理由にすぎない。
    こいつ等メス豚は自分だけがいい思いをしたいとしか考えていないからだ。

    そして自分自身の生活の安定しか考えていない寄生雌豚に
    子供を育てるのは無理だ。


    こう云う親は子供に何一つ教育せずに好きな物を好きなだけ食わせて
    欲しい物を好きなだけ与えてしまう。

    その結果暴力的で我儘な将軍様気取りの豚人間に育ってしまうのだ。

    ----------------------------------

    外国人女性は強い、「女性も働く」のが当然だと考えている。無職のボンクラ旦那を養う女性も居る。

    旦那だけの収入で生活できないという事情もあるのだろうが、女性の労働意欲は強い。

    日本人女性も「強い」外国人女性の労働意欲を知るべきだ。
    関連記事
     
    日本猿女 | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    いやぁ、素晴らしい論文ですね!
    ひとつの社会学のテーマとして扱っても恥ずかしくないですね。

    ですが、学術界だと、こういうシビアだけれども最も通用するような内容だと、偽善どっぷりの左翼リベラルおよび愛国土人保守の連中から村八分にされて、学術界から異端視されて追放されるのですよねぇ…。

    日本人の宗教だと思います、過去の『恩』について逐一語り、恩義を着せるのは。 

    本来ならば、過去の事象についてあーだこーだ議論したりそれをもとに行動するよりも、未来について生産的な行動を考察し実行することのほうが大切。

    親も、子供に恩を着せるよりも、子供がこちらから言わずに一生寄り添ってきてくれるだけの愛と英知を与えるべき。 んまぁ、卑屈で常に相手を非生産的な意味で批判することに夢中な倭族には無理だろうが。
    2011/02/23(水) 23:21 | URL | 恩義(Oblige347) #AE2KZNZg[ 編集]
    お前ら、町中歩くとき免許ちゃんと持っとけよw
    2011/02/24(木) 11:46 | URL | 清正 #-[ 編集]
    転載元のサイト、俺は大嫌いなんだが、嫌いな奴の言ってることの中にも、ある程度頷けることが埋まっているのを見出すべき、という態度だ。
    嫌いだからと、上から目線で何が何でも否定したい、という奴等は心が卑しい連中にすぎないのだ。
    2011/02/25(金) 09:14 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    就業力に乏しい層が安易に結婚出産離婚して生活保護受給(受給のための偽装離婚も多い)
    、これを複数回も続ける者もいる。もちろん子供も将来そうなる。
    DQN旦那がろくな仕事に就いてないのに子供手当が貰えるから、勤めダメになったら生保で
    も食えるから子供を更に増やそうだとか、実際そういう夫婦が俺の近所に住んでいる!

    それが社会を圧迫し続ける営みになっているのが解らんのか。
    この実態について早急に強硬的施策が必要。少子化や非婚を憂慮する以前に
    とにかく、こいつらみたいに社会にタカる無自覚な犯罪者を何とかしろ。

    この深刻な問題への目をそらすために、「積極的」独身者を含む単身世帯の幸福・価値観を
    尊重せず、それを恥や罪のように見なす偏向した世論を醸成し続けているだけの無能な
    糞役人、御用糞学者、糞マスコミの偽善欺瞞ぶり。ほんとうに唾棄すべき現実である!

    2011/02/26(土) 00:56 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2149-e1039303
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック