FC2ブログ

    差別にも差別利権にも反対である。

    ここでは、「差別にも差別利権にも反対である。」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    読者様からのコメント


    数代遡って出自がどうであれ、
    現在生業として屠畜や食肉、皮革加工に真摯に携わって生活している方々まで
    何故悪く言われ続けるのか。これらの技術や産業が無くて世の中どうする!!!
    これらの仕事を、ただ「穢い、卑しい」と蔑むなど、日本文化の醜悪な特殊面、
    愚劣な国民性が如実に表れている例であろう。

    西洋でも同じような職業蔑視・差別が存在していた。しかし、中世に遡ればの事
    であり、更に時代が進むと、こうした仕事で職能権力化・貴族化した歴史がある

    (※西洋における差別に興味ある方は、小樽商科大教授の阿部謹也氏の著作を勧める)

    (元々の差別が原因なのだが・・・)残念なことに、ろくに働かず、
    いわゆる「被差別者団体」利権にたかって何代も食っている者が多いとされるから、
    いまだに深い差別感情が続くわけだろう。
    まあ、関西地方特有の事情だと云えば、それまでの事かもしれないが。

    私は関西じゃないが、それでも畜産業の盛んな地域の話題になると、ごく偶にだが
    そこの住人について「差別的」な揶揄をして嗤う輩に出くわす。
    そういう輩は、やはり関西方面の出身だったりする。
    普段の私の周りは、まあ、殆どの場合、
    肉屋さんとか、ましてや靴屋さんが差別って?何ソレ? という具合ではあるが。

    難しすぎてもう考えられません・・・

    ・・・探れば探るほど、この問題が、ほんとうに根が深すぎて難しいのです。弥生時代辺り
    まで遡って研究しなくてはならないようです。ですので、私みたいな者が軽々しく語れない
    のですが、どうやら、織物・焼き物・藁細工ほか、あらゆる手仕事系の職人全般ですとか、
    または歌舞伎や文楽などの芸能に関し、現代に於いても、中世以来からの差別が続いたまま
    (もちろん制度の上ではなく、世間一般の意識の中の底のほうにですよ。)らしいのです。

    日本人が、日本古来の素晴らしい伝統文化・芸能を受け継ぐ人たちを、誇りにするどころか、
    卑下し続けている実態。「日本にカースト制がある」と、欧米メディアにも暴かれています。
    日本の醜い闇ですね。隠蔽される訳です。「普段聞いたことがない」のも当前でしょう。



    ----------------------------

    鬼畜日本猿の実態は欧米メディアに暴露してもらう以外、日本猿は決して聞き入れようとしない。

    権威主義、詭弁、屁理屈が通じない「外国人」によって、海外で鬼畜日本猿の実態を記事にしてもらわない限り日本猿は目覚めない。

    私は海外メディアに協力したい。日本での革命は、大量の日本メス豚の性淘汰へと繋がるだろうが、忌まわしい日本の習慣や、体質、日本人の国民性が、日本メス豚の絶滅と、外国人女性の流入に伴い改善されるだろう。



    関連記事
     
    社会 | トラックバック:0 | コメント:10 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    さすがは朝鮮人やで
    2011/02/23(水) 13:32 | URL |   #-[ 編集]
    卑しい民族・・・・
    2011/02/23(水) 15:08 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    それよりもさらに卑しいメスブタが何を言っているんだ
    2011/02/23(水) 16:15 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    私に言ってるんですか?
    2011/02/23(水) 17:51 | URL | ↓ #-[ 編集]
    Name:とSubject:を間違えるなんて相当知能指数が低いようですね
    びっくりしました

    間抜けな雌豚はさっさと豚舎へお帰りください
    2011/02/23(水) 18:57 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    悔しいです><
    2011/02/23(水) 20:12 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    だから、それは日本人じゃね~からw。
    酒飲むと、やれ民族序列やら、非差別人種やら言う奴等だろw
    2011/02/24(木) 11:43 | URL | 清正 #-[ 編集]
    『くたばれ、ジャップ野郎!』
    Amazonで探しました。本の画像はUPされていませんが、この本は92年の発売当初、
    「原爆投下は当然だ!」の帯がついていたらしい。
    (現在750円から売っていますよ。)
    ---------------------------------------------------------------------------

    くたばれ、ジャップ野郎!―日本軍の捕虜になったイギリス兵の記録 [単行本]
    ジャック エドワーズ (著), Jack Edwards (原著), 薙野 慎二 (翻訳), 川島 めぐみ (翻訳)

    内容(「BOOK」データベースより)
    日本兵たちの暴力支配のもと言語に絶する苛酷な強制労働、そして飢え。次々と仲間が死んで
    いく。米軍が上陸してくればみな殺しにされる計画も察知され、必死の対抗策がひそかに練ら
    れる。元捕虜の深い怒りと怨念の声を私たちはどう受けとめ、どう答えるか。

                               (・・・Amazonのページより抜粋)
    2011/02/25(金) 08:52 | URL | 『くたばれ、ジャップ野郎!』 #-[ 編集]
     笑っちまうな。ジャップ警部はここにはいないというのに。
    ん?差別語の方か。
    韻を踏んでいたのでな。間違えた。
    まあ、英国人もちったぁ自分の祖先のやったことを考えろよ。
    暴力支配されたり、殺されても仕方のないことを散々やりまくってきたじゃぁないか。
    悪魔日本猿の俺から見たって、そいつは確かさ。
    英国担当の悪魔がこぼしていたよ。
    「俺らはやり過ぎちまった。」ってさ。
    で、今は沈静化工作に全力を挙げているそうだ。
    七つの海を支配するほどの軍事力と強固な身分制度。
    創ったのはいいが、薬が効きすぎちまった。と言うことらしい。
    で、俺ら悪魔日本猿支部にオファーが来たんだ。
    「そっちから戦争を仕掛けてくれ、環境はこっちで整えるから。」
    とな。
    幾度かの会合を持ち、英国担当悪魔と米国担当悪魔と日本担当悪魔が「戦争」を引き起こすことになった。
    最初のターンは俺。英米側は「わざと」手を抜かせていたから事は上手く運んだ。
    「本気を出した振り」をして、英国担当と米国担当がこっちの側に攻勢を仕掛ける。
    一応戦争らしくする為、俺ら三人は地上の連中の軍事関係の本だの何だのを読み漁った。
    英国担当悪魔が揃えたアフタヌーンティ一式を使って、
    スコーンだのなんだのつまみながらやってたのさ。
    俺の文章に軍事用語が混じるのはその名残って訳だ。
    粘りに粘ってる俺側に対し、米国担当が”原爆”を投下。
    (あの時はちょっとヒヤリとしたな。遠隔操作用のゲーム盤が燃えそうになったからだ。すぐ消したけどな。)
    で、頃や良し。と俺は「有条件降伏」の表示をした。
    戦後処理ターンでは、英国・米国担当悪魔の好きにさせた。
    で、俺があたかも不満ありげに抵抗して「見せる」。
    初めから八百長をしていた訳さ。
    可哀相なのは、ジャック・エドワーズみたいな奴らさ。
    遠隔洗脳されていたからな。
    どうも、英国担当悪魔は遠隔洗脳する際に
    精神干渉銃の「短期的精神干渉」と「長期的精神干渉」のスイッチを間違えて入れたらしい。
    気を付けて欲しいものだ。
    あいつは言っていた。「装置が古いタイプだったから」と。
    まあ、あいつの担当地域は古い物を大事にするからな。
    悪魔工作装備も旧式のが多いって事だな。
    話が長くなった。また別のエントリーとやらへ行くとするぜ。
    2011/02/25(金) 14:28 | URL | 悪魔日本猿(笑)ネットカフェver. #-[ 編集]
    なんだこの厨二はwこれがゲーム脳の廃人か
    2011/02/25(金) 19:37 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2147-86cf8c0a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック