FC2ブログ

    美醜に拘るのはゼイタクで悪だという日本(猿)の文化

    ここでは、「美醜に拘るのはゼイタクで悪だという日本(猿)の文化」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?


    以下ゴキゲルゲ様からのコメント
    木島佳苗と、名前は忘れたがもう一頭の臭い牝豚、あんなのに翻弄され殺害された
    ナサケナイ男共ってのは、多分思春期以前から 「異性を選り好みするのは人として
    ハシタナイ」、或いは 「外見に拘るのは日本人らしくない」という インチキな日本村型
    土着フェミの横並び的教条主義に延々と毒され続けてきたのであろうか。彼らの内に、

    >「スタイル」「セクシー」さを見分けられる審美眼(美意識)

    の、確固たる涵養がなされ、それによって自身を律していたならば、
    (同時に、自然にそれが涵養され得る様な、真に文化的な社会であればだが)
    あのような醜悪で下劣な異性などを、
    (性愛とは別の、婚活という奇妙で愚かな妥協の必要に迫られる事情があったとしても)
    自ら進んで視野に入れたり、ましてや接触、さらに欲情までしてしまうなど有り得なかっ
    ただろう、つまり最悪の事態を招く生活とは元々無縁で居られた筈なのである!

    >「スタイル」「セクシー」さを見分けられる審美眼(美意識)

    の、自然な涵養を阻んで蔑むような歪んだ土着性、「見合い」という奇習に続き台頭した
    「婚活」のような醜怪な窄取ビジネスが、結果として牝豚に命や財を奪われる駄目な男を
    多く産みだす。それが常に美徳だの良俗だので語られる「素晴らしい」日本文化の恐ろし
    く病んだ一形態なのである。




    関連記事
     
    日本文化 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント

    贅沢は(素)敵だ!
       
    2010/02/21(日) 10:14 | URL | たーみねーちゃん #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/1238-f1120ac6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック