FC2ブログ

    画力向上についての基礎

    ここでは、「画力向上についての基礎」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?


    画力検定員様からのコメント


    画力向上のためのアドバイスをさせていただきました。どうか今後の作品にお役立てください

    画力検定員です。

    記事を拝読させていただきました。
    同機はどうであれ、絵の道を志し、努力するという姿勢は素晴らしい物であります。
    そこで、前回は画力向上のための基礎的なテクニックをアドバイスさせていただきましたが、今回は絵の方向性についてここに記したいと思います。

    作者様の以前の記事によれば、やはりペイントとマウスで描いていらっしゃるようですね。
    実を言いますと、ペイントとマウスだけでは画力に限界が出ます。
    確かにマウスだけで綺麗な絵を描かれる方もいますが、そういった方はベジエ曲線を用いたツールで描かれています。
    Adobe社Illustratorや、フリーのPixiaなどが代表です。
    マウスで描くことにこだわるのならば、導入をお勧めします。


    また、純然たる画力の向上を目指すのであれば、ペンタブレットの導入か紙と鉛筆による作画をお勧めします。
    最近は携帯のカメラという便利なものがあるため、以前に比べてアナログ画のアップロードが容易になりました。
    ぜひ、アナログ作画もご検討ください。

    作者様の画力の向上とご健闘を期待しております


    画力向上についての基礎

    画力検定員です。

    ここでは、画力向上についての基礎的なことについて記したいと思います。

    まず質問です。
    絵の上手い人と下手な人の違いはなんでしょうか?
    答えは、自分の思い通りに腕が動くか否か、です。
    絵の上手い人は、自分の思い通りに腕を動かし、ペンやマウスを操ることができるため、自身の頭にあるイメージを紙や画面に投影することができるのです。
    ですが絵の下手な人は、思い通りに手が動かないため、線が震えたりバランスがおかしくなったりして、イメージが歪んだ形で投影されてしまうのです。
    心当たりはありませんか?

    ですが、悲観しないでください。
    訓練次第で、人はいくらでも思い通りに腕を動かせるようになります。
    子供が練習を重ねて箸やナイフとフォークを操れるようになるのと同様に、誰でもペンを操れるようになるのです。

    では、どうすれば手が思い通りに動くのか?
    答えは簡単です。練習あるのみ、です。
    ですが、ここで毎日自分の頭の中にあるものをただひたすら描いていては、画力は向上しません。

    家の中を見回してください。写真はありますか?動物の写真でも結構です。
    出来るだけ人の顔の映っていない写真を用意したら、それを上下逆に置いてください。
    そして、その上下逆の写真を上下逆のままに模写するのです。
    終わったら、写真と絵をひっくり返して見比べてみましょう。
    そして、写真と絵の違う点をチェックして、反省点として絵に書き記してください。

    以上が訓練の内容です。
    写真を逆さにするのは、見た物に対する先入観を消し去り、完全に目から入ったものを描く、という訓練をするためです。
    そして反省は、書き記すことで次回はそこを直そうという意識の原動力となります。
    これを一日一回でもいいので毎日繰り返せば、徐々に画力が向上していきます。
    地味かもしれませんが、頑張りましょう。
    また、模写した紙やデータは捨てずに、日付を入れて保管しておきましょう。
    あとで見返せば、やる気の源となります。


    それでは、今回はここまでです。
    作者様の画力の向上とご健闘を期待しています。



    -----------------------------------------


    画力検定員様


    大変為になるコメントありがとうございました。

    やはり画力とは、努力で向上するものなのかもしれませんが、「好き」でないとかなり厳しいものだと感じました。

    体調や、精神、脳のコンディション、疲労によって集中力が無くなります。せめて相手に私がどんな漫画や動画を作りたいのか説明できる程の画力を付けたいと現在奮闘しています。

    貴重なアドバイスありがとうございました。




    関連記事
     
    管理人漫画 | トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    画力がどーのこーの言う前に、

    足で絵を描こうという事を止めて、ちゃんと利き手で絵を描けばいいだろ
    2011/01/23(日) 16:44 | URL | (たま) #-[ 編集]
    問題は、絵の上手い下手じゃないんだがなw。
    キモオタは知能低いねw
    2011/01/23(日) 22:01 | URL | 清正 #-[ 編集]
    画力検定員さんの言うのは正しいが、
    いかんせんそれを使う河童が、その力を邪悪な目的に使うつもりでいるんだからなぁ・・・・(脱力)
    悪魔の俺から見ても、河童はひどいぜ。完全無欠な位にな。
    悪魔よりひどい奴って、今までに会ったことはないからな。(ドヤ顔)
    2011/02/05(土) 15:29 | URL | 悪魔日本猿@ネットカフェver. #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2106-0525897b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック