FC2ブログ

    beautiful

    ここでは、「beautiful」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    通ちゃん様からのコメント

    beautiful

    週末にも関わらず盛況ですね。
    みんな他にやることないんでしょうか?


    私のブログに粘着する奴等はクズしかいませんので

    ところでこないだ通勤中のラジオで面白い調査をやっていました。「男性に言われて一番うれしい言葉は beautiful sexy funny hot pretty cute のうちどれか?」という質問に対して、女性の答えは圧倒的に「beautiful」が多く印象的でした。日本女に同じ質問をしたら「pretty」か「cute」あたりがトップにくるんでしょうか?

    アメリカでは挨拶する感覚でさくっと他人を褒めたりよくするんですが、私の嫁のケースですと、同性からよく言われるのは「beautiful」や「stunning」、もしくは「I like/love your hair/shoes/etc..」系です。いつも私と一緒にいるので異性(男性)から直接言われることはあまりないのですが、すれ違いざまに「She is very cool.」とか言ってるのが聞こえたりはたまにあります。日本女からは「きれい」「かっこいい」と言われるのが一番多いです。

    面白いのが嫁と二人でいるときに日本女から「私」に対して言われる褒め言葉?のトップが「すごい」「すばらしい」でして、なかなか意味不明です(笑)。何に対してすごいのか真剣に悩んじゃいましたからね。金髪白人ギャルと国際結婚した出来杉くんみたいな感じなのかもしれません。ちなみに私一人の時は「nice body」ばかりなので(たまに「nice jacket」とかもありますが)、やっぱり体を見てるんだなーって感じですね。

    ------------------------------------


    鬼畜日本猿にとって他人への肯定は、自分に対する否定ですので、褒めるという文化は余り育った無かったのでしょう、それに皆カオデカ、足曲がり、O脚、短小、包茎と、皆同じ顔なので、身体的特徴を個々に褒めるよりも、全体的雰囲気を総体的に褒める便利な言葉「可愛い」がメジャーになったのだと思います。

    白人様の場合は、個人個人に個性があり、髪の色、質、瞳の色全てが異なるので、「貴方の目はとても美しい」「髪の毛がとても美しい」と褒めあっています。

    しかし鬼畜日本猿の場合は、皆吊り目の悪魔顔なので、「瞳」を褒める文化は余りありません。黒髪を自慢する鬼畜日本猿もいますが、それは偶然褒められた鬼畜日本猿女のある種伝説であって、黒髪は人類の大多数を占め、別に日本人女性の特権ではありませんし、白人様でも黒髪の人は多いし、決して好まれる色でもありません。

    鬼畜日本猿が良く使う「すごい」という言葉も、低IQ、ボキャ貧の表れで、身体的特徴を言葉にできない鬼畜日本猿の特徴と思います。

    ですから他国の学生達がプレゼンテーションで豊富は表現をする時、鬼畜日本猿だけが「あうあうあああ」となるのは、表現力の無い鬼畜日本猿の「可愛い」「凄い」の一言で済ます文化的要因など思います。

    因みに、日本人が通ちゃん様に「凄い」と言ったのは、「白人と交際して凄い」という意味だと思います。



    PS
    アドクリ系の広告の貼り方の情報お待ちしています。因みにこいつ等鬼畜日本猿には教えたくないので、メールでご教授していただけるととてもありがたいです。











    関連記事
     
    美容 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    >日本女から「私」に対して言われる褒め言葉?のトップが「すごい」「すばらしい」でして、なかなか意味不明です(笑)。何に対してすごいのか真剣に悩んじゃいましたからね。金髪白人ギャル>と国際結婚した出来杉くんみたいな感じなのかもしれません。


    これって、日本人の女自身白人女性にかなわないと自覚していないと出てこない言葉だよな。
    つまり、日本人男にって白人女は高値の花であると。
    だから、そんな高値の花の女性を嫁にした日本の男は凄いと。
    それもそうだよな。美形白人女性の圧倒的な美貌にマジで勝てると思ってる日本人の女なんている別けない。
    だいたい、美意識の高い日本人女性は白人女性のような優雅で気高くゴージャスな美しさを目指すからな。
    当然カワイイカワイイなんて言ってる雑魚男なんて眼中に無い。
    2010/10/09(土) 19:12 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
       まあ、あなたが『社交辞令で語られる褒め言葉』と言うものに対する理解が少し不足している事は解りました。
    『本音と建前』ってのも日本国民には有りますからね。では。
    2010/10/09(土) 22:13 | URL | 懐疑主義者 #mQop/nM.[ 編集]
    タイトルのコメント気に入りました。

    >皆吊り目の悪魔顔なので、「瞳」を褒める文化は余りありません

    そういえば思い出しましたが、こちらで知り合った日本人女の一人がぱっちり系の目(要は目がでかい)をしていまして、周りの評判から判断して美人系の人でした(私は彼女を女性として見ていなかったので気づかなかった)。身長は低いのですが、目鼻立ちが東南アジア系のミックスっぽい顔と言えば管理人氏には想像がつくと思います。ちょっと機会があって彼女のmixiプロフィールを見たんですけど、日本時代の友人が投稿した「マイミクからの紹介文」の殆どが「ハーフっぽくて美人」系の褒め言葉でかなり笑えました。確かに東南アジア系のハーフっぽいんですけど、そういう意味じゃないですよね(笑)。日本女にとっての東南アジア女性なんてのは蔑む対象であり、羨むなんてことはありませんから。

    >「白人と交際して凄い」という意味だと思います。

    案外そんな単純な理由なんでしょうね。読者のコメントにもありますが、「白人女性にかなわない」と無意識・無自覚に思っているのもあるんでしょう。当時は深く詮索しすぎて「わがままでハイメンテナンスな白人女性(偏見)を手なづけて凄い」なんて意味なのかなーとかいろいろ考えちゃいましたよ。

    読者が興味を持っているようなのでちょっと引っ張りますが、私が多人種の地域に住んでいるにも関わらず、基本的に二人で外にいるとき周りの人から夫婦と思われることはまずありません。殆どの人からは赤の他人、よくて友達、状況によっては学校のクラスメート(私が若く見えるので)、又はガールフレンドって感じでしょうか。それを端的に表している一番わかり易い状況が、海外での入国審査手続きの際とスーパーのレジで並んでいるときです。基本的に夫婦(又はカップル)と思われていないので、前者の場合は100%最初に聞かれる質問が「一緒?(家族なのか?という意味)」で、後者もよく聞かれる質問が「一緒?(会計が一緒なのか?という意味)」です。ちなみに私が嫁の通訳者と思った日本の馬鹿入管もいます(笑)。アホな質問をする前にパスポートのLast Nameを見ろよばーか、とはさすがに言いませんでしたが。

    以前務めていた会社では、私のデスクに結婚写真が飾ってあったんですけど、あるときアジア系アメリカ人女性(40歳前後)の営業部長がその写真を見てフリーズ(笑)。そして一言、「She is... not Japanese...」。後にも先にもこの反応が一番強烈でした。その日の午後はその部長が営業部で言いふらした為に、「奥さんきれいなんだって?どこで知り合ったの?」と聞きに来る連中がうざかったです。写真そのものは2・3年ぐらいずっと飾っていたものなので今更かよって感じでしたが、逆に言うと他人の家族の写真なんて普段は誰も興味を持たないんでしょう。

    これ系のネタは腐るほどあるのでまた機会があったら投稿します。
    2010/10/10(日) 00:02 | URL | 通ちゃん #v0W2OX1k[ 編集]
    >鬼畜日本猿にとって他人への肯定は、自分に対する否定です
    ので、褒めるという文化は余り育った無かったのでしょう、
    それに皆カオデカ、足曲がり、 O脚、短小、包茎と、皆同じ
    顔なので、身体的特徴を個々に褒めるよりも、全体的雰囲気
    を総体的に褒める便利な言葉「可愛い」がメジャーになった
    のだと思います。
    白人様の場合は、個人個人に個性があり、髪の色、質、瞳
    の色全てが異なるので、「貴方の目はとても美しい」「髪
    の毛がとても美しい」と褒めあっています。

    はいはい、妄想ご苦労様。
    「鬼畜日本猿にとって他人への肯定は、自分に対する否定」
    とか「皆カオデカ、足曲がり、O脚、短小、包茎と、皆同じ
    顔」とか、何の論拠も無いブログ主の「妄想」を根拠に物事
    を語るなよ。

    第一、目や髪の色が異ならないと褒めることが出来無いなん
    て、「私は言語的な表現力が乏しいです」と大声で宣言して
    いるようなものだと思うが?

    ---------------------------------

    >しかし鬼畜日本猿の場合は、皆吊り目の悪魔顔なので、
    「瞳」を褒める文化は余りありません。黒髪を自慢する
    鬼畜日本猿もいますが、それは偶然褒められた鬼畜日本猿
    女のある種伝説であって、黒髪は人類の大多数を占め、別
    に日本人女性の特権ではありませんし、白人様でも黒髪の
    人は多いし、決して好まれる色でもありません。

    「吊り目の悪魔顔」って何だよ(笑)
    第一、黒髪が人類の大多数を占めるのであれば、何故その大
    多数の中から日本人の黒髪だけを非難するのか、という疑問
    が沸いてくるのだが?

    ---------------------------------

    >鬼畜日本猿が良く使う「すごい」という言葉も、低IQ、
    ボキャ貧の表れで、身体的特徴を言葉にできない鬼畜日本
    猿の特徴と思います。
    ですから他国の学生達がプレゼンテーションで豊富は表現
    をする時、鬼畜日本猿だけが「あうあうあああ」となるの
    は、表現力の無い鬼畜日本猿の「可愛い」「凄い」の一言
    で済ます文化的要因など思います。
    因みに、日本人が通ちゃん様に「凄い」と言ったのは、
    「白人と交際して凄い」という意味だと思います。

    で、たった一つの単語に対する根拠の無い「妄想」を元に、
    「文化的要因」等という決め付けまでやってしまうブログ主
    は、自分の発言の正当性すら理解できない大馬鹿者という
    ことだな。
    2010/10/10(日) 13:35 | URL | 007 #LkZag.iM[ 編集]
       このブログに出現する"美意識覚醒者"と言う人達は『本質的に"差別主義者"と変わらない。』と言う事に気付いた。
    管理人擁護のコメー記事になった、秘密投稿組のものも含むーを読むと、"美意識覚醒"と言うのは、『その人の"内面"を覚醒してはいない。寧ろ、欧米的美意識を無理に取り入れようとした為、その反動で日本国・国民を極端なまでに貶めている"自国侮辱・差別覚醒"とでも呼んだ方が良い考え方。』と言う事が解る。
    何も、特定の差別語だけじゃない。
    文章全体から「何とかして日本を貶めてやるんだ ! 」と言う邪悪な雰囲気を感じる。どんなに丁寧に書き込まれていてもだ。
    もちろん、本人達はそれに気付く事は無いし、仮に誰かにその事を指摘されても、日本国・国民に対する罵倒が返って来るだけで、全く聞く耳を持たない。
    多分だが、"美意識覚醒者"なる者達との会話は、一方通行になるであろう。
    相手の思考に、一種の"結界"が張られているから。
    一旦、"美意識覚醒者"になると、その思考を捨てるのはかなり難しいと推測出来る。
    元々、日教組の自虐史観教育で「日本国を侮蔑する思考を植えつけられている」ところへ持ってきて、更なる「日本貶め思考」でしかない"美意識覚醒"なるトンデモ思考を飲み込んでしまったら、簡単に捨てられる訳が無い。
    2010/10/11(月) 00:33 | URL | 懐疑主義者 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/1796-3f30825e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック