FC2ブログ

    漫画化・動画化・小説化

    ここでは、「漫画化・動画化・小説化」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    名無し様からのコメント


    管理人様にぜひ!


    まず、映画「紀元前一万年」について
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%85%83%E5%89%8D1%E4%B8%87%E5%B9%B4

    数日前、この映画をTVでみました。
    映画マニアの間での評価は知りませんが、少なくとも私には娯楽作品として見応えあるものでした。

    で、これに影響をうけてすぐに私なりにストーリーのネタが浮かびました。
    その概略を書きます

    ●紀元前一万年前の醜い「ニププ族」の不潔不衛生な生活・陰湿で残酷な掟に基づく劣悪な社会、並びにカルト宗教「ニププ教」による絶対支配。

    ●優れた武器を持ち、馬に跨って、または馬に大きな箱を牽かせて奴隷狩りにやってくる、容姿端麗な「アングローン族」の度重なる脅威

    ●「ニププ族」は「アングローン族」の脅威に立ち向かうため、ふだんはニププ教の教義から見下して笑い者にしている茶色い肌の「エィジャン族」黒い肌の「アフロン族」にせっせと物を貢いで機嫌をとり、何とか仲間になっていただき徒党をくみ、アングローン族の治める地へ攻め込む

    ●しかし、その地にはアングローン族に仕えて彼らに同化した元エィジャン族や元アフロン族がウヨウヨ。同胞たる元ニププ族もまた然りであった。

    ●エィジャン族、アフロン族戦士もその地の勢力に寝返り、孤軍奮闘せざるえないニププ族戦士はゲリラ化してふだん奴隷を装い、反撃の機会を窺うしかない

    ●だがニププ族戦士はその地で目にした想像を絶する豊かな生活、ありとあらゆる優れた道具や巨大な建築、そして何よりも、初めて目にした「マン毛のない」「胴がくびれて」「手足の長い」「尻のきれいな」美しい女たちにくぎ付けになり、戦意を失ってゆく・・・
    とくに、アングローン族の美意識によって見違えるほどに生まれ変わった同胞の女をみたときのショックは計り知れないものであった・・・

    ●備考:アングローン族を創造した宇宙人(=神)やUFOを登場させても面白いとおもいます

    これをもとに管理人様にストーリーを書いていただき、ぜひブログに連載していただきたいものです(笑)



    __________________________________


    ジャップは人類文明の天敵wwwwwwwwwwwwww


    ジャップは白人の天敵wwwwwwwwwwwwwwww


    ジャップは白人が何をしたか、どんな貢献をしたか、日本人に何を齎したか、日本人をどれだけ助けてくれたかなんて全く頭に無い訳wwwwwwwwwww


    白人がどれだけ日本人を助けようと、日本人の頭にあるのは「白人を見下し、復讐する事」wwwwwwwwwww


    ジャップとは、白人の粗探し、人格、容姿差別に快楽を感じる悪魔。


    ジャップが生きる事=白人否定なわけwwwwwwwwwwwwwwwwww


    ゴキブリがゴキブリとして生きていくように、ジャップには白人の天敵として白人を攻撃する事しか頭に無い。


    もう、世界と交わえられないほど、特異で異質な民族と成ったのがジャップwwwwwwwwwwwwww


    誰もこんな国に住みたくない、誰も日本に魅力など感じて居ない。


    ジャップの劣等さをジャップが知らなくてはならないのに、本当の事を言えば即刻「非国民」扱いwwwww


    日本を褒めなければ「在日」、外国人は必ず「日本を褒めて当然」「日本文化が世界より優れている」というカルトに洗脳されている悪魔。


    あのね、人口が多かった時はそれでも良かったのwwwwでも、もう奴隷が不足している訳wwwwwwwwwwwwwwww


    ジャップにできる事は、既に中国人でも韓国人でも欧米人でもできるわけwwwwwwwwwwwwww


    ジャップはクールジャパン、海外反応等のホルホルカルトで滅亡する国。


    ジャップはその己の非文明さと容姿の醜さで滅亡する最初の国wwwwwwwwwwwwwwwwww


    ジャップは世界のどんな民族とも共存できない悪魔。何故ならその醜い容姿と、陰湿さ、嫉妬心、偏狭さにどんな外国人も日本人との共存を拒むからwwwwwwwwwwwwwwwww


    日本的価値観こそが諸悪の根源。日本人が欧米化できない限りこの国には未来は無い。


     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top↑
    フォーレル=ユーベルコール様からのコメント


    タイトルなし

    いやあ、素晴らしい記事ですね。
    まあ底辺日本猿どもはこれに対し、「完全に証明されてない説は言うなあ!」系の、無学特有の『逃げ』しかできないでしょうねぇw

    相対性理論が実証される以前のアインシュタインに対し、「実証されてない仮説だろ? だったら言うなあ!」と抜かす科学者は皆無でした。

    フェルマーが有名な最終定理を「予想」した時も、「証明されてない予想だろ? ならば言うなあ!」とほざく数学者は一人もいませんでした。

    相対性理論の実証前から、科学者たちの多くがその理論の“美しさ”“整合性”などを高く評価し、もはや正しいのはほぼ確実の『実証待ち』の理論だと考えていました。実証以前から相対性理論は、科学界で大きな支持・名声を得ていたわけです。そして実証以後も、「仮説を唱えた」アインシュタインは「実証した人」よりも遥かに称えられています。

    フェルマーの最終定理にしても、証明される以前から数学者たちは「直観」によってその「予想」の正しさをほぼ確信しており、あとは『証明待ち』だと考えていました(証明の競争はすごかったですねぇ)。そう、最終定理は証明される前から、ほぼ全ての数学者から支持され、フェルマーの最も有名な業績となっていたのです。そして証明後も、「予想をした」フェルマーは「証明した人」よりも遥かに有名です。

    学問の世界が、いかに『真理への直観』が重視される世界であるかが分かるでしょう。学者たちは「完全には証明されていない仮説」に対しては、“蓋然性”“整合性”“矛盾の無さ”“明確さ”などを吟味し、それに「直観」「経験」も加え、「支持するか、しないか」の判断をするわけです。その結果、(実証前の)相対性理論が相当支持され、「空飛ぶスパゲッティーモンスター」仮説が相手にもされない、ということが起こるわけです。間違っても科学者たちは、(実証前の)相対性理論と「空飛ぶスパゲッティーモンスター」仮説を(上のような吟味もせずに)いっしょくたにして『まだ完全に実証されてない仮説だろ? ならばダメー!』な~んて白痴なことは言いませんからw

    そんなことを言うのは学者ではなくカルト宗教の信者ですw キリスト教原理主義者たちは、科学者が宇宙の起源についての仮説を唱えることにすらケチを付け、研究自体を否定するみたいですからねえw

    ま、管理人さんの説に対して、“蓋然性”“整合性”“矛盾の無さ”“明確さ”“直観”“経験”などには一切言及せず、ただ単に「証明されてない仮説ならば、言うなあ!」系の念仏を唱えるだけの連中は、自分たちの心性がカルトそのものだと完全に自白しちゃってるんですよw(今さら慌てて言及し始めても遅い遅いwもう既に自白済みなんでw) そんなカルト(日本教カルトw)の連中なんざ、相手にする価値も無いのは自明でしょうw キリスト教原理主義者を物理学会に招くようなもんですからww まあせいぜい、アインシュタインやフェルマーはじめあらゆる学者を敵に回すカルト念仏を、せっせと唱え続けてくださいなwって感じだなwww

    ちなみに日本教カルトが「完全に証明されてない仮説ならば、言うなあ!」っていう時の「証明」(まあ、“証拠”とか“根拠”とかいう言葉が使われることもあるけどw)ってのも、これまたマヌケ特有の意味合いで使われているんですよね~w(どんだけタコ踊りが好きなんだよw)

    ジャイアニズム論法とか、「俺を説得してみろ」論法ってやつですw

    その一例(従軍慰安婦を正当化するアホウヨどもをサンプルにw)
    ↓↓
    http://d.hatena.ne.jp/bat99/20120617/1339948367 (リンク先も)
    ブックマークコメントです↓
    http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/bat99/20120617/1339948367
    haruhiwai18さんの「ミーイズム」という言葉が秀逸ですね~w

    管理人さんの説は、整合性、無矛盾性、常識、体験、蓋然性などを考えれば、既に『実証待ち』の段階に入っていると思います(管理人さん流の言い回しでは、“BBCやCNNが取り上げてもおかしくない、立派な研究対象”ですね)。まあ理論の「微修正」ぐらいは必要かもしれませんが(ニュートン力学にも後に微修正が加えられましたし)。

    今、管理人さんの説を支持する者は「優れた学徒」として名を残すでしょう。これは実証前に相対性理論を支持していた科学者に当たりますね。

    今、管理人さんの説を、上のような吟味をした上で支持しない者は「劣った学徒」として名を残すでしょう。実証前にアンチ相対性理論だった科学者に当たりますね。

    今、「まだ完全に実証されてない仮説だろ? ならば言うなあ!」と吠えてる奴は、学徒とすら呼べぬ『日本教カルト』として名を残すでしょうw キリスト教原理主義カルトに当たりますねw

    将来、私も管理人さんの説を完全実証する手助けができればいいと思っております。まあ、その時名声を得るのは私ではなく管理人さんですけどね(アインシュタイン、フェルマーのように)。知性ある人々は、管理人さんの『真理への直観』を大いに称えることでしょう!


    ____________________


    フォーレル=ユーベルコール様


    こんなに褒められると照れます。


    私の目が黒い内に世界から叩きのめされる鬼畜日本猿の姿を見たいという希望はあるのですが道のりはかなり険しく遠いでしょう。


    残念ながら宣伝媒体が「ブログ」と「サイト」しか無いので日本どころか世界で名をはせるは難しい現状にあります。その上ネット界ではかなり嫌われているのでアクセス数の自力UPは限界があります。


    一応、ブログの相互リンクやアンテナへの登録申請はしているのですが今の所2つしかリンクはありません。


    有名になる為に心を痛めながら毎晩日本メス猿の奇形画像やマン毛画像をブログにUPしています→http://blog.livedoor.jp/irukakun99/


    私自身は有名にならなくても良いので、代理人の方が現れてくれればと希望します。


    せめて「日本教カルト」「ネット憲兵隊」「ネット言論弾圧」の現状や、私が受けた嫌がらせや脅迫を石原閣下や橋下閣下に直訴したいとは以前から考えていました。


    しかし私は「屁たれ」なのでツイッターで橋下閣下に絡む事ができません・・


    ですが、秘密ですが私はある「行動」を現実的に行っています。アンチのカスどもに嫌がらせや妨害を受ける可能性があるので具体的にはいえませんが

    私の秘密の行動→海外への発信と計画しています。


    あと数ヶ月で実現に近づくかもしれません。その時まで住人の方々は楽しみにしていてください。


    応援ありがとうございました!


     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    名無し様からのコメント

    電子出版、お互い頑張りましょう!

    管理人様、私もネット巡りしている最中に色々と触発され、自ら電子出版を決意しました。
    http://p.booklog.jp/ ←ここでやろうと思います。
    今年中に着手して来春までに?何とかしたいと考えております。

    いま、構想・考証・推敲含め2年近く費やして完成させた、1200字詰め×130ページにわたる
    "昭和エログロオカルトホラー小説"の原稿データがあるのですが、
    アダルトやサブカルの文芸本だしてる出版社は、えらくマイナーな所であっても
    「知名度なし活動歴なし」の作品投稿はろくに眺めてくれさえもしないというか、
    基本的にお断りのようなので、売込みはまったくの徒労に終わるだけなのでしょう。

    もし読まれたとしても、営業部門を通じて自費出版を奨められるのかもしれません
    (最近では出版社内に個人の自費出版に応じる専門部署が新設されていたりしますね、
    本をだしたい人の欲求につけ入り、利益を貪りたいだけなのでしょう、)
    新人作品の募集かけてる場合もあるが、他所に応募したものは不可などと案内しています、
    しかし、応募する出版社ごとに幾つも新作を用意するなど本当に不可能な話ですよ!

    よって、いま手にある完成作を更にさらにブラッシュアップして電子書籍化に臨みます。
    誰が何と言おうと、結果的にあまり読まれなくとも、世に出す価値があると信じているからです。
    具体的に390円で販売する等、あれこれ考えております。

    ・・・・でも、あわよくばソレが「紙の本」を出している出版社の目にとまり・・・
    なんて事もねえ、正直まだ狙ってますよ(笑)

    ちなみに、私の作品中でも日本女の容姿の醜さと欧米的美意識については
    僅かではありますがユニークな形で触れております。
    管理人様のサイトを知らなければ、恐らくこれは盛り込めないテーマでしたね。
    ほんとうに感謝しております。


    _____________________________


    非公開コメントだったが、私はこの方の宣伝協力をしたいので公開します。


    マン毛ボーボー引きこもり女の「ヨイチ」は「何もできない」と必死にレッテル付けをしているが、とうとう住人の方から作家デビューする人が現れました。

    私も歩みは遅いが、着々と準備を始めている。問題は差別用語と、公序良俗に反するという「規約違反だ」。(若しよければ「匿名で出版できるのか」作家デビューを志す住人の方は問い合わせて欲しいです。)


    結局何も出来ないのは、低IQのヨイチwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    他人が作った掲示板で、他人が作ったブログやサイトで粘着し、他人の発言を盗み、そこに粘着するwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    更には、自分では「何の証明」も「画像」も「自分の意見」すら書かず、他人に「証明しろ」「ソースだせ」の一点張りwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    何も出来ないのはお前なのwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    お前らみたいなカスが言論、思想の自由を奪い、妨害するわけ、だから出版が遅れている。


    「何も出来ない」というのは、お前のレッテル付けでしかないのwwwwwwwwwwwwwwwww


    なら「お前は何ができるか」書いてみろよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    粘着と、嫌がらせ、嫌味の羅列だけwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    あたまわるぅぅぅううううううwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    私も何とか半年以内に文章を完成させたいとがんばてはいますが、私の文章の内容や差別用語、猥褻な表現、更にはプライバシーの問題と、難問に直面しています。

    住人の方が出版するに当たり、私は全面サポートをしますので、是非「匿名出版」や「差別」「公序良俗」「猥褻な表現や言葉」に関する情報を私に提供してください。宜しくお願いします。


     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑

    申し訳ないが、このブログを私の電子書籍構想、練習の場として使わせて頂く。

    テレビの前で食事をする習慣がある人が、テレビの前に無意識に座り何かを食べる。

    トイレで新聞や本を読まないと用が足せないという人も居る。

    このブログは私にとって生活の一部なので、「ブログ記事を書いている内にアイディアが浮かぶ」という習慣がついてしまった。

    昨夜社長室の椅子の上で色々「本の構成」について考えたのだが、やはりみかん箱の上のノートパソコンの前に座らないと良いアイディアが浮かばない。

    「これほど醜い日本人女性」というタイトルが使えないのは残念なのだが、「フィクション評論」というカテゴリーを思いついた。

    第三者への中傷や、反社会的、公序良俗に反する内容の本は出版できない事になっている。

    そこで、私の評論や批判の先を「架空の民族」にする事で、これらの規約から逃れようと思いついた。

    「鬼畜日本猿」「日本メス猿」「日本」という名前を変えなくてはならない。架空の「民族」や「国」を創造し、その国と民族を批評する、という形を考えた。

    本は「章」で区切り構成する事にする


    (例)

    第一章 日本の現状・進歩の止まった日本人・容姿・精神・民度の没落

    第二章 日本文明の終焉と日本文化至上主義

    第三章 日本メス猿賞賛と神聖化

    第四章 地獄に追い込まれる日本人男性・自殺・破産・性機能障害・日本型家庭の崩壊・少子化

    第五章 日本メス猿の奇形化・8割を超えるO脚・精神・内面・知能の退廃

    第六章 日本メス猿絶対主義・日本文化至上主義に歯向かえない日本人

    第七章 日本人男性の変態化・奴隷化・社畜化・そして自殺

    第八章 日本メス猿没落による国際関係の悪影響

    第九章 悪魔化する日本メス猿

    第十章 海外の反応を気にする日本人

    第十一章 集団同調・集団洗脳に対抗するには

    第十二章 自然発生する「思想強要自警団」・言論弾圧の現状

    第十三章 アンチ達の手口と論法

    第十四章 日本メス猿を浄化せよ・遺伝子に染み付いた悪の思想

    第十五章 日本の国際的役割と貢献

    第十六章 日本猿自決


    ___________________


    とにかく長い、300ページどころか、1000ページ行きそうな内容だ。

    例えばドエトフスキー等のロシアの文豪の本は長くて長くて最初の内容や登場人物を忘れてしまう。

    私の場合映画ですら2回以上見ないと良く理解できない事がある。

    超長文の長編小説を書く人は、どうやって小説をかいているのだろうか?読み飛ばしですら300ページの本を読むのに10日以上かかる私には謎だ。

    書いては読み直し、誤字や文法を直す。これだけでも大変な作業だ。一体小説家は読み直しや内容、表現の修正等をどうやってやっているのだろうか?

    長尾カルピ先生辺りに聞いてみたいものだ。

    今は内容よりも「構成」について考えている、取り上げて欲しい内容がある方は是非管理人にアドバイスしてください。

    それから「日本猿」や「日本メス猿」等に変わる架空の民族名を募集しています。心優しい方は管理人に提案してください。


    予定としては、過去の私の投稿を「章」で区切り、まとめる予定です。「これほど醜い日本人女性」管理人コラムや、「日本研究ブログ」の私の投稿がまとめらます。


    採用して欲しいコラムや投稿文がある方は是非管理人に連絡してください。


    (例)



    日本メス猿とは


    日本人女性とは、「あらゆる文化文明、宗教的価値観からも劣った存在であり、全ての文化圏からの視点でも、異質な生物」である

    「日本人女性の容姿、振る舞いは全人類を例外なく不快にする」

    海外での日本人女性自爆は猛威を振るっていた、罪の無い日本人男性まで道を歩いただけで罵倒されるほど深刻なものとなった。

    「日本人女性は若く見える」「可愛い」と世界中で見苦しい「猿歩き」を披露し、日本人女性が唯一優位性を感じていた特定アジアや東南アジアですら嘲笑され始めているのだ。
    東南アジアのスタイルを強調した、見ただけで勃起してしまいそうなチチの膨らみ、セクシーなケツ、美しい真っ直ぐな脚の少女達を見て、日本人女性は何を思うのか。


    「日本人女性の容姿、振る舞いは全人類を例外なく不快にする」この事実を伝えるのは勇気のいることである。

    本来ならば「滅び行く日本人女性を静かに見守りたかった」これが日本人男性の本音であった。


    しかし日本人男性は日本人女性にタカられ、利用され、強請られ、脅され、毟られ、挙句の果てには病気までうつされ、海外ではブランドに群がり、勘違い馬鹿女は自爆し醜態を晒し、日本のイメージを失墜させたのだ。


    一刻も早く馬鹿女を絶滅させなければ、日本が滅びる


    日本人男性の怒りは臨界点に達しようとしている。これ以上日本人男性の犠牲者を出すわけにはいかない。残酷かもしれない、しかし我々日本人男性はこれ以上「日本人女性が世界一醜い」現実を誤魔化したり、とぼけたり、知らない振りをするわけにはいかないのだ。


    見渡す限りのブス、80%を超えるO脚、日本人男性は絶望の淵に立たされていた。過酷な環境で苛烈を極める美女争奪戦、熾烈な美女争奪戦で日本人男性は疲弊、破産、病死する一方、日本人女性の要求は更にエスカレートしていった。

    要求だけではなかった、情報まで統制されていたのである。日本人女性に批判的なことでも言うものなら、容赦なく「人格障害(在日)」のレッテルを貼られたのだ。

    日本人女性の主張は絶対であった「日本人女性は30になると白人に勝てる」「日本人女性は老化が遅い」「肌が綺麗」マンコ枯渇状態に置かれた日本人男性は、日本人女性に歯向かう事などできるはずもなかった。

    「俺には明日のマンコがあるのだろうか」このまま女にタカられる人生を歩まなくてはならないのか・・日本人男性は天を仰いだ、挫折者は部屋に篭もりパソコンの画面を眺めるほかなかった。最後に捨てられてから数年、瞬く間に過ぎ去った時間に日本人男性は時の速さを実感すると共に、虚しさを感じずにはいられなかった。


    挫折と生き残りを賭けた熾烈なマムコ争奪戦、戦いに敗れ「左手にマウス右手に息子状態」に陥る日本人男性が続出した一方、一見勝ち組に見える日本人男性にも容赦ない悲劇が襲い掛かったのである。

    見栄を張って6年ローンで買った新車、日本人男性は2年かけてゲットした彼女との初ドライブを待ちわびていた。この日の為に日本人男性は過酷な生活に耐え抜いてきたのである。

    勝ち組とは言え、彼女にタカラレ、利用される日々。日本人男性はモヤシとマヨネーズで飢えをしのぐ日々を過ごしていた。

    想像を絶する悲劇は彼女が車に乗り込んだ時から始まろうとしていた。停車し締め切った車内での会話。彼女と些細な会話を始めて数分、奇怪な刺激臭が日本人男性を襲ったのである。

    「何なんだこの糞のような刺激臭は」余りの強烈な異臭に顔が強張る日本人男性。そして更に数分、刺激臭は更に強まりを見せようとしていた。刺激臭はすでに日本人男性の我慢の限界を超え、意識がもうろうとする日本人男性、日本人男性は死を覚悟せざるを得なかった。

    「口臭がここまで車内に充満するとは!」

    日本人男性の女性に対する夢(幻想)が崩れ去る瞬間であった、可愛い彼女と舌を絡めたかった、可愛い彼女のマンコを思う存分舐めたかった。

    クンニ・・この行為の為に日本人男性は厳しい社会生存競争を戦い抜いてきたのである。可愛い彼女のマンコを開き、ビラビラにイタズラをする行為に日本人男性は甘い夢を見み全てを捧げて来た。

    世界一甘いもの、それは恋した彼女の唇・・マンコ・・例え別の男のちんぴをシャブッっていた口であろうと、中田氏されたマムコであろうと、咽喉やマンコに病気を持っていようと、彼女に夢中になった日本人男性には衝動(欲望)を抑えることなどできようが無かった。

    しかしあれ程楽しみにしていたマンコが、日本人男性を地獄に追い込む結果になるとは、洗脳された日本人男性は夢にも思っていなかった。


    日本人男性が受ける苦悩は、車内に充満する口臭のみに留まらなかった。パンティーにマン毛が突き刺さるほど伸ばし放題のマン毛、糞やら小便の臭いが染み付いたボーボーのケツ毛、この世の物とは思えない黒いマンビラ、更にはチンポを入れれば入れるほど気持ちよくなるどころか、チンポを入れれば入れるほど「ザリガニやミドリ亀の水槽」の様な強烈な刺激臭を発ち、日本人男性から生きる希望を失わせる日本人女性のマンコ。

    彼女の汚いマンコを舐めてしまったばかりに命を落とす者、奇病に感染する者、更には余りの悪臭、グロさから「性嫌悪症」、「勃起障害」、「性欲低下障害」等の精神に異常をきたす日本人男性が続出したのである。男を磨くはずのマンコが、男を失わせる要因になっていたのだ。


    一向に進まない日本人女性の美意識の覚醒、日本人女性は自ら破滅に向かおうとしていると言わざるを得ない。外敵がいない為の脳の鈍化も深刻であったが、外部からの情報を歪曲遮断し、日本人男性を苦境に追い込んだ馬鹿女の罪は重い。

    過去数十年に渡り日本人女性の繁栄は絶頂を極めた。その日本人女性に暗雲が立ち込めようとしている。「これほど醜い日本人女性」の台頭、そして外国人女性の流入により、可愛い象徴であったはずのO脚が、見苦しい身体特徴へと美意識が変化しつつあるのだ。

     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
    管理人の英語版の動画が誕生しました。

    今回は削除されないよう、AAが中心です。

    心優しい方は、外国の友達に紹介してください。お願いします。



     
    漫画化・動画化・小説化 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑