FC2ブログ

    鬼畜日本猿のマナー

    ここでは、「鬼畜日本猿のマナー」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    読者様からのコメント


    タイトルなし

    この記事を読んで思い出し、床のカゴから漁り出してきた
    H海道新聞9月30日朝刊一面「卓上四季」から抜粋してみた。
    ---------------------------------------------------
    銭湯の廃業に歯止めがかからない。(中略)
    「銭湯とはただ湯につかって体を洗う空間ではない」
    と言ったのは詩人田村隆一さんだ。
    家庭の風呂には「世間」がない。世間の目がないところに、
    マナーもしつけも成立しない。
    〔銭湯廃れば人情廃る〕。(続き略)
    ----------------------------------------------------
    良識ぶって「世間」を知らぬ、いや、ろくに知ろうともしな
    い爺婆文化人どもは何でも美化したがるな。
    昔から銭湯や温泉の中で汚い事するのは老若男女問わず多
    く居たよ。もともと、ロクなしつけもマナーもそこにはね
    えんだよ。たぶん、爺婆どもが和文化称揚の為についてき
    た嘘のひとつなんだよ。
    俺が小学一年かそこらの頃(昭和50年代はじめ)市役所の
    配った冊子に挟まれていたビラには、
    入浴前に桶湯で肛門や陰部をきれいに洗いましょう」と
    か書かれていたよ。市内の銭湯協会?なんかからの要請が
    保健所にでもいったんだろうな。

    湯の中で手拭で尻股擦ったり、指で掻いたり、もちろん密
    かに放尿・脱糞もされていた事だろうよ。

    オナニーして射精したり、痰・つば・洟・目やにを握って、湯の底に放る
    ヤツもいただろう。

    爪で歯糞掻いたり、臭い玉吐いて知らん顔してるヤツもいただろうさ。



    その頃は今と違って、どこの土地でも銭湯は多かったよ。

    昭和40年代以降、既存住宅への小型のFRP製バスユニット
    搬入や、簡素なビニル覆い式シャワールームの設置、また
    は浴室のための増改築も含めて、持ち家・賃貸物件問わず
    家庭の風呂が急速に普及していったのは、
    銭湯こそ、爺婆文化人のいうような「マナー・しつけ」が
    「実は全く無い」不快な場所だったから、という背景もあ
    り得る筈だ。銭湯そのものには罪はないのだが・・・

    関連記事
     
    社会 | トラックバック:0 | コメント:18 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    銭湯では浴槽につかる前に体を洗うのは常識だろ
    2010/10/12(火) 13:23 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    >湯の中で手拭で尻股擦ったり、指で掻いたり、もちろん密
    >かに放尿・脱糞もされていた事だろうよ。

    >オナニーして射精したり、痰・つば・洟・目やにを握って、湯の底に放る
    >ヤツもいただろう。

    >爪で歯糞掻いたり、臭い玉吐いて知らん顔してるヤツもいただろうさ。


    お前がガキの頃にお前ら在日チョウセンヒトモドキがそんなことを常習的にやってたから「入浴前に桶湯で肛門や陰部をきれいに洗いましょう」なんて冊子が配られたとしか思えんがな
    日本人なら一日の汚れと疲れを洗い流す風呂場を入浴目的の使用中に汚すと言う発想は、痴呆でもない限り思い浮かびもしないわ
    それに爺様婆様の時代の方が躾はしっかりされてた
    管理人は祖国と一緒で歴史の知識がまるで無いのですねww
    公共の場でのマナーがまるでなってないのはチョウセンヒトモドキの遺伝レベルの特徴の一つだろうが
    2010/10/12(火) 14:12 | URL | 名無 #-[ 編集]
    ↑洗わねえヤツが多いから、わざわざ「洗いましょう」ってビラ配布してたんだよ。
    2010/10/12(火) 14:16 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    >それに爺様婆様の時代の方が躾はしっかりされてた

    幻想だよ、そんなもん。
    陳腐なネトウヨコメントで絡むな糞。
    2010/10/12(火) 14:19 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    相変わらず、ご自分にとって耳障りな話をする者=朝鮮・在日という
    馬鹿げたレッテル貼りしかできない哀れな方がおられるのですね。
    まあ、お好きにどうぞ。そのような低劣な者には興味はありません。
    というわけで、記事に関連し、以下を紹介します。興味のある方はどうぞ。

    -----------------------------------------------------------------
    ベストアンサーに選ばれた回答hedgehog_no_sevenoneさん

    清掃員の立場から言わせていただきますと・・・・・・

    『洗ってから入って下さい』。


    かけ流しの温泉(1回しか使用しない)ならそれでもいいかもしれませんが
    ・・・・・・循環式(ろ過して消毒して何度か使用する)の銭湯などの場合、
    洗っていただかないと困ります。
    お客様全員が汚い、という訳ではありませんが・・・・・・水質検査の結果
    『雑菌類』の数値が高くなった場合、消毒用の『次亜塩素酸』などの薬品を
    大量に投入しなければならなくなります。
    そうすると残留塩素の値が高くなり、『プールの水みたいなニオイの湯』に
    なってしまいます。

    これでいいのですか?
    逆に私は問い返したくなります。


    追記:

    『全て消毒』ではありません。
    新しいお湯を足しながら循環させるんです。
    ですが『菌』は『繁殖』しますので、どのみち『循環式』では『次亜塩素酸』
    で殺菌しなければならなくなるのです。
    ご理解下さい。
    ----------------------------------------------------------------------


    2010/10/12(火) 15:02 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
        この「読者様のコメント」って言うのは"北海道新聞(原文では「H海道新聞」)"の記事の「一部」を元にしたコメだろう ? (新聞名は、"H"と言うイニシャルからの推測です。)
    私は、この「読者様」が新聞のコラムから、「都合の良い部分だけを抜き出して使っている」と疑っている。
    『前後の部分がやけに多量に省かれている』からだ。
    そこには「読者様」にとって、都合の悪い事実が書かれていた。とも考えられるのだ。
    「床のカゴから漁り出してきた。」と言っているから、「読者様」は、北海道在住か、最近まで北海道に居て、他府県に引っ越した人ではないか ?
    でないと、手元に地方新聞が有る訳は無いからな。
    (ネトウヨ認定厨が居る様なので、"阻止線"を張りました。)
                     ↓
    %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
    2010/10/12(火) 18:40 | URL | 懐疑主義者 #EBUSheBA[ 編集]
    中略して隠す必要ね~じゃんかw
    北海道新聞の記事(銭湯有情)
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/253488.html

    詩人 田村隆一
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~i-y-k/sijin.htm

    つ~かね、今でこそ職種違うけどさ、温泉旅館で働いてた時に
    公衆浴場って意識がなく、人の迷惑を考えないヤツ多かったぞ
    (それこそ小文字で書いてるようなのが多いの何のって)

    マナーやルールを逸脱したガキの行動を嗜めようとしたら親が
    出てきてグダグダ・・・
    金払ってるんだから何やってもいいワケじゃね~んだよ
    一度だけ『金返すから、今すぐ帰ってくれ』と言った事はある
    もちろん、そっこ~でクレーム来たがなwww

    >銭湯こそ、爺婆文化人のいうような「マナー・しつけ」が
    >「実は全く無い」・・・
    『ない』んじゃなくてそんな当たり前の事は銭湯のどこにも
    書かれてなかったわ
    そんな暗黙のルールを逸脱すりゃ、その場で他人様に怒られる
    親は『おまえが悪い事したんだから、怒られて当然』って感じ
    だったしな
    例)家の風呂よりデカいから騒いだり泳いだり・・・自分もやったw

    働いてた人間から言わせてもらうなら、今の銭湯利用者の方が
    不快な事やる頻度高いぞ(毛染めをやるバカもいるからな・・・)
    2010/10/12(火) 20:51 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    お前は日本語読めんのかw?
    2010/10/12(火) 21:12 | URL | 清正 #RCv.bjl.[ 編集]
    >相変わらず、ご自分にとって耳障りな話をする者=朝鮮・在日という
    馬鹿げたレッテル貼りしかできない哀れな方


    残念、ここのバカは自分で在日だと証明してしまいました(w
    ここのバカは自分で在日だと証明してしまいました!



    大事なことなので二回言いました。
    2010/10/12(火) 21:42 | URL | ウエ #3/VKSDZ2[ 編集]
    清正さんへ
    あ、『いぎ』の変換を間違った
    異議だわ、どうやら読めてないらしいよw
    2010/10/12(火) 21:42 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    >「入浴前に桶湯で肛門や陰部をきれいに洗いましょう」と か書かれていたよ


    これもマナー・しつけの一つじゃないか?
    「世間の目」があるから、わざわざ市役所からこんな冊子が配布されたんだろう?
    現に自分が躾に触れてるのに、「なかった」とはこれ如何に
    2010/10/12(火) 22:29 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
       貼られていたリンクを二つとも踏んで、リンク先のサイトを見て来ました。
    やはり、「北海道新聞のコラムの件」は、私の推測通りでした。
    コラムの著者は、「(北海)道内の銭湯が減少している事を寂しく感じている。自分の行きつけだった銭湯がボイラー故障の為、廃業する事になり、その感想と、思い出を書いていて、その中で"詩人 田村隆一氏"の銭湯を題材にした詩を引用している」のてあって、今回記事に引用されている「読者様のコメント」で罵倒される様な内容では有りませんね。
    詩人 田村隆一氏のリンクも、観て来ました。そこは、どうやら銭湯関係のサイトの一ページのようでした。(勝手に、全文引用したら著作権法違反になってしまいますから、意味だけ書きます。用心にしくはないですから。)
    銭湯にはマナーが有った。家庭のポリ風呂にはそれが無い。だから私は銭湯へ行く。自分のルーツを求めて。
    と言う事を詩にしていますね。
    やっばり、この詩も罵倒されるような内容では有りません。
    「読者様」なる者が"意図的に引用先の文章を曲げて解釈し、"私達に対する反論の道具にしようとした事がこれではっきりしました。
    有難うございます。andrew cyclops さん。
       では、これにて失礼します。
    2010/10/12(火) 23:39 | URL | 懐疑主義者 #mQop/nM.[ 編集]
    先の文章に書いた親とのやりとり、爆弾(う○こ)事件、
    もん○ゃ焼き(吐瀉物)事件、酔っぱらい混浴事件とか・・・
    風呂で人が浮かんでた(亡くなってた)話やら
    ※これは不謹慎すぎるな・・・やめとくw

    これなら『入浴マナーの話』と分かってもらえるのかと


    んでもって、かけ湯(かけ流し)の話はココでも参考に・・・
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%9B%E3%81%91%E6%B5%81%E3%81%97
    >入浴前に桶湯で肛門や陰部をきれいに洗いましょう
    昔の人が言ってたのは間違っちゃいないワケだ


    ちなみにマナーとは「他者を気遣う」という気持ちの現れ
    であり、相手を不快にさせないよう個人個人が考えを巡ら
    して行動すべき物である。(wikiより引用)

    この記事の概要を踏まえた上で『昔と今を比較した上で
    この言葉(マナー)の妥当性を考える』のであれば『昔』に
    当てはめた方が適切と思える(主観で言うが)
    ※理由については、先の書き込みより察して下さい
    2010/10/13(水) 01:31 | URL | andrew cyclops #-[ 編集]
    管理人様に掲載頂いた私の投稿への真面目な異議や批判、どうもありがとう御座います。
    恥ずかしいチョウセン連呼厨の名無しと在日認定厨のウエのコメなどとちがい、勉強になりました。 

    >「読者様」なる者が"意図的に引用先の文章を曲げて解釈し、"私達に対する反論の道具にしようとした事がこれではっきりしました。

    ええ、ご指摘のようにそういう面もありますね(笑)。そういうの好きですから。
    反論の道具?うーん、そんな大げさな事は特に意図していませんが。たんなる一寄稿ですね。
    まあ、記事に対する皆様の様子みてはニヤニヤしていますが。それが私なりの楽しみですから
    2010/10/13(水) 01:39 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    残念ながら証拠が揃ってるのだよ(w
    2010/10/13(水) 02:36 | URL | ウェ #3/VKSDZ2[ 編集]
    >残念ながら証拠が揃ってるのだよ(w

    おもしろい。
    あなたの「いかにもB層的」な主観と妄想、私じつは毎度虜なのです。
    あなた居てこそのコメ欄、とも言えるのでしょうか。
    ウエ様、いつも応援しています。

    2010/10/13(水) 03:21 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
       ・・・・と言う事は、今回記事に引用されている、あなたのコメントは、所謂「釣り」の一種である。と考えて良いのですね ?
    意外でした。私のコメに対して、もっと怒るのでないかと思っていましたから。冷静な方の様ですね ?
      さて、ウェさんの「管理人氏在日認定」は一応の証拠は有るんです。
    まず、これまでに二回、「質問」をしていますが、管理人氏は一度だけ[こいつ頭悪すぎwwwwww]と言うエントリーを立て、そこで罵倒しまくりの記事の形で答えたつもりでいるようです。(答えになっていませんが・・・・。)
    しかし、二つ目の「写真リンク付き質問」には全く答えていません。
    このリンク先の写真と言うのは、私も観ました。
    『金正日とその家族の記念写真』です。
    別に、何か怪しいものでは無いのですが・・・・・。罠もありませんでした。
    (管理人擁護派の方々に、ブラクラを踏ませようとしていると思われている可能性が有るかもしれないので、疑心を解く為に書きました。ウェさんすみません。)
    管理人氏は「俺は日本人だ」と言っています。質問に答えられる筈です。
    ともかく、「質問」を再掲します。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------
     >さて、質問しようかな。

    現在、自国民が飢餓に苦しみ餓死者も出てるというのに、軍事費や私腹を肥やしてる朝鮮労働党の幹部はどうなのだ?
    当時の日本と変わらない、いや、それ以上に頭が悪いと思わないか?
    しかも、金正日。
    自分の為に国中から美女を集め、喜び組や性欲処理の為の満足組を作ってるぞ。

    国家元首がそんなことをやってる国はどう思うのだ?

    答えには「誰」の所は「金正日」「朝鮮労働党」、
    何処がの所は「北朝鮮」と聞き込んでくれよ。
    誰、何処を逸らかして書きこむなよ。

    まさか、誰かのコメントの引用だから答えられないなんて言わないよな。
    もちろん、この書き込みへの返事は総連に送るぞ。
    貴様が日本人ならば答えられるし、総連に送られても関係ないぞ。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------
    これが「第一の質問」です。
    次に「第二の質問」を再掲します。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------
      >「おい、自称管理人反論者どもよ。」とか言ってるバカへ。
    俺が以前チョン管理管理人に反論したが、奴は言い返せなかったぞ(w


    では、貴様にも聞いてみよう。

    http://j.peopledaily.com.cn/mediafile/200901/16/F2009011615293801722.jpg

    ここに、とある朝鮮人の家族の写真があるが、この娘が貴様らの貼りまくってる日本人より可愛いと思うか?
    俺は何度も「自称日本人」の管理人に聞いてるが、一度も返答が無かったんだがな(w
    2010/07/04(日) 22:35 | URL | ウェ #3/VKSDZ2[ 編集]
    -----------------------------------------------------------------------------------------------
    これは、別のエントリーで、管理人擁護派の人に対して、ウェさんが書かれたコメです。第一と第二の「質問」は、私がコピペして、テキストファイルの形で保存して置いたものです。
    あなたが日本人なら、この「第一と第二の質問」には答えられると思います。
    きっと、日本人なら誰でもそうでしょう。
    でも、此処の管理人氏は回答を拒んだり、罵倒して逃げまくるだけです。
    こうなると、『管理人氏は在日朝鮮人』ではないか ? と言う結論が出てしまうのですよ。
    なぜなら、ウェさんは第一の質問の後半部で、『この「質問」の回答を朝鮮総連に送る(送付する)からな』と言っているからです。
    管理人氏が「日本人なら」総連を怖れる事は無い筈です。
    二つの「質問」の回答を、総連に送付されて怖がるのはどんな人達なのでしょう ?
    2010/10/13(水) 18:52 | URL | 懐疑主義者 #mQop/nM.[ 編集]
    >良識ぶって「世間」を知らぬ、いや、ろくに知ろうとも
    しない爺婆文化人どもは何でも美化したがるな。
    昔から銭湯や温泉の中で汚い事するのは老若男女問わず
    多く居たよ。もともと、ロクなしつけもマナーもそこには
    ねえんだよ。たぶん、爺婆どもが和文化称揚の為について
    きた嘘のひとつなんだよ。

    「嘘」というなら、その「嘘」を覆せるだけの反証の1つ
    でも提示したらどうだ?
    それもだせずに「たぶん」という言葉まで使いながら自説を
    主張しても、誰も納得しないと思うぞ。

    --------------------------

    >俺が小学一年かそこらの頃(昭和50年代はじめ)市役所
    の配った冊子に挟まれていたビラには、
    「入浴前に桶湯で肛門や陰部をきれいに洗いましょう」
    とか書かれていたよ。市内の銭湯協会?なんかからの要請
    が保健所にでもいったんだろうな。

    >湯の中で手拭で尻股擦ったり、指で掻いたり、もちろん
    密かに放尿・脱糞もされていた事だろうよ。
    オナニーして射精したり、痰・つば・洟・目やにを握って、
    湯の底に放るヤツもいただろう。
    爪で歯糞掻いたり、臭い玉吐いて知らん顔してるヤツも
    いただろうさ。

    で、何の根拠も提示できないから「だろう」の連呼で誤魔化
    そうとしているのか?
    みっともないことこの上ないな。

    --------------------------

    >その頃は今と違って、どこの土地でも銭湯は多かったよ。
    昭和40年代以降、既存住宅への小型のFRP製バスユニット
    搬入や、簡素なビニル覆い式シャワールームの設置、また
    は浴室のための増改築も含めて、持ち家・賃貸物件問わず
    家庭の風呂が急速に普及していったのは、
    銭湯こそ、爺婆文化人のいうような「マナー・しつけ」
    が「実は全く無い」不快な場所だったから、という背景
    もあり得る筈だ。銭湯そのものには罪はないのだが・・・

    結局、最後まで証拠の1つも提示出来ず「だろう」と「筈だ」
    だけの妄言扱いされても仕方の無い与太話だな。

    「妄言」と言われるのが悔しかったら、今回語って、いや
    騙っている事柄について、1つでいいからまともな証拠を
    出してみろよ。

    というか、andrew cyclops様が提示している原文を、まず
    精読するべきだな。
    2010/10/13(水) 23:29 | URL | 007 #LkZag.iM[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/1805-00d1962c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック