FC2ブログ

    「これほど醜い日本人女性」漫画化作者募集について

    ここでは、「「これほど醜い日本人女性」漫画化作者募集について」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    >『守って貰って当然、やって貰って当たり前』
    >もし、管理人がこう考えてるなら普段叩いてる誰かと一緒になるぞ?



    何故そう思ったのか、何故そう感じるのか、何処の文脈からそう推測したのか、貴方の感情からそういう結論にでたのか教えて欲しい。

    私は漫画の描き方を独自に調べ、自分で書こうと努力をした。しかし人間には「才能」というものがある。

    私には「絵心」が全く無い。どんなに頑張っても「人間の顔」の様なものしか描けない。

    参考資料:管理人が描いた漫画

    hazimete.png


    そして、最後の問題が「時間」だ。私は早くて21時、遅くて深夜の1時に帰宅と言う生活を1年以上続けている。

    私はまとめブログの更新で精一杯で、動画を作るか、ブログを更新するかの一つしか余裕がない。

    私は、「遣って貰って当たり前」とは思っていない。だからこそ、前回書いた条件を提示した。

    漫画を描いてくれる人は、100万分の一以下の確立だろう。

    私は「一人では賄いきれない」作業を、協力者を募集する事で、活動のスピードUP、相互リンクによる知名度UPを目指している。

    貴方が信じるか否かは別として、私は限られた時間の中で最大限の努力をしている。そして今私は新たな動画制作に取り組んでいる。見る分では4、5分でも制作にはかなりの時間が必要とされる、そして毎日動画制作ができる訳でもない。

    漫画も何とか自分で書こうと努力をしたが、一コマすら絵が下手糞すぎて人間の顔が描けない。これだけは「才能」の限界であり、私に共鳴してくれる方、もしくは私に反感を感じている方に漫画制作を委託するしか現状では方法を見つけられない。



    関連記事
     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:8 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    本当にバカウヨはどっちもどっち論が好きだね笑
    2011/01/17(月) 15:24 | URL | あ #-[ 編集]
    「これほど醜い日本人女性」を漫画化するというのは素晴らしい案ですが、あいにく私も絵は下手で、漫画と呼べるようなものは書けません。
    世の中というものはなかなかうまくいかないものですね…今後、漫画を書ける方が「これほど醜い日本人女性」に賛同してくださるといいのですが。
    2011/01/17(月) 21:39 | URL | 美意識革命隊 #F/BhxMjk[ 編集]
    >何故そう思ったのか、何故そう感じるのか、何処の文脈からそう推測したのか、
    >貴方の感情からそういう結論にでたのか教えて欲しい。

    まず、話に前置きがある以上、飛ばさないで書いて欲しい
    読む人が曲解する可能性があるんで以下に全文を載せる

    それと『法解釈が入る』から長いし部分的にややこしいぞ…覚悟しといてくれ

    >>著作権問題について
    >>多方面に配信する以上、ココは避けて通れない問題となってくる
    >>創作物のプロテクション(保護)は『誰かにして貰う』んじゃなくて
    >>『自分でしなくちゃいけない』んだよ…だから著作権にグダグダ言うワケ
    >>『守って貰って当然、やって貰って当たり前』
    >>もし、管理人がこう考えてるなら普段叩いてる誰かと一緒になるぞ?

    で、『著作権』って以上『権利』の一部だってのは理解できるよね?
    んじゃ『権利』って何?って事だ

    >権利(けんり)とは、一般に、ある行為をなし、あるいはしないことのできる資格。
    >法律上は、一定の利益を主張または享受することを法により認められた地位、
    >あるいは、他人に対し一定の行為・不作為を求めることができる地位をいう。
    >日本において権利は権限を含む。(wikiより引用)

    ってワケ、つまり…『権利って自分から取得しにいかないと得られないモン』
    だからあ~いう言い方(守って貰って当然、やって貰って当たり前)をしてるだけ


    んじゃ、『著作権の権利者に該当するのはどんな人?』ってのを説明すると…

    >第二節 著作者

    >(著作者の推定)
    >第十四条  著作物の原作品に、又は著作物の公衆への提供若しくは提示の際に、
    >その氏名若しくは名称(以下「実名」という。)又はその雅号、筆名、略称その他
    >実名に代えて用いられるもの(以下「変名」という。)として周知のものが著作者名
    >として通常の方法により表示されている者は、その著作物の著作者と推定する。

    >(職務上作成する著作物の著作者)
    >第十五条  法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に
    >基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を
    >除く。)で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は、その作成の
    >時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。
    >2  法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラム
    >の著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、
    >その法人等とする。 (著作権法より抜粋)

    長いし、わかりにくいよね?要約して説明すると…

    まず、『著作権を行使する以上、名前は入れないとダメ』
    1.作成者に権利が与えられる
    2.法人における職務上の著作物については法人に属する
    2-2.プログラムは職務上の取り決めがあれば法人に属する、そうでなければ個人に属する

    今回の話…投稿作品はどれに該当する?というと、答えは『どれにも属さない』
    だって『法人』じゃないよね?ましてや職務上の創作物でもないワケ

    ココが『問題点の1つ』として上げられる
    管理人に作品が集まったとして、今の謳い文句だと『権利は創作者側』にある
    いくら管理人が『それは違う』と主張しても『法の解釈上』そう判断される

    なら、コレを回避するのにどうするか?というと…

    「投稿頂いた作品に関しては『これほど~委員会(仮)』に帰属します」

    とでも書いておけば法律上の権利委譲になってくる
    よくテレビでやってるだろ?『投稿頂いた作品は●●に帰属します』って
    アレだよ、アレ…そ~いうところは参考にしなくちゃいかんよw
    加えてブログや作品のどっかに『copyright』を入れるとイイ
    ※『これほど~』サイトにやってるよね?アレと同じ事をやればいい

    前にレコチャの画像の保存を教えた時に『使い方間違えるなよ』といった理由が
    コレで分かるだろ?アレ書いてある時点で『この画像には権利行使してますよ』
    となってるんだから『法の対象になってる』…だからあ~言ったんだ

    だから、管理人が最初にやらなくてはいけないことは分率の話なんかじゃなくて、
    『権利について明確』にしなくちゃいけないワケ

    『これほど~』の団体でも権利行使して、創作側個人で同じモノを権利行使したら
    どうなると思う?裁判になってもおかしくないんだよ(って実際に裁判になってる)

    先の対策をしなくちゃ『係争が起きた時にあっさり負ける』よ…いとも簡単にね

    だから、感情論や理屈で言ってるワケじゃないのは理解して欲しい
    ちゃんとした法解釈に則った言い分なワケだ
    ※プロの足下にも及ばんが、コレ(法律知識)も知らんワケじゃないから
     理由や自身の経緯については最後に示す


    ついでだから『管理人の文言の穴』を教えてあげる
    やばい事だから『早急に訂正する事』をお勧めしとく

    まず一つ目
    >但し作品の最後に「これほど醜い日本人女性」原作と、クレジットに書き込む事。
    「これほど醜い日本人女性原作」ってなってたら『著作権含め全ての権利が管理人側』
    になっちゃってるワケよ
    コレだと『創作側の権利は何処にあるの?それともないの?』って問題が出てくる

    この部分は『協力やら協賛(場合によっては提供)という形でクレジットを載せる』なら
    意味が分かるけどね
    ※もちろん『これほど醜い~』からアイディアを引用をした場合『原作という表記』が
    必要になる事は言うまでもない(ココについては『管理人が主張すべき部分』となる)

    二つ目として
    >「これほど醜い日本人女性」を基にした、「ウエッブ漫画」や「動画」が商業化
    >される場合は著作権は「これほど醜い日本人女性」運営と5対5の割合とする。
    先にも触れたけど『著作権自体を折半する事はできない』んだ

    『制作者の権利保持』か『完全なる権利譲渡』のどちらかになるからね
    コレが『対価の折半』というなら大筋で意味が理解できるけど


    法解釈って『回りくどい言い回し』してるけど、思ってる以上にシビアだよ…

    P.S.
    自分もコレで揉めた事あってな…『著作権法15条第2項』の部分だわ
    前の会社を止める際『作ったプログラムの取り扱いについてどうなるか?』調べたワケ
    当然、職務上の契約してなかったから『権利行使してプログラム引き上げた』けどねw

    『著作権にと~ってもうるさい理由』、わかってもらえたかな?コレで
    2011/01/17(月) 22:08 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    あ、少し法の要約部分間違った
    『取り決めがなければ法人に属する、そうじゃなければ個人に…』だわ

    それと自分の例を出した所で抜けてた部分があるな
    職務上の契約してなかった『けど、個人の創作物って宣言したし、上司も認めてた』が正しいな…追記すまん
    2011/01/17(月) 22:14 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    お前の絵を見れば、美意識の欠片もないのは一目瞭然じゃんw
    2011/01/17(月) 23:29 | URL | 清正 #-[ 編集]
    元記事の部分にコメント返してなかったな…失礼

    >見る分では4、5分でも制作にはかなりの時間が必要とされる、
    >そして毎日動画制作ができる訳でもない
    考えるのはコレの倍以上の時間、作るのはソレの更に3倍以上w
    こないだのロゴだってそう…見るのは一瞬、構想は1分未満でも、
    作業で実際5分掛かってるからね

    色々と問題を抱えてて乗り気じゃない時もあるだろうからな

    とにかく『創作物ってその時の精神状態がモロに出る』
    作品に出しちゃいけないんだが、コレばかりは仕方がない
    逆にソレ(感情面)だけを全面に出す作品を並行してバランスとる
    なんて方法もあるぞ(自分が頻繁に使う創作方法だけどw)

    あと、参考になるかわからんが…自分が普段やってる方法
    作ったモノを『必ず寝起きに見て』違和感がないか確認する

    作ってる時には『脳の感覚が慣れてしまって気づかない事』を、
    後で感じたのなら『勉強する機会に出会えた』と思えばいい

    ちなみに自分が使ってるソフトの最新版(Poser8)だが、
    デフォで人種別で4種×性別があるし商用利用もOKだ
    後で手詰まりする位なら手に入れる事を勧めるが

    やりたい事はある程度できるんじゃないか?コレあればさ

    検討してみるといいぞ
    2011/01/18(火) 01:12 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    http://livedoor.2.blogimg.jp/d26001500/imgs/b/a/ba7e1595.png
    http://livedoor.2.blogimg.jp/d26001500/imgs/d/5/d5769a0b.png
    http://livedoor.2.blogimg.jp/d26001500/imgs/6/8/687e5590.png
    http://livedoor.2.blogimg.jp/d26001500/imgs/4/5/456dc2a4.png

    絵を描くのが苦手なら、このように元々ある漫画のセリフを変えるだけでも面白いんじゃないかな。
                                                       
                                                      
    2011/01/18(火) 01:23 | URL | 神父ソン #-[ 編集]
    通りすがりですが、面白い記事ですね。参考になりました。ありがとうございます。
    2011/01/19(水) 07:35 | URL | 漫画アドバイザー廣海好 #H9hli2uc[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2098-54071aae
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック