FC2ブログ

    【中国/コラム】約2億人の“老人”~「老老人」と、悲惨な「老人」[03/14]

    ここでは、「【中国/コラム】約2億人の“老人”~「老老人」と、悲惨な「老人」[03/14]」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    1 :力士 ◆RiKiCQzWKY @力士庶Oφ ★:2008/03/14(金) 06:57:17 ID:???
    ★約2億人の“老人”:「老老人」と、悲惨な「老人」

    (写真)ttp://news.searchina.ne.jp/2008/0314/column_0314_001_small.jpg
    中国ではここ半世紀の経済発展と生活環境改善によって平均寿命の急速な上昇が目立っている。人口統計の
    慣例がすでにそれに対応できなくなるのがよい例だ。いずれにせよ、現行統計では中国には約2億人の“老人”
    がいることになっている。
     
    そのような状況だから、現在流行っている言葉にいわゆる「老人」と「老老人」という言い方がある。前者は60―80歳
    の依然として労働能力を持っている老人を指し、後者は80歳以上の老人を指す。もちろん、われわれは中国式の
    「老人就業」の方法を求めなければならない。言い換えれば、われわれは若者の失業率よりずっと高い老齢労働者
    の失業率に直面している。“老人”人口は毎年9%のスピードで増えている。

    2007年に公表された『浙江省都市部と農村部の老齢者生活状況調査レポート』には、次のようなデータがある。

    1.都市部の子女のある老人の約26%は子女と同居している
    2.農村の子女のある老人の約45%は子女と同居している
    3.都市部の老人の日常の不安では、「子女の親不孝」が第5位で、およそ9%であることに対し、農村部の老人の
    この問題に対する比率は26%
    4.医療費用に対する不安について、都市部が約32%で、農村部が約48%
    5.「介護者無し」に対する不安について、都市部は約20%で、農村は約32%

    中国人口の高齢化ピークは大体2010年―2025年の間に現れるといわれている。それは中国社会の老人扶養の
    義務を負うのは主に1980年代生れのいわゆる「80後」世代になるということを意味している。この世代の人にとって、
    彼らも自ら認めているように、「家族」(父母と両親の父母)は彼らの心の「最ももろくて弱い所」であり、伝統的な中国
    の考え方は変化し、家族のきずなというものが問題になっているのであり、ゆえに不安は倍加する。

    中国社会の20世紀50年代前後の重大な転換に影響され、今の「老人」と見なされている人の心身の状態は今の
    「老老人」の心身の状態とは著しく違う。これらの「老人」——即ち「新しい中国」と一緒に誕生した世代は、
    状況の最も厳しい時に成長した世代といえる。彼らは就業体制、教育体制、医療体制、社会保障体制および日常
    生活全般に対して、体制の抜本的な転換という時代の節目を経験している。

    彼らは親(いわゆる「老老人」)を扶養するとともに、無期限に自分の子女を(よく「補助金」という形で)援助する。
    彼らよりラッキーな両親と比べると、彼らが「多子女家庭」の最後の世代であり、将来、または現在、彼らを扶養
    できるのは彼らの「物事を弁えていない」一人っ子だけとなる。更に厳しいのは、この世代が建国してからの
    全ての政治思想的な運動を経験しているので、東洋の伝統的な精神修養を受け継いでいないだけでなく、旧ソ連式の
    技術型の教育を受けたために、西洋の伝統的な人文価値観をも放棄している点だ。

    それでは、今になって、私達の「老人」の道が進むべき道はどこにあるか。

    彼らにとって、今から道を探すのはすでに遅すぎるかもしれない。というのは、中国の子女教育と私達のコミュニティ
    教育には重大な欠陥が存在しており、中国の社会保障体制と医療サービス体制がすでに無秩序な状態に陥っている
    ためである。遠くない将来、中国の「老人」たちは、助けれくれる人もいないし、助けを求めるところもない、という悲惨
    な状態になるかもしれない。

    しかし、まだ遅くなっていないかもしれない。中国の老人達はまだ彼らよりもっと幸せな「老老人」たちを見習うことも
    できる。精神を修養し、中国の古きよき伝統にのっとって子女を教育し、内心の静かさを求めるという道が、理想論
    かもしれないがかすかに存在しているといえる。(執筆者:祝斌)

    (中国情報局 2008/03/14(金) 06:34:00更新)
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0314&f=column_0314_001.shtml

    (関連スレ)
    【中国】 急速に高齢化 高齢者の扶養のため、経済や社会の発展に深刻な影響と報告書 [12/18]
    http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1198049967/
    【中国】3人に1人が60歳以上!43年後の北京は高齢化社会に[10/22]
    http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1193024119/
    【中国】一人っ子政策の成果を強調、次なる課題は高齢化社会対策 [8/22]
    http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1187788224/


    9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/14(金) 08:49:34 ID:1P7m16CC
    これでまだまだ序の口だから恐ろしい。
    10年後にはどうなってる事やら


    11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/14(金) 16:12:58 ID:aDSCDQV3
    昔は時代の変化がゆるやかだった事と、
    老人の経験や知恵が必要とされる事が多かった。
    そして、老人は希少だったから尊ばれた。
    今は時代の変化が早すぎ、安直な知識が幅をきかし、
    老人が無闇に多い。
    これからは老人見殺しの時代になると思われる。


    14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/14(金) 16:33:40 ID:iMjmAcR/
    きっと、今の若者の方が短命なんだろうな。
    若いうちから毒物を継続的に摂取してるから。


    16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/14(金) 16:39:37 ID:hXe/4yt6
    さすが支那 桁違いw 
    大躍進、文革 激動の時代を生き抜いてきたんだな


    22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/14(金) 17:16:15 ID:TSbDNcnx
    やっと支那でも語られだした?
    支那の歴史上、空前の老人社会到来問題。
    支那の近未来は暗いってもう決まってるのに。


    23 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/15(土) 01:47:56 ID:wXyrZw/T
    日本からの更なる賠償を充当したらよい、。


    24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/15(土) 01:51:21 ID:n8V+a/SM
    >>23
    冗談でも変なこと書くな。

    27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/03/15(土) 03:09:27 ID:x2N/ji52
    高齢化社会の速度は

    支那>韓国>日本>西洋先進国

    らしい。

    日本の高齢化速度は、西洋の先進国に比べたら速い速いと言われたけど、
    それを上回る速度なのが韓国、更に速いのが中国。w





    関連記事
     
    中国 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    日本は確実に迎える高齢化社会になんの対策もしてない
    中国みたいに老人を見捨てるなら問題ないけど
    政府もマスコミも国民も問題先送りしてるだけの現状
    2008/03/16(日) 03:24 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/128-6db9595c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック