FC2ブログ

    日本軍による蛮行

    ここでは、「日本軍による蛮行」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    欧米の猿真似でつくった軍隊ならではの結果


    偶々面白いものをみたので、ここ向きかと思い投稿させていただきます。

    (文林堂 世界の傑作機No.149 ページ45より)
    -------------------------------------------------------------------------------
    日本の戦闘機パイロットが「戦闘機の敵は、戦闘機だ」と考え、
    戦闘機の武装は「7.7mm機銃2挺で充分だ。20mm機関砲など百害あって一利無し」と
    意見具申を行っていた時代に、一挙に4倍もの火力を備えた戦闘機として登場した。
                     (中略)
    敵の爆撃機を叩かねば国家・国民を空爆から護れない、となるのがデモクラシーの発想だ。
    ハリケーンの「戦闘機の標的は爆撃機!」「爆撃機を一撃で必墜する」という思想を、
    日本の戦闘機乗り達は読み取らなかった
    ------------------------------------------------------(引用ここまで)----------

    この例のほかにも日本海軍における「レーダー不要論」とかあまりにも馬鹿なものが多かった。
    (※レーダー不要論についてネットではでてきません。気になる方は戦史や軍事の「紙の本」へ)
    日本人に非論理思考の傾向が強いとは、当時から欧米の知識人の間では共通の見解だったようだが、
    このように一国の命運を握る軍事にそれがよく表れている。だから勝てる戦争ではなかったのだ。



    __________________________


    日本人は優秀なのだが

    「日本人女性は白人女性より美しい文献が存在する」!
    「日本人女性は白人女性より美しいお墨付きが存在する」!
    「日本人女性は白人女性より美しい比較画像が存在する」!
    「日本人女性は白人女性より美しい統計が存在する」!
    「日本人女性は白人女性より美しい論理が存在する」!

    と、感情的に喚く日本人が、これだけ情報化された現在でも存在するので、当時の「まともな日本人」は相当鬼畜日本猿の詭弁と精神論に苦悩したと想像できます。

     
    日本軍による蛮行 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    げろ様からの投稿

    白人女性強姦が国策だった大日本帝国

    現在世界が異形の怪物で溢れ返っている原因は間違いなく大日本帝国にある。
    国際主義的ユダヤ人に原爆を落とされて滅亡するのは当然だ。
    美人種を虐殺し、片端から強姦し、醜人種しか存在しない地獄に変えたのは悪魔日本猿だ。


    以下大日本帝国の本性:

    同年1月アムール州「マザノヴォ」という村で日本軍「現地守備隊」の掃討作戦に耐えかねたパルチザンが蜂起し、近隣の村落も巻き込んで大規模な戦闘が始まった。日本軍は零下42℃という過酷な気象条件のため撤兵、村は一時赤軍パルチザンにより解放された。しかし「守備隊長マエダ大尉(前田多仲大尉)の率いる討伐隊が再度来襲し、道すがら手当たりしだい村々を焼き、農民を虐殺し、蜂起民が逃げ散った「マサノヴォ」を再占領。さらに「ソハチノ」という近隣の村に到着するや、女子供も含む逃げ遅れた村民全てを銃殺し、村を徹底的に焼き払った」とされる[要出典]。

    日本下級軍人が、所謂殊勲の恩賞に預からんがために、而して他の実際討伐に従軍せる者を羨みて、敵無き所に事を起こし、無害の良民を惨殺する等の挙に出ること。而して「我部下は事無き故可哀相なり、何かやらせん」と豪語する中隊長あり

    士官・幹部も同様で、ウラジヴォストークの某参謀将校が毎日「裸踊り」の観覧にうつつを抜かしていたことについての報告が残っている[8]。戦線が泥沼化した1920年の段階でも同地の派遣軍首脳部は「三井、三菱に出入りして、玉突きや碁将棋に日を消し」ており、少壮将校は「酒楼に遊蕩」していたとされる[9]。
    このような状況を、匿名の投書で告発する兵士も出現した。黒竜会の機関紙『亜細亜時論』へ投書された告発書は、その内容ゆえに公表が一時憚られたが、「改革カ亡国カ 隊改良ニ関スル絶叫書」(以下「絶叫書」と略記)なるタイトルが付され「極秘トシテ当路扱ヒ少数識者ノ間ニ頒ツ」(同序文)こととされた(外務省記録、「出兵及撤兵」)。同「絶叫書」の内容は全8節からなる長大なものだった。以下内容の一部を紹介する。
    「軍紀頽廃ノ実例」の節は、さらに「(イ)敬礼ヲ避ケル」「(ロ)社会主義ノ気分漲ル」「(ハ)殆ド盗ヲナサザルモノナシ」「(ニ)計手ハ皆泥棒」「(ホ)歩哨ノ無価値」の各小節に分かれている。
    (ハ)の項では、村の民家から鵞鳥・鶏・豚・牛を盗んでは食べる兵士の不品行を糾弾している。このような事態を派遣軍司令部も把握しており、当時兵士に配布されていた「兵士ノ心得」にも不法行為を禁止する戒めの言葉が記されていたが、全く効果はなかったとされる[10]。ロシア側の資料にも日本軍兵士による不法行為についての報告がある(「日本兵の亡状 州里駅より東清鉄道に達せる報告に日本兵は薪及鶏類を窃み又駅員其他の家屋に押入りて婦人を辱めたり」[11])。また同「絶叫書」中「最高幹部の非常識」の項では、匿名投書子は大井師団長がブラゴヴェンシチェンスク市へ入ったときにロシア人住民に対して取った「敗戦国ノ住民ニ対スル」ような態度を糾弾している。

    これが日本武士道の本性!

    日本人は人類を絶滅させようとしている悪魔だ

    悪魔日本猿は人類奇形化の全責任を負っている。


    世界一の美人種だったロシア人を虐殺し、強姦し、北方領土を返せと叫ぶ悪魔日本猿!




    アメリカは日本猿を皆頃しにするべきだった



    ---------------------------


    今も昔も鬼畜日本猿の本性は変わっていない。強大な軍事力と経済力でアメリカに押さえつけられているからこそ鬼畜猿は善人ぶり「平和」「平和」と訴えているが、これは逆に取れば「原爆を落としたアメリカの復讐心」とも取れる。

    私が「これほど醜い日本人女性」創作の原動力にもなった「白人は太りやすい」「老化が早い」「日本人女性は可愛い」「外国で人気がある」「日本文化が人気」「日本は娯楽大国」「和食は体にいい」「白人は味音痴」等の白人を蔑視し、白人に対する劣等感と復讐心に燃える無知なネット右翼や洗脳された鬼畜日本猿に危機感を感じ、鬼畜日本猿に「真実」を伝えなくては成らないという義侠心から「これほど醜い日本人女性」は発案された。

    鬼畜日本猿はロシアに隣接する凶悪なモンゴロイド国家群に、金をばら撒き、モンゴロイド移民によるロシア、ヨーロッパ諸国の文明破壊を続けている。

    現在でもロシアを「嘘吐き国家」「貧しい国」という負のイメージと、「ロシアで日本文化が人気」という正のイメージを織り交ぜながら、ロシアに対する悪いイメージを国民に植え付ける悪魔国家。

    ロシアは鬼畜日本猿を核攻撃し、焼き滅ぼすべき


    ↑これは鬼畜日本猿の偏向報道の一部だが、鬼畜日本猿は私が警告している通り、反論して来ないロシア、フランスをだしに、「ロシアで和食レストランが人気」「フランスで日本のアニメが人気」と、鬼畜日本猿を盲目にさせる為に特にこの2各国を利用している。

    以前はトルコ、台湾だったが、流石にこの両国の反日感情の高まりから、ネタとして利用しにくくなったのだろう。

    自分がいい生活をしたい、現地で優越感を感じたい。それだけの私欲の為に現地の貧乏人を利用し、現地官僚や有力者と結束し、日本人の税金と、欧米の美しい魂を破壊する鬼畜日本猿。

    本当に現地の為を考えない、本当に必要な助けをしない、鬼畜日本猿を「人気がある」と騙す目的で「盆踊り」「太鼓叩き」「折り紙」「味噌汁」に莫大な金と50年という歳月を掛け、無駄を繰り返す鬼畜日本猿。

    自分達が欧米の食文化や、文化をアレンジしても「何も感じない」、だが欧米人や外国人が「日本文化をアレンジ」すると、「味音痴だ」「日本文化を歪曲している」と欧米人批判をする鬼畜日本猿。

    この真理の根底にあるのが、「日本文化は特別」「選民主義思想」、ジャムもスイーツもクリーム類、スープ、ピザを日本人がアレンジしても誰も「オリジナルと味が違う」とは誰も言わない。逆に日本人シェフが海外で賞を取る事も有る。

    だが、外国人が日本料理やキャラを使うと、必ず「味」や「オリジナル性」にケチを付けるのが鬼畜日本猿。

    「海外で日本文化が人気がある」と思わせる為に、50年も途上国に莫大な金を文化交流という名目でばら撒き続ける鬼畜日本猿。自国文化が世界標準になっているイギリス、フランス、イタリア、ヨーロッパ各国ですら、自国文化自慢など決してしない。

    世界の糞田舎者、そして白人を恨み、復讐心に燃える鬼畜日本猿が白人種撲滅の為にモンゴロイド、有色人種国家に金をばら撒き、日本文化紹介を名目に、鬼畜日本猿から金を巻き上げ、海外援助を正当化しているのだ。











     
    日本軍による蛮行 | トラックバック:0 | コメント:22 | Page Top↑
    現代の日本円にして
    いくらになるかは分からないが、かなりの量の金塊がチタの白衛軍から日本に渡ったことは真実らしい。
    確かに、100パーセントのロマノフの金塊をシベリア経由で強奪するのは大変な作業だと思う。
    今後、世界にばら撒かれたロマノフの金塊の行方について正確な調査が必要だ。

    何しろ、ゴルゴにも出てくるくらい、有名な話だし、当時のロシア帝国はアメリカに次ぐ金満国家だった筈だからだ。

    話は変わるが、日本の科学技術力や食文化は俺は評価するに値すると考えている。

    これほど繊細で、器用な人種が何故、かくも住みにくい環境を建設するのか、これはやはり政治や美的センスの劣等さからきていると思う

    さらに、まともな精神道徳教育がされていない


    げろ様の投稿に対し、神父ソン様からのコメント


    >これほど繊細で、器用な人種が何故、かくも住みにくい環境を建設する
    のか、これはやはり政治や美的センスの劣等さからきていると思う
    さらに、まともな精神道徳教育がされていない


    美的センス以前に悪性モンゴロイドは利己主義の塊だからこうなるんだと思う。

    どんなに繊細で器用でも、心が貧しい人種に美しい国は作れないのです。 
    日本軍による蛮行 | トラックバック:0 | コメント:5 | Page Top↑
    某資料より抜粋

    1.ロシア革命後、皇帝(ニコライ二世)の信任が厚かったコルチャーク提督が、革命の混乱に乗じて金塊を略奪、側近のペトロフ将軍と共に二十二箱の金塊を列車に積み、カザン、チタを経由してハルピンに脱出した。

    2.コルチャーク提督が(赤軍に)、捕えられた後、ぺトロフ将軍はその金塊の箱にダイナマイトと書き、列車を干し草運搬に見せかけ、偽装して金塊を移送した。

    3.バイカル湖の東岸で、その地方を納めていた首領にその金塊が奪われそうになり、やむなくその地に駐留していた日本軍に保管を依頼し、金塊二十二箱を預けた。

    4.ペトロフ将軍は一九三〇年(昭和五年)代初めに家族と来日、金塊回収に乗り出すが、軍部の反対で失敗し、そのままアメリカへ移住した。

    5.今回この「秘話」を明らかにしたのは、ぺトロフ将軍の息子でカリフォルニア在住のセルゲイ・ペトロフ氏である。

    6.この金塊の行方については、サンフランシスコの亡命者古文書館にその資料が残っている。

    7.ロシア共和国政府がその回収に乗り出す可能性がある。

    8.ロシアテレビがこのニュースを追跡調査するとのことである。

    セルゲイ・ペトロフ氏はしきりに首を振り、この記事は非常に不正確で、私は金塊について正式なインタビューを受けたことは一度もなく、今日が初めてのことであると言い出した。私も驚いたが予期しないことでもなかった。東京のイズベスチャー支局長と会った時、私のセルゲイ・ペトロフのアドレスを教えてほしいとの要請に、支局長が、「あの記事はイズベスチャーの記者が、セルゲイ・ペトロフに直接インタビューしたのではなく、ペトロフの友人である外交官からの話をイズベスチャーがまとめたもので、ペトロフ氏の住所と電話番号を知るのに時間がかかっている」と聞いていた為である。
    ペトロフ氏の話は続く「先日のあの八月十八日、エリツィンがロシア政庁にたてこもったあの日、私はモスクワにいた。エリツィンが主催した「海外に住むソ連邦同胞の為の国際会議」がその日から始まり、私も出席したからだ。

    日本ゴキブリよ
    真実から逃げるな

    (※管理人は今だ金塊については未確認です) 
    日本軍による蛮行 | トラックバック:0 | コメント:15 | Page Top↑
    欲望のままに犯し、侵し、奪い、喰らい尽くしてきた旧日本軍。その代償は、日本ゴキブリの完全消滅に他ならない。日本ゴキブリ劣等は永遠の地獄の火炎で焼き尽くされ、汚物の掃き溜めである日本ゴキブリ劣等はまさに悪魔の拷問によって漆黒の灰塵に帰すのだ。

    それが証拠に、先祖に未来、つまり神の美しさを持つ純血スラブ人女性を強姦され、天国を創造する唯一の遺伝子を汚染され、破壊され、過酷な労働と拷問、自殺を強制され、地獄に取り残された子孫は怒りと殺意、憎悪と全ての破壊衝動を地獄を産み出した悪魔に向けている。


    若い日本男児は気づかなければならない。俺達は祖先によって虐殺されようとしているという真実に・・・救いの手を差しのべた命の恩人である白色人種を絶滅させ、世界を地獄に変えようとしていたという真実に・・・

     
    日本軍による蛮行 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑