FC2ブログ

    【テロ】「“アラーの敵”に今こそ生物兵器を用いる時だ」…アルカイダ系サイトが炭疽菌テロを呼びかけ、米民間情報機関が公表

    ここでは、「【テロ】「“アラーの敵”に今こそ生物兵器を用いる時だ」…アルカイダ系サイトが炭疽菌テロを呼びかけ、米民間情報機関が公表」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    1 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2008/03/08(土) 16:50:31 ID:???0
     国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系ウェブサイトAl-Ekhlaasに2日、炭疽(そ)菌によるテロを呼びかける
    書き込みが掲載された。米民間情報機関サイトのサイト・インテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)
    が6日、公表した。

     サイト・インテリジェンス・グループによると、書き込みは、「アラー(Allah)の敵」に対して今こそ生物兵器を
    用いる時が来たと訴え、炭疽菌の胞子の感染力の強さ、致死性、準備の容易さ、費用の安さなど、炭疽菌を
    生物兵器として扱う上での準備、特徴、感染様式、性能などについて説明されていたという。 
    書き込み主によると、75サウジ・リアル(約2000円)以下で1キロの炭疽菌を入手できると述べているという。

     同サイトの閲覧にはパスワードが必要。

    ソース(AFP BB News) http://feeds.afpbb.com/~r/afpbbnews/~3/1511747/2710218


    2 :名無しさん@八周年:2008/03/08(土) 16:52:10 ID:q06ESESH0
    なぜ公言するのかわからん


    3 :名無しさん@八周年:2008/03/08(土) 16:52:55 ID:eBxzXpLc0
    あらー、びっくり


    8 :名無しさん@八周年:2008/03/08(土) 16:53:43 ID:6EezVEMDO
    そういえば前にアメリカで郵便物に白い粉かなんかが
    送られた事件があったが
    あれは結局何だったの?


    11 :名無しさん@八周年:2008/03/08(土) 16:54:07 ID:JKSqwfa/0
    2chでは北チョンに核を使えという書き込みで一杯です

    63 :名無しさん@八周年:2008/03/08(土) 17:16:59 ID:088Xr0hF0
    しかしなあ
    BC兵器は小型軽量故に自爆テロで使われたら防ぎようがないのはオウムで実証済み
    もし、奴らが本気で炭素菌テロしかけてきたらどうしたらよかんべ

    118 :名無しさん@八周年:2008/03/08(土) 19:40:10 ID:Yy+jHVN30
    神を信じているなら天罰を落としてもらえよ
    名前書くと40秒以内に心臓麻痺起こす手帳もらうとか
    生物兵器とかに頼ろうとするのが信じ切れてない証拠


    160 :名無しさん@八周年:2008/03/09(日) 04:58:53 ID:JX1cWtXnO
    実際に高感染で致死性の高いウィルスってのは
    もうデザインされてんだけどな
    経済からの要求があれば使うだろうよ
    今世紀中に世界人口激減は既定路線


    170 :名無しさん@八周年:2008/03/09(日) 06:18:56 ID:/MUK3lMw0

    アラブに新型フルーを撒くと
    あっという間に全滅だってことは
    アル・カーイダ総合テロ商会は分かっていないんですよね?


    303 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 14:42:44 ID:dv8YLUVx0
    オウムが炭疽菌の死骸をばらまいて、街中に悪臭がたちこめたことがあるな。
    (培養に失敗して菌が死んでしまった。)


    323 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 15:18:36 ID:aEJjawSX0
    今サブプライムとかで騒がれているけど
    それは表層的な事件であって
    現在の世界経済の問題の本質は
    これまでのアメリカのドルを基軸通貨とした覇権が
    音を立てて崩壊しつつあるという構造的な変動だろう


    333 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 15:28:56 ID:IhD18By40
    新疆ウイグルでムスリムに無茶苦茶してる中国は完全無視なのな>アルカイダ




    344 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 15:37:29 ID:VFwV75Ca0
    炭疽菌て感染力の強いハンセン病みたいなもので
    直接の殺傷能力はないけど
    子孫もブツブツ出来るんで感染したら自殺するしかなくなるらしい


    405 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 16:46:16 ID:HSQYlSAg0
    生物兵器として使える炭疽菌は、安く培養できる炭疽菌とは別物なんだがなあ
    オウムの村井が亀戸道場周辺にばら撒いたじゃん。炭疽菌。
    テレビの報道では、スプレーで撒いた際に、スプレーの圧力で炭疽菌が死んだなどとごまかしてたが
    実は、胞子はそんな程度で壊滅しない。要は、亀戸には本当に炭疽菌がばら撒かれたんだよ

    アレで誰か死んだという報道はあるか?ないんだよ。炭疽菌はそのまま培養してもだめなんだよ


    413 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 16:56:20 ID:ylCQ4jVf0
    >>405
    違う違う。オウムは通常の炭そ菌ではなくて、家畜のワクチン用の炭そ菌を
    培養してしまったんだよ。間抜けな連中だよ、本当に。まあ、それが幸いだった
    んだけど。あいつら亀戸や国会で散布したから、モノホンの炭そ菌だったら
    本当に大変なことにおなっていた。やつらの無知に救われたようなもんだ。
    で、これが一番問題なんだが、実害がないせいか、公安当局はほとんどこのこと
    を問題視していない。海外では驚嘆をもって受けとめられたんだがな。


    424 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 17:13:36 ID:a5bUpQzp0
    数ヶ月前の記事あった。内容は詳しく覚えていないけれとも → 
    米国だったかな? ウイルスの「ゲノムを解析」したので、ある程度の新種の
    「ウイルスは作れる」との記事だった。

    人類はとうとう「未知のウイルスを作るまでになった」。
    それは置いておいて、ある予言で恐ろしいカキコがあった。
    ある研究機関で、新種のウイルスを開発。そして、その効果がどの様になるのかを
    調べる為に、街に出した。→すると、突然変異を繰り返して、最初の予想と違って
    『致死性のウイルスに変異』をして、人類の脅威になり、膨大な数の人が世界で
    死ぬ様になるとの予言内容だった。 米国やロシア、中国も開発をしているかも知れない。

    研究者の間違いから、人類を大量に死なすウイルスが誕生をする。
    現代では、それは「夢物語」ではないと思う。 これだけ遺伝解析や、ウイルスの研究が
    進めば「新種のウイルス」を作るのは、容易いと思う。
    ※鳥インフルエンザだけでもまだ、大きな脅威が隠されているのに、
     新種のウイルスや、まだその脅威が試されていない→中国での「サーズ(新型肺炎)」
     なども、まだ未知のウイルス。 これから脅威を表して来るかも知れない。

    色々な予言にもあるけれども、これからは「第三次大戦の恐怖」と「新型ウイルスでの脅威」に
    晒される地球になりそうだ。


    441 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 17:42:21 ID:a5bUpQzp0
    各国の「細菌研究のラボ」には注意だな。
    やはり数ヶ月前の記事→ イギリスの「細菌研究機関」に保存をされていた
    ウイルスが「ラボ」から出てしまって、近くの地域に、鳥インフルエンザ?
    とにかく危険なウイルスでの感染事例が実際に発生をしたらしい。
    ウイルスのDNAを調べて、その「研究所」から出たウイルスが犯人だった。

    米国は、多くのウイルスを「研究しているはず」。故意か? それとも意図的か?
    としても「研究施設」から外に漏れる場合もあるはず。
    しかしそれが「驚異的なウイルス」であれば、米国は元より、戦争でなくても
    国は滅んでしまうな。 なぜならワクチンがないので、ウイルスが暴れて
    多くの命を奪って、人類の数を減らすはずだから。


    444 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 17:51:25 ID:a5bUpQzp0
    エブリン・パラガニ (米国の予言者らしい)

    ①・年内に悲劇的な事件がアメリカを襲うだろう。それが何であるのかまだよく見えないが、
    とにかく悲劇的な大きな事件だ。....※★もしかして? オバマの暗殺か?
      新しい殺人ウイルスが表れて→米国での死者が膨大になる?との悪感も・・・。
    ②・アメリカ経済は悪化の一途をたどる。サブプライムローンによる破産はこれから激増する。
    ③・アメリカの株価は暴落するが、それはクラッシュという規模のものではない。約15%程度の
      株価調整となるだろう。
    ④・経済の低迷は2009年春まで続く。
    ⑤・★大統領候補のバラク・オバマに危険が迫っている!イリノイ州シカゴで
       遊説中彼は襲われるだろう。厳重な警戒が必要だ。
    ⑥・来年、2008年には核を用いた攻撃が発生する。インドとパキスタンなのか、
      どこの国なのかはよく分からないが、当事国が核を用いて相互に攻撃しあうだろう。
    ⑦・アメリカは中東に長くとどまり、戦争は拡大する。間違いない。イランとの問題は悪化し、
      いまから来年(2008年)の5月の初旬までに戦争が起こる可能性が高い。
    ⑧・この冬(2008年)から▲新種のウィルスが流行し、多くの人間がこの犠牲になる。このウィルスは
      ▲もともと研究所で開発され、どのような効果をもたらすのか実験的に放たれたものだが、
       それが突然変異を繰り返し致命的なウィルスに進化したものだ。自然に発生したものではない。
       人工的に開発されたものだ。いくつかの国で感染は広まるが、アメリカもその内の一国だ。

    ⑨・これから2012年までの5年間は大変な期間になる。それはいわば地球が自らを浄化し、
      人間の意識がまったく新しいサイクルに入る期間だ。マヤカレンダーが終了する2012年に
      すべてが変わるわけではないが、明らかに重要な指標だ。この5年で大規模な自然災害、核戦争など、
      予想を越えた巨大な変化が確実に起きるだろう。

    ★ところで、ここでは新種のウィルスの流行が予告されてているが、コーシーのように、ウィルスの
     大流行から非常事態宣言が発令され、▲ブッシュ政権が独裁化する可能性を指摘する論者も多い。
     やはり目が離せない。......などと、予言には書かれていた。


    452 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 18:06:18 ID:3jcUH7Ra0
    既に破産しているアメリカ

    アメリカで経常収支と財政収支の「双子の赤字」は近年ますます急増している。
    これを今は外国からの資金流入でまかなっている状態で、国家としてはアメリカは
    すでに破産していると言える。

    経常収支の大部分を占める貿易収支の赤字については以前から言われてきたが、貿易以外の
    面でも、サービスなど米経済の優位性を裏付けてきた根拠は次々と崩れつつある。
    財政赤字も、改善の当てはないどころかブッシュがイラク・アフガン関連で史上空前の軍事予算
    を組み更に今後、悪化していくことは必至だ。
    まさに、いつドルの暴落が起きても不思議ではない状況だ。


    479 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 20:29:52 ID:k8PRjhZO0
    ビリー・マイヤーの「エノック予言」
    ★ヨーロッパ
    ①・第3次大戦の開始前からすでに、ヨーロッパでは局地的な戦争が勃発する。
      フランスとスペインの関係が悪化し、武力衝突へと発展する。
    ②・フランス国内が騒乱状態になる。その原因は、EUが導入する政府の権限を強化する
      法案の制定、国内のネオナチなどのギャング化した集団の暴徒化、および国外から
      流入してくる移民との対立である。
    ③・移民問題はヨーロッパ各国で騒乱を引き起こす。イギリスもその例外ではない。
      アイルランド、ウェールズなどは内戦のような騒乱状態になる。

    ★ロシアのヨーロッパへの侵攻
    ④・ロシアはヨーロッパ全土へと侵攻する。最初は北欧諸国に侵攻し、そこから南下する。
      この攻撃は ★夏に行われ、それはロシアのスカンジナビア半島に隣接した都市
     「アルハンゲルスク(Arhangelsk)」から行われる。
    ▲・この侵攻が行われる一月ほど前には 北ヨーロッパは▲巨大な竜巻に襲われる。
      ※この巨大竜巻がキーポイントらしい。
    ▲・ロシアのヨーロッパ侵攻が行われる年には▲巨大な自然災害がイタリアを見舞う。
      これに伴い▲ベスビオス火山が大噴火を起こし、大きな被害をもたらす。

    ⑤・ロシアは中東の支配をもくろみ、トルコとイランにミサイル攻撃を行う。
    ⑥・ロシアはヨーロッパの石油産出地帯を支配することを目指すため、南ヨーロッパに南下し
      この地域を攻撃する。ロシア軍はバルカン半島に侵攻する。

    ※次の様にも書いてある→ところで、ロシアによるヨーロッパへの軍事侵攻は、
     東ヨーロッパで比較的に広く知られているアロニス・イルマイル(Alois Irlmaier)や
     ブラザー・アダムなどの予言にも非常に詳細にわたる記述が見られる。・・とあった。


    480 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 20:40:12 ID:k8PRjhZO0
    ※ヨーロッパにも「予言の話」は多くあるとの事。ヨハンセンもその一人らしい。
    ★「アントン・ヨハネセン」がどんな人物なのか詳しいことはわからない。1858年ー1909年と
    あるから、約100年前に没した人物だ。残念ながら、ヨハンセン自身が書いた手稿は残っていない
    そうである。彼から予言を聞いた人物が残したメモが現在でも残っているそうだ。
    ヨハネセンは1906年のサンフランシスコ地震、1912年のタイタニック号の沈没、
    第1次世界大戦の勃発などを的中させているそうである。

    以下がヨハンセンの第3次世界大戦予言の要約である。なお彼は「これがいつ起こるか?
    年号は分らない」としている。

    1)インドは中国によって侵略される。
    2)兵器として開発された感染病によって2500万人が死亡する。
    3)イランと★トルコはロシア軍と思われる軍隊に占領される。
    4)革命派がインドとエジプトで騒乱を扇動し、(ロシアによる)インドとヨーロッパの占領を助ける。
    5)ロシアはバルカン半島を占領する。
    6)▲イタリアでは巨大な破壊が進行する。
    7)赤い嵐(ロシア軍)はハンガリー、オーストリア、北イタリアそしてスイスを経由して
      フランスに迫る。フランスは外からの侵略と国内の騒乱によって占領されてします。
    8)▲アメリカの補給基地はロシア軍の手に落ちる。
    9)ドイツは東(ロシア?)から攻撃を受ける。
    10)ドイツでは内乱が起きる。ドイツ人同士が戦うことになる。
    11)東側(?)がイギリスで内乱を起こす。
    12)アメリカがヨーロッパを防衛することを阻止するために、ロシアがアメリカを集中的に攻撃する。
    13)巨大なハリケーンとファイアーストームを引き起こす新兵器が開発され、アメリカの
      巨大都市は破壊される。


    481 :名無しさん@八周年:2008/03/11(火) 21:06:38 ID:UbBI4oDS0
    >>479-480..の 2つの予言を比べると、合致している部分もある。
    違う年代を生きた者なのに、見ている方向は同じ。不思議さを感じる。

    →・ロシアのヨーロッパ侵攻が行われる年には▲巨大な自然災害がイタリアを見舞う。
      これに伴い▲ベスビオス火山が大噴火を起こし、大きな被害をもたらす。
      ..の部分と→6)▲イタリアでは巨大な破壊が進行する。・・とするとこれは
      巨大な自然災害でイタリアが破壊をされる姿を現している事になる。

    →⑤・ロシアは中東の支配をもくろみ、トルコとイランにミサイル攻撃を行う。
     ..と→8)▲アメリカの補給基地はロシア軍の手に落ちる。
     ※この事からすると、トルコが米国の補給基地で、それはロシアに占領される事を
      表している事になる。

    ※その様に不思議と合致する予言の部分が有る。その不思議さからして、
     第三次世界大戦は、ある程度の確率で発生をする公算が高いのではないだろうか?

    ★そして、予言からでは発生の時期のヒントが多く語られている。
     ①ヨーロッパで大戦の「入り口になる紛争」の開始は、一ヶ月前に巨大竜巻の発生。
     ②そして、その年の夏から始まる。
     ③ ①の巨大竜巻の発生と同じに、イタリアでの火山噴火が紛争開始の目安となる事。

    ※これだけ、大戦の始まりのポイントがあれば、大戦の開始を知る事は容易いように感じる。




    関連記事
     
    国際 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://sweets4.blog96.fc2.com/tb.php/108-9aaa3a90
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック