FC2ブログ

    台湾メディア:日本学生のいじめは深刻と報道、見ないふりも多い

    ここでは、「台湾メディア:日本学生のいじめは深刻と報道、見ないふりも多い」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    台湾メディア:日本学生のいじめは深刻と報道、見ないふりも多い

    台湾メディアが、「日本の学生のいじめ問題は深刻だ」と伝え、詳細について報道した。

    日刊紙「中國時報(チャイナ・タイムス)」は、「日本の文部科学省の統計によると、2007年に報告された学生のいじめ問題は、なんと84648万件。学生1000人中、約7人がいじめにあっていることになる。また約40%の学生はいじめの事実が身近にあることを知っているが、見て見ないふり。実際はもっと多くのいじめが予想され、その状況は深刻すぎる」と伝えた。

      また「学生のいじめのパターンだが、保育園・幼稚園ではおもちゃの奪い合いや服従関係によるもの。小学生になると冷たくあたったり、無視するケースが増えてくる。中学生のいじめは最も件数が多く、恐喝、傷害致死、自殺と事件性がからむ。高校生や大学生は暴力…と言った風に凶悪的になってくる」とし、「文部科学省は24時間のホットラインを設置し、いじめ問題の対策・対応に努めている様子」と締めくくった。台湾では日本ほどはいじめ問題は取り上げられておらず、その深刻な状況に驚く人々が多いという。

    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1223&f=national_1223_113.shtml



    関連記事
     
    虐め | トラックバック:0 | コメント:10 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    日本のいじめは陰湿で凶悪
    集団での暴行 女がらみの凶悪な暴行 日常的にある
    それで自殺に追い込む
    2010/12/24(金) 18:15 | URL | 日本終 #-[ 編集]
    まあ、その言い分は「部分的には正しい。」のだ。
    しかし、おまいが言わない事が有る。
    何か解るか ?
    それはな、『いじめは、いじめられた側に責任が有る』と言う妄言だ。
    これを批判しないで、何を批判すると言うのか ?
    おまいは、ただ、日本の悪口さえ言えれば良いのだろう。
    だが、私は違う。
    先に挙げた妄言に対して、確実に批判をしている。
    何処のサイト・ブログであろうと、コメント欄の有る場所ではな。
    この妄言を放置している事が、いじめ問題の解決を阻んでいる事に気付くが良い。
    言わば、『いじめっ子の理論的支柱』なんだ。
    従って、この点を批判する事は重要だ。
    日本終氏、おまいもそうすると良い。
    2010/12/24(金) 23:53 | URL | 懐疑主義者 #mQop/nM.[ 編集]
    そういう事か…やっと理解できた
    2010/12/25(土) 02:43 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    そんな綺麗事をぬかすとは…とんだ偽善者だな~(嘲笑)
    自演を暴かれて他者を『池沼』あつかいし散々悪辣な態度並びに醜態をみせたおまいの台詞とは思えんよ(嘲笑)

    自己防衛の手段で相手を悪者扱いする
    まるでおまいの大好きな創価学会体質そのものだな(嘲笑)

    まあ老害が進んでるから仕方ないのか(嘲笑)
    2010/12/25(土) 08:07 | URL | 阿修羅マン #-[ 編集]
    まず今回の元ネタは毎度御馴染みsearchinaだが、引用している
    データの数字が大元の「日本の文部科学省の統計」 (下記ソ
    ース参照)に記載されている数字の1000倍になっているのだが?

    ソース
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/11/__icsFiles/afieldfile/2009/11/30/1287227_1_1.pdf

    データは23ページに記載

    大体、日本の人口が1億2800万程度なのに、8億件の虐めと書い
    た時点でおかしいと思わなかったのか?

    また引用している数字は平成20年度(2008年4月~2009年3月)
    のものだし、日本だけのデータを提示しているが、日本以外の
    諸外国では虐めが無いとでも言うのか?

    一応反論のソースを上げておくが、アメリカでは学校の中で身
    分制度にも等しい階層が形成されており、他回想との交流は
    大抵の場合、主従関係、対立関係として行われる。

    その頂点に立つのは体育会系の男子学生と、それを取り巻くチア
    リーダーの女子生徒による集団であり、特に体躯会系の男子を
    ジョック(Jock)と呼称する。
    彼等の特徴としては長身、筋肉質、容姿端麗、スポーツ万能、
    溢れる性的魅力といったプラスのものもあるが、傲岸不遜、
    旺盛な差別意識、差別用語の多用、男尊女卑といったマイナス
    の面も多くある。

    またジョックは、彼らに相対する、いわゆる「スポーツ以外の
    趣味に打ち込む者」をあくまで変人であると見做す風潮があり
    結果としてそう看做された人々、ナードと呼称される、とは
    対立関係となることが多い。

    その結果として極端な例ではあるが、たコロンバイン高校に
    おける銃乱射事件のような事件が引き起こされている。

    ※この事件の犯人二人はナードであり、自衛の為に「トレンチ
    コートマフィア」を名乗り、自衛していた

    以上、長くなったが「虐めは日本だけの問題では無い」という
    主張の証拠を提示する。
    2010/12/25(土) 11:36 | URL | 007 #LkZag.iM[ 編集]
    平和を主張し、国内のいじめ問題を放置する我が国

    死人が出ても、知らんぷり
    強い者が勝つ世界にも関わらず

    軍隊持つ根性焼きも無い

    リンチはいいのに軍隊は駄目

    どこが平和主義?
    2010/12/25(土) 13:46 | URL | 日本終 #-[ 編集]
    {韓国人論法・『話題逸らしの誤魔化し』}は止めにしろ。日本終氏。
    解っているよ。007さんに『米国でのいじめの例』を持ち出され、反論不能になった事は。
    それで急遽、「日本の平和主義の問題点」を言い出したのだろう ?
    007さんに、「コロンバイン高校の"トレンチコート・マフィア"の話」
    ー日本でも大きく報じられたーまで、持ち出されてはそうするしかないからな。
    日本終氏、『真摯に回答して欲しい。』
    あなたの『立場』は何処に有る ?
    『主張の軸』は何処に有る ?
    あなたがわざと、「主張をブレさせている」と、私は疑っている。
    そうする事で、管理人氏の「敵認定」から逃れられるとでも思っているのか ?
    私達反論者の追及を免れられるとでも ?
    だとしたら、大甘だ。(嘲笑)
    2010/12/25(土) 14:16 | URL | 懐疑主義者 #mQop/nM.[ 編集]
    そいや最近、韓国では、小学生の男子が、集団性暴行を受けたらしいなw
    2010/12/25(土) 21:34 | URL | 清正 #-[ 編集]
    いじめはどこの国にもあるとは言っても、やっぱり鬼畜日本猿のいじめはすさまじいですよね。もっと批判されるべきです。

    この記事、世界人民革命様のブログでも取り上げられていましたね。
    http://sjkakumei.blog76.fc2.com/blog-entry-77.html

    鬼畜日本猿ざまああああああああああああああああああああwwwwwwwwwww
    2010/12/25(土) 21:46 | URL | 美意識革命隊 #F/BhxMjk[ 編集]
    世界人民革命はマジキチ(笑)
    2013/08/12(月) 08:29 | URL | キチガイチョンコロよ死ね #fZ4X1Ji6[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/2040-179eb7a7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック