FC2ブログ

    教育

    ここでは、「教育」 に関する記事を紹介しています。
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?
    スレッドに自演粘着する中村金太郎について知りたい方はクリック→中村金太郎ってどんな奴?

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     


    higher education


    宇宙の成り立ち、古代文明の有様、外国の実情などを知る場合にも、我々は英語を使わなくてはならない。
    外国人が我々日本人を理解する場合にも、英語を通して行われている。かな・漢字を通して理解されているわけではない。

    だから、英語は、我々にとって単なる一外国語ではなく、とりわけ重要な国際語というにふさわしい情報交換の手段となっている。

    英語圏に行けば、片言の英語でも通じる。暮らしてゆける。
    完全な英語でなくても、英語環境がととのっているから通用するのである。
    英語環境がととのっている環境で生活していれば、そのうちに、英語も上達する。

    我が国においては、どんなに英語が堪能であっても就職先に困る。
    それは、人々が英語を使わないからである。これでは、暮らしそのものが成り立たない。

    日本の学校で6年間英語の授業を受けてもまず話せるようにならないのは、英語環境が整わないからである。
    一歩学校の外に出ると英語を使わないのでは、せっかく習った英語も錆ついてしまう。
    日々の学習努力も賽の河原の石積みのようなものになっている。

    日本の学生のために英語環境を整えることが、英語力を増すことにつながると考えられる。
    それには、英語を我が国の第二公用語にするのが効果的である。
    国民も政治指導者も、英語の使用を日本人の ’あるべき姿’ の一つと考えることが大切である。

    国際社会において、我が国を代表する政治家にも英語の堪能さが見られない。
    日本語のみを使用する社会において、実用にならない言語の学習は空しいばかりである。それにもかかわらず、我が国においては英語教育に名を借りた序列争いばかりが激しく行われている。

    英語の学習を民間に奨励するだけでは充分ではなく、英語を習得したことに対する国家の強力な報奨(incentive)が必要である。

    英語を実用の言語とする政治指導者の先を見据えた努力が欠かせない。
    たとえば、公務員採用試験に英語の能力にすぐれた人物に優遇処置を施すなどの法的裏づけなどが効果的でありましょう。

    英米人には、手先・目先の事柄に神経を集中する特技は得られないようである。彼等は、生涯、日本人のような歌詠みにはなれないでしょう。
    日本人には、英語を使って考えることはきわめて難しい。しかし、これは不可能なことではない。全員ではないが、知識人には為せばなる学習であると私は考えています。

    わが国民の作る細工物は出来栄えが良い。なおその上、英米流の哲学にも良き理解を示す民族となれば、未来の日本人は鬼に金棒ということになる。

    だから、英語を我が国の第二の公用語とすることには大きな意義がある。実現の暁には、我が国民のみならず、世界の人々に対しても大きな未来が開けることと考えられます。

    一見我が国は教育大国を目指しているようであるが、大人の教育はない。つまり、子供が大人になるための教育は存在しない。

    我が国においては、教育といえば子供の教育のことを指している。目先・手先のことのみを述べる人は、子供のようである。

    大人には考える教育が必要です。つまり、一人一人に哲学が必要です。
    現実と非現実の間に区別を置くことなく語る人の内容には意味がない。だから、日本の知識人の価値は低い。

    我が国には「感情的にならず、理性的になれ」と国民に訴える指導者がいない。
    「国民の感情に反する、、、、、」と言うのでは、主張の論拠にならないが、それのみを言う。
    感性 (現実) あって理性 (非現実) なし。我が国は、一億総歌詠みの国にとどまっている。

    大学生は入学しても、キャンパスで4年間遊んで過ごすことになる。
    無哲学・能天気の大学生は、平和ボケ・太平の眠りの中にとどまっている。
    「入学を易しく、卒業を難しく」というような教育方針は現状を観察すれば空しい限りである。

    日本人は、国連中心主義が好きなようだ。
    国連の議場で世界の人々を説得するためには、自己の言葉に冴えが必要である。
    議論のできない人があえて国連中心主義を唱えるのは、自己の他力本願を表明するための手段という結果になるのであろうか。




    http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/


    http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

     
    教育 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    noga様からのコメント

    higher education

    On May 5, 1952, General Douglas MacArthur testified before a US Senate committee by saying:

    “Well, German problem is a completely and entirely different one from Japanese problem. The German people were a mature race. If the Anglo-Saxon was, say, 45 years of age in his development, in sciences, the arts, divinity, culture, the Germans were quite as mature. The Japanese, however, in spite of their antiquity measured by time, were in a very tuitionary condition. Measured by the standards of modern civilization, they would be like a boy of 12 as compared with our development of 45 years.”


    インド人は、前世・(現世)・来世の内容を瞑想から得ている。
    英米人は、過去・(現在)・未来の内容を経験に基づいた考察から得ている。
    無哲学・能天気の人には、世界観がない。実況放送・現状報告に準じた「世の中は、、、、、」しか語れない。

    時制のない言葉で語ると、実況放送・現状報告の内容になる。
    つまり、目先・手先の内容ばかりを語ることになる。
    現実構文の中では、非現実の内容は語れない。それを語れば真っ赤なウソになる。


    日本人には意思がない。だが、恣意はある。
    これは、子供の状態と同じである。
    意思は、未来時制の内容である。
    日本語には時制がない。

    意思がなければ、罪もない。
    死刑執行人には罪がない。
    意思を示せば罪もある。
    殺意があれば、殺人罪に問われる。

    意思を示す人は、当事者になる。
    意思を示さない人は、傍観者になる。
    我が国は、世界にあって世界に属さず。

    日本人は、問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力 (腹芸) はもっている。
    問題を解決する能力がないと、無力感・閉塞感にさいなまれる。

    成案の人も完全ではない。だから、議論により矛盾するところを改めて成案に磨きをかける必要がある。
    成案の人は、公言を好む。成案の人は、議論を好む。矛盾のない論旨を理解してもらいたいからである。
    腹案の人は、’お前らに、俺の腹の底が読めてたまるか’ と言っている。
    腹案の人は、談合を好む。小言を好む。双方の恣意の摺合せをしたいからである。

    腹案の人には、具体的な解決策はない。
    だが、消去法により、相手に言いがかりをつけている。
    ‘ああでもなければこうでもない’ と力説する。
    議論は、まだまだ尽くされていない。
    どうやら、相手から譲歩を引き出すことが解決策のすべてであるとの錯覚を起こしているようである。

    意思を示さなければ、責任感もわかない。
    日本人には、意思がない。
    我が国がひっくり返った時にも責任者は出なかった。
    とかくこの世は無責任。

    英語の責任は、自分の意思で問題を解決すること。
    意思のない人は、問題解決の適任者ではない。

    意思のあるところに解決方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
    意思がなければ、解決方法はない。
    座して死を待つことになる。

    自分に必要なものを自分自ら獲得するのが親鳥の態度である。
    自分に必要なものを親に知らせて獲得してもらうのが幼鳥の態度である。
    日本人には意思がないので、他力本願・神頼みになる。
    自ら望むことなく危機に陥る欠点がある。


    日本人は、目先・手先に神経を集中することができる。
    細工物が上手で、仕上がりのセンスも良い。
    それで、技術立国としての存在価値を示している。

    日本人には、リーズン (理性・適当・理由) がない。
    リーズナブルな (理性ある・適当な・理由になる) 判断ができない。
    リーズナブルな判断は個人に基づく判断内容であるから、日本人の得意とする実況放送・現状報告の延長線上にはない。
    だから、日本人は個人的な理性判断に欠けている。

    現状の上に、さらに外国からの尊敬が得られる手段を獲得することができるならば、われわれ日本人は鬼に金棒である

    その目的を達成するには、英米流の高等教育が近道である。

    これにより、リーズンが獲得できる。
    彼らの大学の高等教育の中身は、大人になるための英語の再教育である。日本語には、このような再教育はない。
    だから、英米で高等教育を受ければ、格別の苦労もなく得られる結果である。
    これは、12歳の大人にならないための予防策となる。
    我々は、この一点に教育の努力を集中して自己の改善を図るべきである。

    http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
    http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

     
    教育 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
    915 :スリムななし(仮)さん:2009/10/29(木) 01:00:30
    人間には白に見るものが、日本猿には黄色に見えたりするわけよ

    で、現実には白wwwwwみたいなwwwwww


    人間には聞こえても、日本猿には聞こえないwwwwwwww人間の言語(英語含む)wwwwwwwみたいなwwwwwww

    人間には食えなくても、日本猿には食えるwwwww味噌汁白米醤油おかずwwwwwwwwみたいなwwwwww
     
    [世界中で英語が完璧に聞き取れないのは、日本猿だけwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ]の続きを読む
    教育 | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
    1 :イカ即売会φ ★:2009/05/05(火) 13:56:02 ID:???0
    2009年4月30日、改革開放以降30年にもわたる英語ブームを経て、
    現在、多くの中国人にとって英語はもはや耐えられない重荷となっている。
    海峡都市報社が伝えた。

    同記事によれば、中国では英語は小学校から大学院までの必須試験科目であるだけでなく、
    社会人になっても「生死存亡にかかわる」英語試験から逃れることができないという。
    多くの幼稚園もバイリンガルをうたっているが、このような中国の英語教育は、
    英語を使う機会のない人々がほとんどという現実から乖離している、と同記事は指摘。
    さらに、「実学」こそ学習の規範であるべきだが、残念なことに、中国政府が提唱してきた
    「全国民が英語を学ぶ」という政策は無用の長物の典型だ、と批判する。 
    [【中国】日本の英語教育を見習うべき 日本のように、外国語に適性のある人以外は必要最低限の英語教育を]の続きを読む
    教育 | トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
    1 名前: BaaaaaaaaQφ ★ 投稿日: 2008/04/05(土) 18:03:49 ID:???0
    教室で授業と関係のないおしゃべりをしたことがある子どもは7割、勝手に席を
    立った経験がある子も2割近い――。民間団体が小学生を対象に実施した
    アンケート調査で、学校のこんな現状が分かった。学ぶマナーの低下が指摘
    されて久しいが、現場の先生にとっては厳しい状況が続いているといえそうだ。

     調査は定期的に教育関連のアンケートを実施している社団法人の全国珠算
    教育連盟が、今年2月に首都圏の小学4―6年生計300人に聞いた。

    http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080405AT1G2601705042008.html  
    [【教育】”私語しないでくださーい”・・いま小学校では授業中の私語は当たり前?]の続きを読む
    教育 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑