FC2ブログ

    ジャパニーズ=短小、臆病、グロマン、マン毛ボーボーの広義の隠語

    ここでは、「ジャパニーズ=短小、臆病、グロマン、マン毛ボーボーの広義の隠語」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    でも外国に行くと日本人て笑いのねたや馬鹿にする対象でしかないんだわ

    白人黒人問わずにジャパーニーズサイズって言う単語を、短小包茎だったり、臆病者だったりって意味で、

    広い意味で馬鹿にする単語としてたまに出てくる。

    白人同士だったり白人と黒人だとある程度普通に接するが相手が日本人だと金持ちで無知で馬鹿の臆病者という風に感じるらしい。

    日本人の評価なんてそんなもんだって欧米や西欧での一般市民の雰囲気だけでひしひしと感じたよ。

    ↑ ↑ ↑
    これがIQの高い日本人が海外で感じる日本人に対する印象wwwwww
    関連記事
     
    芸能 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    相手にすらされない韓国人涙目wwww
    2009/12/31(木) 22:25 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]

    『IQ』て単語を覚えたんだね、管理人さん。

    2010/01/01(金) 00:50 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    昨日、スレでダウン顔の弥生と古モンゴロイドの論争をしました。
    所詮はどっちもモンゴロイドなんですが日本の大多数を占める外来種の弥生よりは、彫り深い古モンゴロイドの方が美しいと考えてます。

    海外では弥生の方が通用するなんていいますが(笑)

    白人はダウンモンゴロイドに対する優しさとリップサービスで一重ダウン弥生モンゴロイドを評価してるだけなのです。

    欧米のアジア系は弥生系を目指してるなんてホラ吹くやつがいますが(笑)
    CNNが製作したチョンゴロイドの整形に密着した番組を見たら欧米の東アジア系は弥生的特徴を抹消するのに必死でした。

    チョンゴロイドの整形とはダウン弥生の特徴を抹消することに重点が置かれているのです。
    まとめサイトでも指摘されてますが東洋人の特徴を否定しているのは東洋人自身なのです。

    日本人離れした顔がなぜ誉め言葉なのか?
    なぜモンゴロイドの整形は新モンゴロイドの特徴を抹消することに重点が置かれるのか?

    なぜ英語のダウン症はMONGOLISMなのか?

    日本の8割を占めるダウン弥生(新モンゴロイド)が縄文というか古モンゴロイドより美しいということはありえません。
    スレに書くべきですがなぜか規制中で書けなかったのでこちらに書きました。
    2010/01/01(金) 03:21 | URL | 管理人さま大好き読者 #-[ 編集]
    今年はより多くの理解力ある読者を獲得できればと思います。

    胴長一重のっぺり弥生顔の嫌韓房に負けないでください。

    こいつらは醜いツラだから管理人さまの一言一言が胸に突き刺さるのです。

    酔い気味なので長文は書けませんので、いったん失礼します。


    2010/01/01(金) 03:28 | URL | 管理人さま大好き読者 #-[ 編集]
    チョンゴロイドの種類なんかどうでもいい。
    さっさと浄化されろ!
    2010/01/01(金) 14:07 | URL | ジャアアアアアップ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/1086-c90d66f8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック