FC2ブログ

    ゴキゲルゲ様への反論

    ここでは、「ゴキゲルゲ様への反論」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    えっ様からの反論コメント


    タイトルなし

    記事できてたのね、気付かなかった
    こっちにも貼っておく

    >>それらの事は先進文明国の一国なら当然であり「我が日本は凄いんだ!」
    >>などと、あえて特別な感慨にひたるような事でもないだろう。

    「日本は駄目なんだ!」などと、あえて特別な感慨にひたるような事でもないでしょう。

    >>しかし、それらの群の中の多くは欧米人の脳が先に完成させた「原型」や理論、
    >>概念なしに存在していなのでは?という疑問からは逃れられないのである。

    ほとんどの「発明」を否定することになりますね。

    >>私が特に気になるのは、なぜ日本人は洗濯機や食器洗い機や、フードプロ
    >>セッサー、電気掃除機など、家事負担軽減の為の機械の類の原型、或いは
    >>衛生的で機能的なキッチン・水廻り等(を含めた快適な住居の様式)といった、
    >>民衆の日常生活本位の利便と幸福に関するものを自発的に考案・創造する
    >>ことに無関心、不熱心だったのか?

    各国の風土、文化を考慮しないといけません。


    洗濯機:そもそも、それほど他の国より遅れていなかった。

    食器洗い機:米・欧などでは、硬水が主なので早くから普及しただけ、しかも資源のムダ。

    フードプロセッサー:日本料理には、それほど細かくしなくてはいけないものはあまり無いです、あってもすり鉢で十分。

    電気掃除機:日本家屋(畳や板間)では、箒やはたきで埃を外に掃き出す方が簡単で早い。
    関連記事
     
    日本文化 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    身体的負担、心理的負担を軽減する快適便利な道具や、食味の選択の幅を広げる為
    の新たな能率的道具を求め続けるのは疑うことなく人類の普遍的な性である。
    それは時代・地域問わず、豊かな生活を営みたい個人の正直で健全な願望である。

    なのに、日本特有の風土・文化を言い訳にしてみたり、資源の無駄といってみたり、
    すり鉢で十分といってみたり、箒やはたきで埃を外に掃きだす方が簡単で早い、

    等といって片付け、抑えてしまいたい日本人の偏屈ぶり。私はそんな辺りに焦点をあて、
    「日本のコレが駄目なんだ!」と云っているのである。私は他の方々とは少々異質なの
    か、日本が全部駄目だ!とはこれまで云っていない。

    さいごに、貴方にプレゼントしてやろう。⇒http://www.nippon-sauce.or.jp/ では、またいつか。

    2010/02/22(月) 01:51 | URL | dゴbキrゲ0ルqゲ #-[ 編集]
    当方が首を突っ込む問題ではないと思うが、気になったので
    指摘させて頂く。

    dゴbキrゲ0ルqゲ氏、えっ氏は「必要なものをあえて使わない」
    「欲望、欲求を押さえ込むことが必要」ではなく、「日本の
    風土、文化では必要なかったから使われなかった」と言って
    いるのだと思う。
    (当方の勝手な解釈です。間違っていたらすいません)

    で、「日本のコレが駄目なんだ!」とは何が駄目なんだ?
    風土・文化に合った道具を用いることの何が悪いのか、当方にも
    分かるよう説明して頂きたい。
    2010/02/22(月) 21:33 | URL | 007 #LkZag.iM[ 編集]
    日本人女性(黄色いゴキブリ)の画像を見たせいで食欲がなくなってしまったぞ
    気持ち悪過ぎて丸一日何も喉を通らなさそうだ

    さて、人間にとって精神衛生上重要な「肉体美」「明るく爽快な文化」「開放的な環境」これらは全て白色人種の先天的創造能力に委ねられている

    日本猿が産み出せるのは「不快極まりない醜悪な腐敗した肉体」「陰湿で重苦しく曖昧で意味不明かつ苦痛に満ちた文化」「閉鎖的で閉塞的かつ醜い社会生活環境」要するに日本猿は人類の足を引っ張り、自民族同士でくだらない殺し合いに終始し、外国に嫉妬して栄光ある外国文明を呪い、破壊し、その行為が自分達の生存そのものを脅かしていることすら理解出来ない池沼劣等最底辺な貴兄蛆虫人種ということだ
    2010/02/22(月) 21:41 | URL | げろ #-[ 編集]
    007さん、自分の言いたい事はだいたいそんな感じであってます。

    >>それは時代・地域問わず、豊かな生活を営みたい個人の正直で健全な願望である。

    時代や地域、風土や文化は関係ないとのことですが、当然あります。
    なぜなら、それによって生活の仕方が大きく異なり、生活を豊かに過ごすために必要なものもまた異なるからです。

    もちろん、あまり必要ないものは誰も作らないし、普及しません。この考え方は、時代や地域を問いませんね。

    >>さいごに、貴方にプレゼントしてやろう。

    ソースがどうかしたんですか?
    日本料理で使われるものは、主に醤油、味噌、出汁をベースにしたものですが。


    ところで、元記事の
    >>数日前、うちの婆ちゃんがTVで輸入品のスチーム式床モップの通販CMをみながら
    >>「またガイコクのか、どうしてこういうの日本で先につくれないんだァ」とぼやいて居た
    の所なんですが、ブラウン管式のテレビを開発したのが、日本の高柳健次郎さんなので、お婆ちゃんの目の前にあるテレビがブラウン管式だったら、なかなか面白いジョークですねぇ。
    2010/02/23(火) 00:15 | URL | えっ #-[ 編集]
    いやいや参った、お恥ずかしい。眠いので貴方と 偏執狂的なソース連呼&羅列厨の
    007氏がダブってしまい、くだらぬ当て付けをついしてしまいました。失礼致しました。
    と、お詫びはこの辺で。

    >>ところで、元記事の・・・ブラウン管式のテレビを開発したのが、日本の高柳健次郎さんなので、・・・

    ドイツのブラウン博士がつくったオシロスコープがまず最初にあったからこそ、ではないでしょうか?
    (もちろん、日本のTV開発者の創意と努力は讃えます。)

    TVに限らず、文明の利器の「原型」を独力で生み出す能力、それを希求する感性に乏しいと思われる
    面が日本人の決定的に駄目なトコなのです。
    明治以前の日本に、後世、全世界に伝播普及する動力機関や映像・通信機械その他、記事で中心に取り上げた家電まで含め諸々の文明の利器の「原型」を何かひとつでも見出すことができますか?
    それらを、日本の特殊な風土・文化を理由に
     >あまり必要ないものは誰も作らないし、普及しません。   ですか?

    (もちろん、江戸時代の煌びやかで教養高い都市部の上流階級の文化であるとか、それ以前から
    培ってきた城郭、寺院などの建築技術の凄さは私も日本人として誇りに思って居ます)

    『「原型」なしに何も無し』とは、貴方のような立場の側には不愉快な決めつけだったかもしれない。
    しかし、「原型」を更に進化させ普及させる高い能力を備えた日本人だからこそ「原型」を産む文化
    には謙虚な姿勢をもつ必要があるだろう。
    何でも自動化する欧米人は資源のムダ使いとか、怠け者だとか、それに較べて我が日本民族は
    質素でああでこうで素晴らしい、、、などと自己マンセーしがちなのは日本人の病理でしかない。

    さいごに言っておく、あなた方とこれ以上論を争う意思などない。逃げるのではない。
    ここのコメ欄に来たのも暫くぶりのことだ。 PCから離れて取り組む事がある、だから基本ココは
    ふだんは単に巡回経路のひとつだ。 またいつか気がむいたら何かかいてやる

    というワケで、げろ様、神父ソン様、GS様、ほか皆様・・・には更なる健闘を期待します、では。
    2010/02/23(火) 02:50 | URL | dゴbキrゲ0ルqゲ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/1243-e6c5d48a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック