FC2ブログ

    成人になっても萌アニメに熱中する屑ネット右翼

    ここでは、「成人になっても萌アニメに熱中する屑ネット右翼」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    住人の方からの投稿


    タイトルなし

    全年齢層に受けてる文化なんてもんあんのかよ?
    まー、世界で人気なんつーのがどこまで信用足る話かはしらねーけどな
    全米が泣いた、わきゃねーしな
    映画のうたい文句に多いけどよ、ありえねー
    が、ティーンエイジャーに受けてんなら、それだけでもかなりの数だし、人気とは言えるだろ

    「ペドフィリア」ってーと、
    だいたいにして精神医学上の言語であるから、端的に言って病気なんだよな
    対象は13以下、そしてそのことによって本人あるいは周囲に著しい苦痛・対人障害が引き起こされる
    だったかな
    まぁ、それはともかく
    肯定はしてねーだろ
    否定もしてねーけどな
    わいせつ罪だって適用されるっての
    手出さない分には罪じゃねーだけ








    関連記事
     
    ネット右翼 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人このコメント載せてどうすんの?
    2010/04/29(木) 00:19 | URL | anti #-[ 編集]
    >antiさんへ。
      私の推測を言うなら、まず管理人氏は、今回エントリーのタイトルで、
       『成人になっても萌アニメに熱中する屑ネット右翼』
    と言い、
     次に"住人の方のコメント"なるものを出して、
       『「ペドフィリア」ってーと、
        だいたいにして精神医学上の言語であるから、端的に言って病気なんだよな
        対象は13以下、そしてそのことによって本人あるいは周囲に著しい苦痛・対人障害が引き起こされ    る
        だったかな
        まぁ、それはともかく
        肯定はしてねーだろ
        否定もしてねーけどな
        わいせつ罪だって適用されるっての
        手出さない分には罪じゃねーだけ』
     この2つの文章は、それぞれが組み合わさって、一つの罵倒を形成します。
    住人さんのコメントは本来は別の相手に宛ててのコメだったのでしょう。
    しかし、管理人氏の注意を引いたのは、
       "「ペドフィリア」ってーと、だいたいにして精神医学上の言語であるから、端的に言って病気なんだよな"
       と言う部分。
    管理人氏の言いたい事を纏めるとこうなります。
      『成人になっても萌アニメに熱中する屑ネット右翼は「ペドフィリア」と言う精神病なんだ !住人さんもそれを認めているっっっ !! 』
    と言いたいのでしょうね。
    恐らくは「通報対策」でしょう。
    2つの文章はそれぞれでは罵倒の役をなさない。
    しかし、二つを組み合わせると、効果を発揮する。言うならば『"バイナリー方式"罵倒.ver』ですな。
    余程「通報」が怖いのでしょう。すでに、何度かされていて、FC2側から警告をされているのかもしれません。









     
      『
    2010/08/08(日) 03:52 | URL | 懐疑主義者 #qx6UTKxA[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/1392-1184ce90
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック